参段:射法射技の基本を述べ、目づかいについて述べなさい

射法・射技の基本は次の5つで、これらを射において一体化させて総合的に働かせる

〇弓の抵抗力

〇基本体型

〇呼吸

〇目づかい

〇心・気の働き

(入れられるなら、要約もいれる)

弓の抵抗力は直動力であって、直動力にならないように扱う。基本体型とは、(縦横十文字の規矩と五重十文字)のことであり、自然体を保持することが肝要である。呼吸とは、息合いのことであり、意識の発動によって身体の活動を促すときに生じる呼吸のことである。目づかいは、射における目つけのことを指し、目だけに心が集中しないように心がけます。心・気の働きは、身体の活動における心の働きを指し、安定に保つことで、正しく身体を活動でき、精神も充実する。

目づかいは「射における目つけ」のことを指します。相手や物を見つめるときは、目だけに心が集中して、心や身がおろそかになります。大切な要素は自己の心をみつめることであり、場の掌握である。目づかいは呼吸や姿勢に大きな影響を持つ

弓射を行う場合、的を見るときは、足踏み、弦調べ、物見、狙いを定める以外にない。昔から蜘蛛の曲尺、雪の目付などの目づかいの教えがある。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内