引き分けでの適切な息合いを理解する

引き分け動作において、押し開いている最中に力や筋肉が働き始めます。このときに呼吸も働きます。引き分けにおいて息合いが乱れると、力に頼りすぎたり、胸や腕に無駄な力が入ってしまいます。

 

そのため、息合いを整えて動作を行う必要があります。ここでは、引き分けにおける息合いの状態を範士の先生の言葉から解説していきます。

 

 適切な息合いを「スピード」「タイミング」「量」から分析する
呼吸と動作を合わせるときにあまり細かく条件をつけすぎると引き分け動作がしずらくなってしまいます。そこで、大まかに適切な息合いを「スピード」「タイミング」「量」から分析していきます。

 

 スピード:早すぎず
 タイミング:打ち起こし・大三から引き分けに入るとき
 量:小さく細く

 

息を吐くスピードが早すぎると、動作が自然と早くなってしまいます。すると、気持ちに焦りが出たり、筋肉が力みやすくなったりします。普段呼吸をするように、引き分けでの息合いは早くなりすぎないようにしましょう。
 
早く息を吸いすぎると胸がつかえるから、打ち起こして「引き分け」の三分の二位までは平生の息合いで、後の三分の一のところで静かに気息を丹田に収める。〜宇野範士〜

 

タイミングは、打ち起こしから行うタイプ、大三から行うタイプとあります。ただ、このタイミングと呼吸はどれが適しているのかは明確にきまっていません。あくまで自分にとって差しさわりのないように息を整えることが大切です。

 

息を吐いて胸の力を抜いて結果的に下腹に意識を集中させる場合、息を吸って下腹に空気を入れて意識する場合とそれぞれあります。これは両者とも各人によってよりけりであると言われています。また、打ち起こしから呼吸動作を行うか大三から行うのかも人によりけりです。

 

息合いは正座法によると、息を吸いながら下腹に収めるのと、息を吐きながら収めるのと二つある。射においてもその人によって、この両者にいずれかが行われる〜宇野範士〜

 

呼吸動作を行うときは、小さく細く行うように心がけます。その理由は大きく行うと肺回りの呼吸筋が働きすぎるからです。
体の中に余計なコリが出たり動作中に筋肉が緩んだり縮んだりしてしまいます。射の動作が円滑に行われないため、細く息を行うことが大切です。

 

息の吸いこみが深すぎたり早すぎた場合は苦しくなるから、「引き分け」の途中で鼻から少し吐く〜宇野範士〜
 
 息合いにあまりとらわれない
正確な息合いについていくつかポイントをお伝えしましたが、正座法にもあるように、息を吸いながら引く人と吐きながら引く人と両者存在します。そして、両者ともに現れるため、明確に良い息合いは存在しません。
 
また、決めないで自然に任せると表現している先生もいます。したがって、引き分け中に息がくるしくなってしまう場合はあまり意識にとらわれないようにしましょう。胴づくりで上半身に無用な力を入れないように努め、動作がぎくしゃくしないように心がけます。
 
呼吸は自然に任せるが、胸を用いないで、大三(肘力)から「引き分け」の際に、下腹に思いを置いて鼻から息をすい、これで根息を納める〜神永範士〜
 
吸う息の終わりは吐く息の始め、吐く息の終わりは吸う息の始めーである。その間日輪の運行のごとく少しの滞りもない。その息の運び方を行く射に応用すれば、理想に近づくのを得るというわけである〜多田範士〜
 
これに反し、いずれの時にか息を止むるには、あたかも病患又は臨終の時の呼吸の如く一息一息にきれて、次の息をするには気道の通路を開けねばならぬ。気道を開くには努力を要するからイキミが伴うて苦しくなる〜多田範士〜

 

引き分けにおける呼吸はあまり早すぎず、小さく細く行うと身体に負担が少ないです。しかし、あまり呼吸にとらわれると、かえって射が行われなくなるため、自然に任せて下腹に意識をおくように行うことが大切です。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ