矢を狙った方向に正確に放つ「懸口十文字」を理解する

取り懸けたときに、右手首が曲がらず、懸け帽子(親指)と弦とで十文字になることを「懸口十文字」といいます。懸口十文字が整うと、大三で弦が妻手にうまくからみ、引き分けで右ひじを真横に動かしやすくなります。その結果、引き分けで矢の方向に力を働かせることができ、離れがきれいになります。

 

この言葉は教本第一巻に乗っていましたが、その詳しい内容は書かれていませんでした。ここでは、懸け口の詳しい説明を範士の言葉を引用して解説していきます。

 

 弦とかけ溝を十文字にするには

懸け口十文字は斜面打ち起こしが主である日置流の書に多く引用されています。尾州竹林では「受け懸け」とも表現されます。懸け口十文字に妻手を整えるには、最初の弓構えの動作を整える必要があります。 そして、手首と弦の間に角度を作らないようにするために、以下のように動作を行います。

 

取り懸けをするときに、矢筈より数センチ下にかけ溝を当てます。そして、一度取り懸けの形を作り(懸け結び)、完成したらその形を維持して上に擦り上げます。

 

三つ?で取り懸けをする場合、矢筈の下三、四寸(約10センチ)のところで拇指の腹を弦に十文字(直角)に当て静かに筈のところまで摺り上げ拇指の付根を軽く曲げ〜浦上範士〜

 

右手にて矢筈の十センチ下のところで、弦に右手の拇指を一文字(弦と十文字)に懸け、その拇指の頭を中指の第三関節辺にて軽く押さえ、人差し指は中指にとり添える程度にあるかい、懸け結びを行う。

 

・・・・静かに弦を伝って右手を擦り上げ、拇指に矢の触れんとする辺として止め、さらに懸け結びの状態を整える。〜富田範士〜

 

このとき、「右手首は曲がらないこと」「人差し指には力を入れないこと」「矢のつがえる場所は懸け溝中心付近にする」「はずのつける場所は握り革の上部約1センチ程度開ける」ことを心がけます。

多くの人は弓構えで弓懐を作った後に、取り懸けを行おうとします。すると、右手首を曲げて取り懸けをします。手首を内側にひねって、弦とかけ溝をからませます。このように、手首をひねると右ひじが上に上がりやすくなります。その結果、打ち起こしが肩が上がりやすくなり、高く上げることができません。

 

そのため、取り懸けで手首をひねったり力を入れたりしないようにします。これにより、右ひじや肩に変な力が入ることがありません。さらに大三で弦と親指が十字の形のままからみます。これにより、引き分けで右ひじを後方にひきつけやすくなります。

 

 懸け口十文字を保たなくてはいけない理由

懸け口十文字は引き分けを適切に行うために必要な動作です。あなたが、矢を正確に狙った方向に放ちたいのであれば、親指と弦の十文字は形を崩さず射を行わなければいけません。

 

その理由は親指が弦と十文字がずれると矢が動くからです。具体的には親指が下に向きすぎると筈がこぼれて失をします。

 

取り懸けで右拳の構造が壊れてしまい、大三から引き分けに入ると中指と人差し指に必要以上に力をかけたとします。すると、親指は中指に押さえつけられる力が増大してしまい、親指が下に向きます。すると、親指が矢筈を押す形になり、筈が溝からこぼれてしまいます。

 

あるいは、指先で取り懸けたとします。すると、大三で引くときに、つまむように弦をつかんでしまい、手首が上に向いたとします。すると、親指が上に向く形になります。すると、親指が矢の箆を下から押し上げる形になり、矢口が開きます。

 

この他に引き分けで手首を内側にひねりすぎると矢の箆を横方向に力をかける形になります。すると、矢が湾曲してしまい、「箆押し」になります。

 

三つ?でもまた四つ?でも引き始めから離れに至るまでの、弦の懸口(かけぐち)の十文字を崩さぬことが肝要で、引き絞っていくうちにこれが崩れると、筈こぼれしたり(拇指を下方に抑えるため)、矢口が開いたり(拇指が上がるため)。、矢枕が落ちたり(拇指にかける二指又は三指に力が加わり過ぎるため)して射が失敗に終わることがある。〜浦上範士〜

 

このように右手首と弦の間に角度をつくらない教えを「懸口十文字」と呼ばれます。親指と弦の十文字の関係が崩れると矢にあらゆる悪い影響を与えます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ