物見の定め方の基礎を理解する

取り懸け、手の内が終わったら、次に物見を定めます。物見を定めるとは動作では顔を的方向に向ける動作です。

 

物見動作は不正がよく出る動作です。顔が前や後ろに傾きすぎたり、顎が浮きすぎたり、いろいろとセーブするのが難しいです。

 

そのため、射における物見で注意すべき点を整理し、理解しておく必要があります。ここでは、射を行う上で物見の注意点を解説していきます。

 

 少し顎を引く気持ちでうつむく
まず、物見では、顔が前や後ろに傾きすぎず、顎が浮きすぎず引きすぎずしないようにします。

 

頭が的の方へ屈まぬよう、反対にアゴを突き出して仰向かないよう、体の前方に傾かないよう、後方に反らぬよう、正しくおさまることが肝要である。〜高木範士〜

 
頭の位置は正しく左にならえの形でアゴはことさらに引かず照らず〜千葉範士〜

 
頭はまっすぐにして付したり仰いだりしないように心がけるべきで、項の毛が二、三本引きつけるようにせよといっている〜浦上範士〜

 

顎は的方向に浮きすぎたり、うつむきすぎたりしないように、少し引く気持ちでうつむきましょう。このとき、ただ顎を引くのではなく、首の後ろの筋肉を伸ばしながら、静に引くようにすると上半身をまっすぐに保ちながら顔を向けることができます。これによって的に対して首が屈みすぎたり、反対に反ったりするのを防ぎます。

 

 半眼にする
的を見るときは、なるべく眼に力を入れないような気持ちで眼を半分だけ開けて、的を見ます。眼を半分だけ開けていると、眼に必要以上の力が入りません。ボンヤリ的を見る気持ちです。眼に力が入りすぎると顔が動きやすくなります。物見を的を見ることよりもしっかりと首を的方向に向けることに集中できます。
 
眼でものを見るという気持ちでなく、顔の向いた方向に眼を置く感じで、的は心眼で見るのであって、すでに三味の境に入り、無表情となり、その境涯がよくなるのである。〜神永範士〜

 
眼づかいは目を開いて睨むように的を見るのではない。的を見ると当て気が出て、おそれ気になり、無心のねらいにならない。そこで自分の視野に的が入るという感じで眼へ的を移す気持ちである。〜千葉範士〜

 
 的を見る手順は目を箆→矢崎→的の順番に眼に通していく。
いきなり的を見ると、首をねじる運動となるので、打ち起こし以降で頭持ち(左方に向けた頭の向き具合)が変わる危険があります。的を見るときも、箆を見て矢先を見て的を見て早すぎず、ゆったりと顔を向けるようにしましょう。

 

 

物見を定める方法は「取り懸け」のところから箆にそうて、眼づかいを矢先に移し、更に的を見る。〜千葉範士〜

 

以上の内容を理解することで、物見動作を適切に行うことができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ