弓道の達人が実践する打ち起こしでの筋肉の働かせ方

打ち起こしは弓を上に上げる動作です。弓を打ち起こし、高く腕を上げた際の右ひじの位置、両こぶしの位置は、腕に負担なく弓を引くために大切な要素です。また、次の引き分け動作に向けて、打ち起こしではできるだけ腕、肩の力みを取っておく必要があります。
このように、打ち起こし動作は非常に大切な動作であるため、本で勉強しておく必要があります。しかし、教本を見ても、打ち起こし動作では何を意識すればよいか詳しい説明がなされていません。そのため、多くの人が打ち起こしをどのように行えばよいかがわかりません。

 

この「打ち起こし動作」を勉強していないばかりに、多くの弓道家が弓を体に負担をかけて弓を引いており、損をしています。したがって、長く弓道を続けていくために、打ち起こし動作で行わなければいけないことを理解するようにしましょう。

 

打ち起こしを行う意義は

まず、打ち起こしのことを説明するために、「なぜ打ち起こしは大切なのか?」「打ち起こしをする意味はなぜあるか?」ということを整理していきましょう。

 

よく、打ち起こしを行う理由を聞くと、このような回答がかえってきます。

 

・両こぶしを左右対称にそろえて、左右対称に引くため

 

・背筋が真っすぐに伸ばすため

 

このような理由を聞くと、どれも最もらしく思います。しかし、残念ながら、「左右対称に押し開くため」「背筋を伸ばす」ために、打ち起こしをするわけではありません。上記の内容で打ち起こしする目的が達成されるのであれば、弓を一度高く上げる必要はありません。
それでは、なぜ打ち起こしを行うのでしょうか?その答えは簡単で「次の引き分け動作をしやすくするため」です。腕に負担をかけず、また余計なことを考えずに弓を引くために、打ち起こしをします。

 

では、弓を引き分けやすくするために、打ち起こしは何が難しいかご存知でしょうか?これは左拳の位置であり、弓を上げたときの左手の力加減です。この位置と力加減を適切な状態に収めて、次の大三動作に移りやすくするのが、打ち起こしを行う意味であり、勉強しなければいけない内容です。

 

例えば、斜面、正面打ち起こしをすると、斜面打ち起こしの方が弓手がいれやすいのがわかります。

 

まず、正面に弓を上げて「正面打ち起こし」をしてください。ください。その次に腕を高く上げた状態で弓手を弓把の中に入れてください。次に、弓構えの状態を作り、そこから弓手を弓把入れてください。すると、斜面打ち起こしの方が、弓手が入れやすいのが体感できます。

 

なぜなら、斜面打ち起こしは、腕を下げた状態で弓手を入れるからです。人は、腕を下げている状態は、肩や腕に力みが入りにくいため、手首や拳を入れやすいです。弓手をきちんと入れることができれば、次の引き分け動作で拳に力みなく、弓を引くことができます。

 

しかし、正面打ち起こしになるとこのようにうまく話しが進みません。腕を高く上げて、そこから弓手を弓把を入れようとすると、「弓を握ってしまう」「左手首を外側に曲げすぎる」「左腕を内側にひねってしまい、筋肉に力みが出る」などの問題が起こります。高く腕を上げた後に左こぶしを的方向に移そうとすると、不用意に拳や腕に力が入ってしまいます。

 

しかし、正面打ち起こしは、斜面打ち起こしと弓手の入れるタイミングが異なるだけで、同じ打ち起こしです。そのため、「打ち起こしの上げ方」「弓を上げたときの肘の角度」などを自分で変えて、「弓手を弓把に入れやすい状況」を考える必要があります。このように、弓手を入れやすくし、次の引き分け動作につなげやすくすることが「打ち起こしを行う意義」であるといえます。

 

「45度に上げる」「拳を左右対称にそろえる」「背筋を真っすぐに伸ばす」ことをすれば、言い訳ではない

以上の内容を聞くことで、打ち起こしを行う目的が明らかになります。このことを基準に考えると、以下の教えが必ずしも適した打ち起こしにならない危険があります。

 

打ち起こしでは、45度に上げる

教本一巻では、打ち起こしでは「肘の角度を45度にする」と教えられます。このように、打ち起こしが45度である理由は、腕の角度が地面に対して135度に向いたとき、「ゼロポジション」と呼ばれる位置に定まるからです。

 

ゼロポジションとは、腕と肩関節の位置が「機能軸」「解剖軸」とが一致した位置と考えられています。この位置に定めると、肩関節、腕関節が正確に機能するという位置づけで「打ち起こしは45度」になったと考えています。

 

(打ち起こしが45度という記載が初めて弓道の書籍に載ったのは、本多流弓術書の範士錬士講習会の話し合いの中で出たのが一番最初」と考えています。それより前の弓道の本で45度と記載されたものは見たことがありません)

 

(また、この45度と定義したのは、東京大学医学部出身の高木範士です。高木範士は射法の内容に医学的見地からの理由づけが多いために、打ち起こしの角度45度はゼロポジションと、

 

弓は余計な力みなく上げている状態では、血液中の栄養分が比重、重みにより、下に下がるため力が入れにくくなります。この状態で、弓手を入れようとすると、

 

 

 

打ち起こしの説明では、「肘の角度が45度になるように弓を

 

抽象的な言葉は気にしないようにする
まず。打ち起こし動作は、余計なことを考えずに、

 

 

両手、両腕の力みは必ずとる

 

 

神永範士の「脇下の筋肉」の使い方に注目する

 

 
 打ち起こしで弓を上げたときに、足裏が離れないようにする
弓を上に上げた後、初めて、腕や肩関節が動きます。ここで、多くの人が肩や腕を使って弓を持ち上げようとします。

 

ただ、このように打ち起こしをすると、次の引き分けでいい結果が望めません。次の大三に入ったときに左肩が詰まったり、右手首が曲がったりして腕や肩に悪い影響が出ます。

 

理由は打ち起こしを肩で上げると腕が肩関節からはずれるからです。打ち起こしで肩が上がってしまう人は、肩関節が打ち起こしではずれていることを表します。このように、腕が肩関節からはずれてしまうと、後の引き分け以降、弓の抵抗力はすべて肘、手首に来るようになります
 
 打ち起こしで気をつけなければいけないこと
そのため、打ち起こし動作では、気をつけなければいけないことがいくつかあります。それは足踏みからから心がけていたことを打ち起こしの前でしっかり確認し、その上で打ち起こし動作を行わないといけません。

 

まず、足踏みで首筋を伸ばし、肩を落とすことで、足裏が床にぴったりつくようになります。この足裏のぴったりついていることが打ち起こしでは重要です。

 

弓構えで足裏がぴったり床についていることを確認し、打ち起こしで弓が上がったときに、しっかり首を伸ばし続けましょう。これによって、弓を上に上げても常に足裏はぴったりし続けます。

 

足裏がぴったりついている状態は「上半身の重みが下半身がしっかり乗っている」姿勢になっています。この姿勢になっているときは、打ち起こしで肩関節がはずれにくい姿勢になっています。足踏み胴づくりがしっかりできた姿勢で打ち起こしを行えば、肩根が自然と下がる理想の打ち起こしができます。

 

どうしてもできない人はほんの少し体を前に傾けて、土踏まずに体重を乗せることを意識し、上げている最中に意識を切らさないようにしましょう。このように、打ち起こしを「上げる」ことではなく「足」にしっかり意識を持たせることで、腕や肩に不正なく弓を上げることができます。

 

千葉範士はこの状態を「両肩を米国、体は日本」と表現しています。弓を挙げたときに、肩関節が上に上がるようでは、米国と日本の位置関係がずれてしまい、調和や自然の規矩からずれることになります。そのため、上半身の姿勢を胴づくりで整えて、これが腕が上がったときに崩さないように、打ち起こしを行うようにします。

 

すると、弓が上がることで、腕や弓の重みにより重力が上半身より高いところから発生します。これによって、なお足裏がぴったりつくことを感じます。腕、弓による重力が起こっている間、首筋をさらに伸ばすことを意識してみましょう。すると、重力との反作用により、より首筋の筋肉の伸びを感じるようになります。

 

拳先だけが上がり肩根だけ下がるようにし、体は地(床)に埋めるがごとく、首頭は天に伸びるように心懸ける。打ち起こす気持ちとしては、止まるのではなく、どこまでも上に伸びている気持ちがなければならない〜千葉範士〜


気をゆったりと軽く、サラリとしかも慎重に、弓の末弭(うらはず)は天を突くよう、身体は真っ直ぐに地の中へ沈んでいくような気持ちが味わえるように心がけることが大切である〜高木範士〜
 
打ち起こすときは弓で天を破る如く、同時に体は総体大地に沈むごとき心持にて行うべきである〜富田範士〜

 弓構えで、肘と手首に力が凝らないようにする
次に弓構えにおいて注意すべきことです。手首と肘の位置、状態を弓構えで確認し、打ち起こしで支障がないように整える必要があります。

 

まず、手首は内側にひねらないようにします。取り懸けで右手首にひねると右ひじが上に上がりやすくなります。これによって、右肩が打ち起こしで上に上がりやすくなります。

 

さらに、手の内では指先に力を入れず、曲げすぎず伸ばしすぎないようにしましょう。力が入っていたり不要に手首が曲がっていると左腕が伸びやすくなります。よって、大三で左腕に負担がかかりやすくなり、引き分けに悪影響が出ます。
 
最初より左手をつくに伸ばし切って打起こし、右手ばかりにて引き分けるものがあるが、これは方収りになり、もっとも嫌うべきことである〜富田範士〜

 

肘は伸ばしすぎず、曲げすぎず、柔らかく整えましょう。やせ形の人は少し肘を曲げて取ると腕が楽になります。ここで、腕に力が入っていると打ち起こしで拳が体から遠くなり、大三で押すのに負担がかかります。肘は柔らかく曲げる気持ちで整えておくと、次の打ち起こし動作を適切に行うことができます。
 
弓構え・物見などの釣合いを崩さず、正面にて徐々にいかにも伸びやかに、左右両拳は矢とともに水平に、弓は垂直に、総身の気力は丹田に培われつつ、おおらかに打ち起こすがよい〜高塚範士〜

 

打ち起こしで腕・肩にとらわれたり意識しすぎると、上半身上部が浮き上がってしまい、次の引き分け動作に影響を及ぼします。足踏み・胴づくりを「足裏」で整えて、弓構えで「肘、手首」を楽にすることで、姿勢が崩れることなくキレイに打ち起こすことができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ