キレイに弓を打ち上げるために重要な「脇の下」の使い方

打ち起こし動作は次の引き分け動作にかかわるため、重要な意味を持っています。ただ、そうはいっても、打ち起こしをうまく行えないことがほとんどです。左腕が突っ張ったり、肩が一緒に上がってしまったりしてしまうため、次の引き分けでも同様に腕や肩に負担が来てしまいます。

 

そのため、腕は楽に、両肩が上がらないように、弓を打ち上げる必要があります。そこで、打ち起こしの動作をキレイに行うために重要な体の使い方があります。
 
 肘下と脇腹を広げるように打ち起こす
打ち起こし動作を行うときに、肩や腕に負担がこないようにするためには、それ以外の部位に注目する必要があります。そこで、重要なのが「脇の下」の筋肉です。

 

この筋肉は胴づくりで肩を落とす動作を行うと固くなる筋肉です。弓構えでは極力肩を落としてこの部位の筋肉が張られるように構えます。そして、手首は内側にひねらないようにし、肘も楽に曲げるようにします。

 

そして、弓を打ち上げるときは、手首でもなく肘でもなくまず「脇」を意識します。脇の下に気持ちをおいて脇から打ち起こすようにしましょう。

 

すると、最初の上げる動作がやりやすく、すっと上がるようにできます。さらに、弓を上げやすくなり、高く上げることができます。神永範士はこの打ち起こしを「肘下と脇腹を広げるように打ち起こす」とい表現しています。

 

肘下と、脇腹との角度を広げるように「打ち起こし」をすれば、ヒカガミをが伸びて足裏にそれが響きこたえ、下半身が生きてくる。〜神永範士〜
 
 

 

 

このように、脇の下を起点にすくいあげるように打ち起こすと、脇から腕の裏側の筋肉が張られます。この張は次の引き分けの動作で押し開くのに重要な筋肉になります。打ち起こしの段階で、この筋肉が働いていなければ、次の引き分けで良い結果はあまり望めません。

 

この筋肉が働いていなけらば、両肩は前や後ろに動きやすくなります。したがって次の引き分け動作で肩が動きます。そのため、脇の下から腕を意識して、打ち起こすようにしましょう。

 

それによって、脇の下の皮が引っ張られる感覚がでます。これによって、背中も幾分引っ張られる感覚が出て、足裏の密着する感覚がより強まります。このような感覚が打ち起こしで感じることができれば、腕や肩に負担なく引き分けを行うことができます。

 

「打ち起こし」の際、胴づくりが前に述べた理想の体型であれば、両腕の後ろ下側の筋、背部の筋、腰の裏側の筋、脚部の後ろ側の筋が幾分引っ張られる気味に感じる
 
この感じが「打ち起こし」以後の行射の動作(引き分け、会、離れ)をリードするので、地紙の位置のエネルギーと呼応相性して理想的なものになるのである。〜高木範士〜

 

ただ、弓を上の上げただけでは腕や肩に負担のかかる打ち起こしになってしまいます。脇の下を使って、肘下との角度を広げるように弓を上げることで、次の引き分けにつながるキレイな打ち起こしになります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ