肩関節や腕に負担なく、打ち起こしを行うには

打ち起こしは弓を上に上げる動作です。いよいよ射の活動の準備が整い、いよいよ射がスタートします。打ち起こしはいよいよ弓を押し開くための準備動作から実行に移す中間の期間です。ここの動作で失をおかすと、引き分けの動作が悪くなり、射は失敗に終わります。

 

そのために、打ち起こしにおいて、注意点があります。範士の先生の言葉を引用し、打ち起こしで注意したい事項をいくつか挙げていきます。
 
 打ち起こしで弓を上げたときに、足裏が離れないようにする
弓を上に上げた後、初めて、腕や肩関節が動きます。ここで、多くの人が肩や腕を使って弓を持ち上げようとします。

 

ただ、このように打ち起こしをすると、次の引き分けでいい結果が望めません。次の大三に入ったときに左肩が詰まったり、右手首が曲がったりして腕や肩に悪い影響が出ます。

 

理由は打ち起こしを肩で上げると腕が肩関節からはずれるからです。打ち起こしで肩が上がってしまう人は、肩関節が打ち起こしではずれていることを表します。このように、腕が肩関節からはずれてしまうと、後の引き分け以降、弓の抵抗力はすべて肘、手首に来るようになります。
 
 打ち起こしで気をつけなければいけないこと
そのため、打ち起こし動作では、気をつけなければいけないことがいくつかあります。それは足踏みからから心がけていたことを打ち起こしの前でしっかり確認し、その上で打ち起こし動作を行わないといけません。

 

まず、足踏みで首筋を伸ばし、肩を落とすことで、足裏が床にぴったりつくようになります。この足裏のぴったりついていることが打ち起こしでは重要です。

 

弓構えで足裏がぴったり床についていることを確認し、打ち起こしで弓が上がったときに、しっかり首を伸ばし続けましょう。これによって、弓を上に上げても常に足裏はぴったりし続けます。

 

足裏がぴったりついている状態は「上半身の重みが下半身がしっかり乗っている」姿勢になっています。この姿勢になっているときは、打ち起こしで肩関節がはずれにくい姿勢になっています。足踏み胴づくりがしっかりできた姿勢で打ち起こしを行えば、肩根が自然と下がる理想の打ち起こしができます。

 

どうしてもできない人はほんの少し体を前に傾けて、土踏まずに体重を乗せることを意識し、上げている最中に意識を切らさないようにしましょう。このように、打ち起こしを「上げる」ことではなく「足」にしっかり意識を持たせることで、腕や肩に不正なく弓を上げることができます。

 

千葉範士はこの状態を「両肩を米国、体は日本」と表現しています。弓を挙げたときに、肩関節が上に上がるようでは、米国と日本の位置関係がずれてしまい、調和や自然の規矩からずれることになります。そのため、上半身の姿勢を胴づくりで整えて、これが腕が上がったときに崩さないように、打ち起こしを行うようにします。

 

すると、弓が上がることで、腕や弓の重みにより重力が上半身より高いところから発生します。これによって、なお足裏がぴったりつくことを感じます。腕、弓による重力が起こっている間、首筋をさらに伸ばすことを意識してみましょう。すると、重力との反作用により、より首筋の筋肉の伸びを感じるようになります。

 

拳先だけが上がり肩根だけ下がるようにし、体は地(床)に埋めるがごとく、首頭は天に伸びるように心懸ける。打ち起こす気持ちとしては、止まるのではなく、どこまでも上に伸びている気持ちがなければならない〜千葉範士〜


気をゆったりと軽く、サラリとしかも慎重に、弓の末弭(うらはず)は天を突くよう、身体は真っ直ぐに地の中へ沈んでいくような気持ちが味わえるように心がけることが大切である〜高木範士〜
 
打ち起こすときは弓で天を破る如く、同時に体は総体大地に沈むごとき心持にて行うべきである〜富田範士〜

 弓構えで、肘と手首に力が凝らないようにする
次に弓構えにおいて注意すべきことです。手首と肘の位置、状態を弓構えで確認し、打ち起こしで支障がないように整える必要があります。

 

まず、手首は内側にひねらないようにします。取り懸けで右手首にひねると右ひじが上に上がりやすくなります。これによって、右肩が打ち起こしで上に上がりやすくなります。

 

さらに、手の内では指先に力を入れず、曲げすぎず伸ばしすぎないようにしましょう。力が入っていたり不要に手首が曲がっていると左腕が伸びやすくなります。よって、大三で左腕に負担がかかりやすくなり、引き分けに悪影響が出ます。
 
最初より左手をつくに伸ばし切って打起こし、右手ばかりにて引き分けるものがあるが、これは方収りになり、もっとも嫌うべきことである〜富田範士〜

 

肘は伸ばしすぎず、曲げすぎず、柔らかく整えましょう。やせ形の人は少し肘を曲げて取ると腕が楽になります。ここで、腕に力が入っていると打ち起こしで拳が体から遠くなり、大三で押すのに負担がかかります。肘は柔らかく曲げる気持ちで整えておくと、次の打ち起こし動作を適切に行うことができます。
 
弓構え・物見などの釣合いを崩さず、正面にて徐々にいかにも伸びやかに、左右両拳は矢とともに水平に、弓は垂直に、総身の気力は丹田に培われつつ、おおらかに打ち起こすがよい〜高塚範士〜

 

打ち起こしで腕・肩にとらわれたり意識しすぎると、上半身上部が浮き上がってしまい、次の引き分け動作に影響を及ぼします。足踏み・胴づくりを「足裏」で整えて、弓構えで「肘、手首」を楽にすることで、姿勢が崩れることなくキレイに打ち起こすことができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ