引き分けやること

大三に入ったら、次に引き分けの動作に移ります。左右対称に押し開くことを意識して、弓を引いていきます。

 

引き分けやること

・左右均等に弓を開いていく

→左拳は的方向に徐々に向けるようにななめ前方に押し開いていく

→右肘は大三での張りを感じつつ、真横に引いていく

→背骨、腰を真っ直ぐにし、首を上に伸ばし続け、縦線を崩さないようにする。

・目の高さまで来たら、さらに「大きく開く意識」を持って真横に開いていく

・鼻の辺りまで来たら、さらに右肘を真横に押し、左拳を的方向に押していく。

・矢が口元に来るので、口につけ(頬付け)、胸に弦がついてくる(胸弦)。慣れてきたらここまでつけられるように矢束いっぱいに引く。

背骨、腰をしっかり立てる「胴づくり」は大切な動作のため、引き分けている最中におろそかにしないようにしましょう。

 

初心者のかたや何かしら癖を持っている場合は、足踏みの段階で胴造りを整えて、引き分けでは大きく開くことに徹しましょう。まずは、両拳の動かす意識を変えることから始まります。

ある程度、慣れてきた後に、胴造りでの姿勢を引き分けで意識しながら引くようにします。胴造りによる立つ姿勢の意識と引いているときの両腕の軌道の意識を上手くバランスを取りながら、引き分けの動作を行いましょう。

 

両腕のことばかり考えて引き分けをすると、両肩のずれたり肘の収まりが悪くなったりします。上手く、胴造りの意識もいれつつ、稽古を取り入れましょう。

 

有段者でもこの動作をやることに施行錯誤します。しかし、やることはシンプルで、左右対称に押し開き、肘を真横に押し続ける。これで引き分けの動作は完了です。

 

引きが小さい、なんてことはあり得ない。

引き分けという動作は腕を使うので、あらゆることを考えます。「もう少し寄せたほうがいいのか?」とか「もう少し、上から円を描くようにと引いた方がいいか」など様々なイメージを持ちます。

 

大切なことは「引きが小さくならない」ことです。「早気」「たぐり」「ゆるみ離れ」は引き分けが小さくなると生じてきます。

もし、打ち起こしや大三のときの形で指摘をいただき、そこを直すことに気を取られて引き分けが小さくなってしまったら、あまり意味はありません。形や位置にとらわれず、「引き続ける」ことを意識しましょう。

 

そのため、打ち起こしのときに肩が上がっていても引き分けのときに目いっぱい引いていれば、OKです。肘や拳の位置など一部分にこだわらないことが大切です。

よく「弓を引きすぎて頑張っている」と指摘する人がいます。ただ、弓の世界で引きすぎという言葉はないと思ってください

 

理由は引き分けの動作は無意識に小さくなりがちだからです。多くの人はまだまだ引けて関節がしっかり収まるところまで引けるのに、気づかず不安定に関節が収まるところで引き分けをやめてしまっています。その結果、あらゆる癖に陥ります。

 

弓は人の起こした作用した分だけ反動力が増します。引きすぎることで体に悪影響を与えることは少ないです。

 

「引きすぎ」「たぐっている」と言われてしまうと、見た目の均整をとろうと思いがちです。すると、手先で操作したり引き分けを小さくしたりしようと思います。すると、的中は出ても射癖が付きやすい危険な射になります。

引き分けにキレイな形を求めることは、見た目がよくなっても体の中の状態や意識は甘くなってしまいます。そのため、引きすぎとなるべく思わず、目いっぱい引き続けることを意識しましょう。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ