範士の先生の言葉から、手の内の基礎を理解する

手の内の整え方は、射において的中にかかわる重要な内容です。その理由は手の内を整えれば、適切に押し動作を行うことができるからです。

 

ただ、そうはいっても最初どのように手の内を整えればよいかわからないことが多いです。そのため、最初は範士の先生が行っている方法をしっかり学んで、弓を押せるようにすることが大切です。

 

ここでは、範士の先生の言葉から、まずはおさえるべき手の内の指の整え方を解説していきます。
 
 三指(小指、薬指、中指)をそろえる
まず、三指の握りの意識を変えることで、弓を適切に押すことができます。「小指」「薬指」「中指」の三指先をそろえるように握りましょう。これは、手の内を最初教わるときに、よく教えられる手の内です。

 

三指をそろえるようにすると、 指の付け根から第二関節にかけて少し隙間があきます。これによって、離れの後の弓返りがしやすくなります。初心者が、最初拳をにぎって弓返りができなかったときに、このように握ると、弓が少しずつ変えるようになります、。

 

ただ、あまり三指の先をそろえることを意識しすぎると、指先に力がこもったりしていろいろと押し動作に影響を与えます。そのため、自分で指先に意識がいかないようにすることが大切です。
 
弓手の中指へ薬指・小指を寄せ詰めて一枚となし・・・・爪揃いに意を用いつつ中指へ拇指を添え軽く結ぶ〜高塚範士〜
 
手の内を整えるには、拇指の根を弓の中墨にあて、中指はしっかりとし、また薬指・小指とともにこの三指が爪揃いに一枚となり、弓と直角に握るのである〜安沢範士〜
 

 人差し指と拇指の間に弓の左側木が当たるようにする
人差し指と拇指の間を虎口と呼びます。引き分け以降の押し動作では、この間にしっかりはまるようにします。

 

これが、はまっていなければ、ひかえすぎてしまうため、押し動作ができません。かといってはまりすぎてしまうと、弓返りのときに左腕に弦を当ててしまう可能性があります。そのため、間にしっかりはまるように押し動作を行います。

 

正面で手の内を整える場合、中指以下三指のつま先をそろえ、弓の左側木のところが人差し指と拇指との股(虎口)にはまり込むように、フンワリとやや深めに握る〜千葉範士〜


先ず、虎口(ここう)すなわち人差し指と拇指とのまたの中央を弓の側面にあて、手心が外竹へ十文字に軽く接触するのを意識しながら〜松井範士〜

 

 引き分けで押すときは、中指を意識して押す
中指は、掌の真ん中を通ります。引き分け、会のとき、押す方向は自分の腕の真ん中を意識して押します。この時、手首は少しだけ伸ばし、脇正面から見ると少し「起きる」気持ちで押します。

 

そのくらいが、自分の腕の真ん中、掌の真ん中、中指、この方向が一直線にそろい、押すことができます。これを「中押し」あるいは「手の内十文字」と表現されます。
 
先ず、三指の第三関節を内竹の右角にあてて弓を軽く握り、人差し指はやや曲げて中指の上に軽く重ね、手首を少し起こし、左腕の中筋が弓の直角に中るようにする、これを「手の内十文字」とする。〜宇野範士〜

 

以上の内容を理解することで、手の内でまず覚えなければいけない基礎の内容をおさえることができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ