正しい弓道教本:引分

では、教本二巻の引き分けの解説に入ります。

今回も内容も、正直に言うと、何が言いたいのかよくわからないですね?

・縦の線が伸びるように横方向に伸びる

・大三では押手を強めにおせ、それで左右均等に力をかけて

と記されています。

?????どう言うことって思うかもしれませんが、

これを一発で理解する方法を解説していきます。

一つお願いがありますが、この記事を読む前に必ず

広い足幅、広い角度で足踏みをする

ことを意識してください。

これをやらなければ、これから説明する引き分けは理解できません。

広く足を開かないと、弓を引く時に働かせる筋肉が変わらないからです。

必ず、広い足を開きの角度で行ってください。

それで、両腕をより合わせて、上腕を外側に回します。

そして、高く打起こしをしていきます。

すると、次のように引き分け動作ができるようになります。

引き分けはいないいないばあで楽に強く弓を引ける

とわかります。

この動きで教本の文章もほぼ全て理解できます。

まず、掌を自分の顔に向けてください。次に、両拳で小指側の面を当ててください。お互い両肘を近づけるようにします。

次に、その状態で両腕を上に上げていきます。

この状態で、両肘が目線の高さくらいにくると、両腕がきつくなると思います。

両腕をパカっと開くように、両腕を外側に開いてください。

これで、OKです。実際の弓をもつ動作に応用していきましょう。

まず、打起こしで両腕をそれぞれ「時計回り」に回してください。

左腕の場合、半時計周りになりますね。そして、両肘をパカっと開くように外側に開きます。

これで、左手を押していきましょう。左肘が外に自然に開くので、楽に左手を的方向に押して行けますね。

さらに、右肘が外に開くので、右手が自然と弦に引かれますね。これで大三完了です。

この両腕を動きを覚えれば、弓を楽に引けるようになります。

なぜ、楽に引けるようになるのか三つの理由があります。

・弓が浮き上がる分、回しやすくなる

・左手を少ない力で弓の中に回せる

・右腕を楽に伸ばせる

この三つの理由を詳しく解説していきます。

弓が浮き上がるので押し開くのが楽になる

なぜなら、いないいないバァの動きを行うと両肘が斜め上に動きます。

弓を浮き上がらせてから開くので、「弓の重さがぜろ」になります。

ものを動かす時、

重力がかかっているもの、宙に浮いているものとでは、「浮いているもの」を動かす方が楽です。

重い物体ほど動かすのが難しいです。

弓でも同様。

弓は上に動いている最中に左拳を動かすと、楽に押し開けます。

このように大三をとると、

縦方向の力の伸びが徐々に斜め、横方向に変化していると言えます。

もしくは、背中の筋肉が伸びながら大三が取れて、肩と腕が少し楽になります。

また、呼吸も楽です。

いないいないバァで両肘をパカっと開くと、胸が開くからです。

肺から酸素を取り込みやすくなり、平常な呼吸を保つことができます。

その時に、両拳は反橋の軌道を描くように動きます。

最初に両拳が真横に進み、お互いに斜めに降りるようになって、反橋の軌道で動きます。

なぜ、大三で肩や腕がしんどく感じるか?理由はいきなり、左右の拳を横に動かすからです。

打起こしで一度両拳の動きを止めてから、大三動作に移ると、左手首に急に力が入って負担がかかります。

ですので、大三では最初両拳を上方向に伸ばし、次に肘を使って斜め方向に伸ばし、徐々に横方向に力がかかるようにします。

そうすると、両拳に負担がかからずに大三動作に移れます。

いないいないバァの動きは両肘は自然に開きます。だからこそ、腕に負担が少ないです。

もう少し、わかりやすく教えるために、左、右に分けて解説していきます。

まず、左手は

左手は、左腕を回しながら動かすと楽に入る

とわかります。

両腕を外側に回します。その状態で、打起こしをすると自然と左肘が斜め上方に動きます。

この左腕が斜め外に開く力を利用して、一緒に左前腕も伸ばします。

すると、左前腕が楽に伸ばせます。

なぜなら、左上腕が外に開いたと同時に、左前腕に遠心力がかかるからです。この力を利用すると、左腕を腕力ゼロで楽に伸ばせるのです。

もし、左腕を伸ばして、左手首だけ回すと、左手に強く力がかかります。徐々に左手がしまっていくのではなく、一気に指に力が入ります。

そうではなく、手の内は、「ジワジワー」っと圧力が徐々にかかるようになると正解です。さらに、左手が徐々に回るように動き、指も弓の圧力にしたがって締まっていきます。

右手は、いないいないバァをするだけで綺麗に形が整う

次に、右肘です。こちらは簡単です。

上腕を外側に回して、上方にあげたあとにパカっと開くようにします。右拳は力を抜いてそのままにしてください。

する。右肘は外に開いて張られるように動き、右拳は弦によって的方向に引かれるように動きます。

そのために、右肘が張られるように動き、右手首が伸びるように大三がとられます。

弓道連盟では、「右肘の位置を固定した大三」を指導するのをよく聞きます。

このやり方は要注意。

右肘を固定すると、常に右肘から右肩に負担がかかるからです。

そのため、右手首が伸びる感覚があるにしても、同時に、右肘、右肩に強い負担がかかる感覚があります。

だから、大きく引けません。

右肘を固定して大三をとると、大三の段階で右手首の力が抜けていても、次の引き分けで力が入ります。

特に、右拳をグッと握りたくなってしまい、右肘を横に強く引き込みにくくなります。

そうではなく、いないいないバァの動きにより、大三の段階から右肘を外に開くのです。すると、次の引き分け動作も持続して右肘を後方に伸ばしやすくなります。

右肘は固定されていないので、右上腕の筋肉は程よく伸びます。右前腕も弦に引かれて筋肉は伸ばされます。

このような理由で、大三で右上腕が伸び続けるので、

・動作は静止しているが、停止はしていない状態

になります。大三で関節の位置は固定してはいけません。あくまで筋肉が伸び続けた結果、静止しています。

原則として、

両腕を外側に回すと、大三取りやすくなる

と思ってください。

なぜ、大三で両拳や両肩に力が入ってしまうのか?理由は、打起こしで両腕を内側に旋回させるからです。

腕を内側に回して腕を上げてみてください。目通りの高さに拳がきたら肩がちょっときつくうなりますよね。

ですので、以下のような動作もやらない方が良いです。

・弓構えで両腕を伸ばす

何度も申し上げている通り、腕自体3−4kgありますので、前方に伸ばしすぎると、肩に力が入ります。

猫背になりやすく肩関節が内に周りやすくなるため、やらないでください。

・弓構えで両肘を張る

肘を張ると、肩の上部にある三角筋が緊張し、肩が浮き上がりやすくなります。すると、両腕が内旋しやすくなります。

・両腕を伸ばして遠く高く打起こしをする

拳と身体の距離が遠すぎると、姿勢が猫背になりやすく、肩が緊張します。当然、後から腕が内旋しやすくなり、腕、手首に力が入ります。

だから、

足開き広く

両腕をより合わせる

上腕を外に回して、

上にあげていないいないバァ〜

で大三をとります。こうすることで、両腕に力みなく、引き分け動作ができます。

このいないいないばあの大三の取り方をまとめると

・両肘が斜め上方に動き、弓が浮くため、左手が押しやすくなる

・両肘が斜め上方に動くため、背筋が自然に伸びる

・両肘が開き、胸が開くため呼吸もしやすい

・左手は左肘が的方向に動くことで、一緒に的方向に動かされる

・徐々に左手に弓の力がかかって締まるようになる

・左手が押されることで、右手が的方向に引かれる

・右肘は外に動いているため、自然に吊り上がるように動く

・右手首が伸ばされるようになる

・左右の腕共に一緒に伸ばされるため、自然に大三動作が静止する

ようになります。

これで大三をとりましょう。どんどん弓を引けるようになります。

ここまでは、大三のお話をしましたが、引分も同様です。

要するに、大三でいないいないバァで両肘を外に開くようにすれば、引き分けでそのまま楽に両腕を降ろして行けるようになります。

■両腕を外に開くと、両肘と両肩の線が一直線に揃う

両肘を外に開いたら、両肘と両肩の線がほぼ直線に揃いますね。

こうなるので、引き分けが楽になります。

こうなったら、あとは肘を意識しながら、横に引くだけです。なぜなら、両肘と両肩が脇正面からみて一直線に揃った状態は、一番肘を動かしやすく、力を込めやすいからです。

例えば、「肘打ち」という技がありますよね。肘打ちは両肩の線上と同じ線上に肘をおくと、威力が格段に上がります。

両肩より前に右肘を置いてください。その状態で肘を動かしても、力強く肘を押し出せないですよね。しかし、右肘を肩と同じ線上に置いてください。すると、右肘を少ない力で、早く強く動かせます。

これと同じ原理で弓道の引き分けで行います。引き分けの時に、いないいないバァの動きで両肘を開きます。右肘を引き分けの段階で両肩と同じ線上に置いてください。

すると、右肘をそこから横に動かしやすくなります。

そうすると、右肘を肩より後方に回り込みやすくなります。こうして、充実した会の形が構築できます。

そして、これらの大三、引分動作は

いないいないバァで大三を取れと範士の先生たちが解説している

とわかります。

では、読んでいきましょう。

ほぼ全てのページの意味が読み取れます。

千葉範士:「引き分け」にかかる時は、善悪に囚われず、その時の状態でベストを尽くす・・・・何時引き分け初めたか分からぬように上に伸びる力が左右に移行するのである(二巻、p114)

(神永範士:似た表現の文章記載。二巻、P121)

上に伸びる力が左右に伸びるためにはいないいないばぁの引き分けをすればいいんじゃないの?

と考えられます。ですのでいないいないバァで大三をとりましょう。

ただ、この言葉だけでは説得力はないと思います。だから、はっきりいないいないバァで大三をとりましょうと解説している先生を紹介します。

神永範士です。

教本二巻のP115ページに全てが記されています。

神永範士:これか弾力体の弓を動かすのであるから、身体も弾力体を保つことが肝要で、中力の時、前膊が硬直せず柔軟にし、弓懐の心持ちを失わないように心がける(二巻、P115)

要は、引き分けで腕の筋肉を柔らかくしましょうと言ってます。

その上で、次の文章をみてください。

神永範士:この時、弦と左腕とは約35度くらいの角度をなし、(二巻、P115)。

弦と左腕の間の角度って小さくなるんすか?

じゃあ、いないいないばぁをやって両肘を外側に広げるしかないですよね

なぜなら、いないいないバァをすると、肘が自然に吊り上がるからです。

両腕の筋肉をリラックスさせていれば、この動画ができるはずです。

神永範士の打起を見ると、腕と弦の角度は45度でしたよね?

(教本神永範士の打起こしの角度は見る限り、額より拳二個分であるため)

これが、引き分けの時には、弦と左腕の角度が35度

こうするためには、肘が身体に近づけないといけません。

そこで、いないいないバァの大三をとってみましょう。

肘が自然と身体に近づきます。

これで、弦と左腕の距離が近くなって、弦と右肘の角度は45度から35度程度に落ち着きます。

さらに、神永範士は右肘の動きについて、

神永範士:右肘を外に開くようにすれば、肘が後ろに引かれて(二巻、P122)

右肘を外に開く=いないいないバァの右肘の動きそのままですね。

だから右肘を外に開きましょう。

そうすると、右拳が外側に開くように働きますよね。

大三では、右手は弦に引かれますが、引き続き、右肘を外側に開けば、右拳は外に開くように働きます。

これを神永範士は「艫と舳の関係」と説明しています。

神永範士:この時に、右手の動きは、例えばともと舳の関係で、拳をとも、肘を舳とすれば、ともが外へ動けば舳は内へ動くのである。

弽の外側の線を外に張って弦を押すような具合で外に働かせば、肘は自然に内側(後方)へと働くのである(二巻、P122)。

松井範士:三巻、P124にも同様の内容記載。

つまり、引き分けでもいないいないバァの「右肘開き」の運動を続けていけば、右拳も外側に開くように動きます。

その動きが右肘をさらに後方に入るように働きを助けてくれるそうです。

であれば、この原理使いたいですよね?だったらいないいないバァの動きをやりましょう。

ちなみに、爪先に体重を乗せて胸は前方に出さないようにしてください。

いないいないバァの動きを爪先荷重で行ってしまうと、かえって胸部を圧迫させてしまい、上半身に力が入ってしまいます。

さらに、いないいないバァの大三を推奨している先生をもう一人紹介します。

高木範士です。

高木範士:「正面打起し」からその平面内で左手を的の方に押し回し、右手は肘から先を弦に引かれるままに左手をつけて(二巻、P117−118)

平面内で弓を押し回すには、いないいないバァをして、両肘をつり上げるしかありません。

平面とは、肩関節と口割についた矢を結んだ線でできる平面のことです。

ここで重要なことを忘れないでください。

高木範士の引き分けの取り方は、「正常姿勢が前提」にしています。

正常姿勢とは、以下の図のように、背中がまっすぐのびた姿勢です。

と言うことは、高木範士の言われている平面とは、めっちゃ身体に近いと言うことです。

この平面に両肘を近づけるには、いないいないバァの大三、引分で取る必要があります。

先ほどの神永範士の文章で説明した通り、

いないいないバァの引き分けであれば、自然と両肘は近づきながら、両腕を伸ばせます。

ちなみに、高木範士の引き分け文章の原文「本多流弓術書」においても、

高木範士:右拳は前額の辺で眉の辺より高くなるように、左拳は打起の時の平面内を的の方に運んで(本多流弓術書、P281)

と「右拳も額」つまり身体に近くなっているとわかります。

であれば、いないいないばぁで両肘を身体に対して並行に揃うくらいの引き分けを行うのが適切です。さらに、

高木範士:左手を先導として、過不足なく幾分右手をかぶる気持ちで、左右に押し引き分けて(二巻、P123)

祝部範士:三巻、P115に「耳の上に被さるように引きとれ」と記載あり

と記されています。右手が頭をかぶるように動かすには、右肘をその分外側に回さないといけません。

だから、いないいないバァの大三を行うことが大切です。

ですので、正常姿勢で!平面内で左手を押し回し、右拳を額に近づけて、右拳を後で大きく身体に覆いかぶさるように動かすために、

いないいないバァを行ってください。

高木範士は終始一貫、正常姿勢を前提に解説されています。

打起こしに置いて、平面内の定義を解説し、C体勢で背筋が伸びると解説しています。

だから、引分動作も正常姿勢で平面内に則って大三取るべきです。

弓道教本になると、この文章は編集切り取りでまた違う内容に書き換えていますが。

順調ですね。さすが、

だから、千葉範士、神永範士、高木範士の文章の内容の本質は、

いないいないバァをやらないとできない

とわかります。

さらに、右肘を固定して、右手首を伸ばす大三をしてはいけません。

それをやると、大三動作で右手首の力みが取れても、引き分け動作で手首の力が入ってしまうからです。

松井範士:肘尻をそのままにして手首だけの所作で位置を変えると、矢を押し出したり、あるいはしがんだりするから、懸け口はどこまでも紐付けで応える心持ちで(三巻、P118)

三人の先生の言葉から、「いないいないバァ」をやった方が良さそうですし。

松井範士も肘尻をそのままにすると、手首だけで受けるために引き分けをスムーズにできないと解説しています。

だから、いないいないばぁで大三をしましょう。

と言うわけで、鈴木範士の引き分け動作はおすすめできないとわかります。

鈴木範士の引き分けの説明では、高い確率で右手首に力が入るからです。

鈴木伊範士:やや迎え肩にすると良い。この遣り方は、第一に強い弓も比較的楽に引けるだけでなく、離れに好結果を来たし(三巻、P114)。

そのため、引き分けでは右肩だけ少し巻き肩気味にして、弓を引くのも良いといっています。

このやり方をすると、高い確率で右手首に力が入ります。迎え肩にすると、「右肘の位置」が固定されます(だから、鈴木範士はその後に「納まりも堅固になる」と言っているのだと思われます)。

だから、引分で右手首に力が篭りやすくなります。

そして、鈴木範士も言うように、

鈴木範士:弓は最初から最後まで拳で引くものであって、肘や肩や背中はそれを助け、・・・・・

種となるのはあくまで拳であり、副は肘であり、肩であり背中である。(三巻、P123)

と引き分けでは、肘ではなく拳で引くものが良いと自分の主張をしています(この内容についても、〜〜に過ぎないと思う)と断定的表現を避けています。

なぜなら、迎え肩で大三をとった時点で右肩に力が入るからです。そうすると、右手首に力を込めて、右腕を曲げて弦を身体の後方に動かしていくしかありません。

なので、拳で引くことが良いように思いたくなるのです。

この方法でも引けますが、おすすめはしません。

離れで拳にぶれが起こってしまうからです。加えて、右手首に力が入って、内側に曲がり、矢を曲げた「篦押し」になることもあります。

現に、鈴木範士はこの「拳で弓を引く」ことのメリットを後の文章で

鈴木伊範士:拳が内側で曲がって止まるのは、肘で引き肘で離れた証拠であって、拳で引き拳で離れた者は、拳が一直線の形状をなして止まる(三巻、P123)。

と解説されています。

逆です。右手首が曲がってしまうのは、肘に力をいれるのではなく、右腕に力が入っているからです。それは、右拳に力がこもって前腕の筋が縮むから右手首が曲がります。

拳が一直線の軌道で離れると記載されていますが、「正面から見て」と言う意味です。

ですので、脇正面から見て拳が一直線に通っているかどうかまでは言及されていません。

真っ直ぐ飛ばすためには、正面から見て拳が一直線を通り、脇正面から見て、拳が後ろに通らなければいけません。

そうするためには、右肘を十分に右肩より後ろに回して、離れた時も右肘を後ろに引かないといけません。

そのために、右拳より右肘を意識して動かすことを覚える方が適切です。

さらに、拳に力をいれる引き分けは拳を動かすスピードを調整するのが難しくなります。

大三では右手首が伸びるのでゆっくり動かせますが、引き分けの最初で拳の動きが早くなる可能性があります。

だから鈴木伊範士は文章の中で

鈴木伊範士:徐々に引き開くべきかと言うと、早きに味がなく、遅きは軌道を失い(三巻、P114)。

と記されています。拳に力を入れながら、ちょうど良い速度で動かすのは非常に難しいです。自分に言い聞かせるために書いたのかわかりませんが、

もちろん、弓矢の操作に慣れるために、超初心者は肘ではなく拳を意識して引くのであれば、この方法はありかもしれません。

合理的で綺麗な動作をするためであれば、この方法よりもっと合理的で綺麗に弓を引く方法もあります。

だからオススメしません。

千葉範士、神永範士、高木範士、松井範士のお話される「いないいないバァ」のように、両腕を身体に近づけながら、かつ開いていく引き分けを覚えた方が良いと判断できます。

そうして、いないいないばぁのように両肘を外側に開いてください。すると、左腕が突っ張らないので、

左腕が楽になる

ことがわかりますね。

神永範士:大三の時、左腕はまっすぐに伸びて入るが肘をカチッとはめないで例えば豆一粒位の柔らかさを保持し、(二巻、P116)。

神永範士:左肘に弓懐の気持ちを残し、肘をクッションのように働かすことを主眼としたのであって(二巻、P116)。

宇野範士:左肘を突っ張らず、余裕を持ってゆるやかに押しのばすこと、押しの操作は左手首を主とせず、(二巻、P124)。

冨田範士:左手を伸ばし切ってツクに突っ張ることは悪い。多少の余裕を残すことが寛容である(三巻、P131)

あるいは、左腕が伸び伸び伸ばされるため

右手首は弦の力で伸ばされる

ようにもなります。

高木範士:左手を的の方に押し回し、右手肘から先を弦に引かれるままに左手につけてやる気持ちで右肘で弦の働きを受け止める。(二巻、P117)

高木範士:右手は弦に引かれるのを受け止めるような気味にし、(二巻、P118)

高木範士:右手の取り懸けも堅く掴まぬようにしたり、右肘から先を或る程度の弾力を持たせて(二巻、P123)

浦上範士:右手は拇指を弦にひきかけた(弦からみと言う)だけで、力を入れず、指先を上へそらしつつ(二巻、P126)

宇野範士:右拳は右肘関節を中心とする肘の力で半円を描きながら右斜めに右肩を添うて引き収める。(二巻、P124)

松井範士:拳の紐付けの辺を生かし、肘尻で受けながら(三巻、P117)。

千葉範士:爪先は反って弽帽子の上辺に当たるようにする(親指付け根に弦の圧力がかかって、指先が反るくらい右手首が伸びていると解釈できる)。(二巻、P118)

ちなみに、このように右手首が伸ばされると、右手が大体地面に対してほぼ並行の状態になりますね。

高木範士:右肘から先は「弓構え」「打起こし」のときとは異なって、前膊の二骨(橈骨・尺骨)のなす平面がほぼ、水平に(二巻、P120)

このように、右手は前腕が水平になるように、少し内側に捻られます。そうすると、弓は脇正面から見て左に傾きます。これを、「弓が照る」とも言います。

これを抑えるために、左手は小指を締めて、弓が照らないようにします。

すると、左前腕が少し内側に捻られる感覚を得られます。

高塚範士:弓を徐々に開きつつ、前膊を捻り気味に、弓は照らず体勢に添い伏さり気味に(三巻、P118)。

高塚範士:三巻、P122にも同様の内容記載。

つまり、大三では、

・左腕が突っ張らずに押せていること

・右手首に力が入らず伸びていること

が大切になります。

しかし、自分で自分の大三が左腕がきちんと伸ばせているか?右手首が伸びているかわかりませんよね?

それを確かめる方法が「左手」です。

左手に圧力が徐々にかかっているようであれば、「左腕、右手首、共に余計な力みなく大三が取れている」と判断しても良いでしょう。

大三で左腕が突っ張ってしまったら、左手に「グンっ!」と圧力が強くかかります。

つまり、左腕が突っ張って、特に人差し指と親指の間に力がかかりすぎてるとわかります。

かと行って、右手首で弦を引っ張ろうとすると、また左手に「グンっ!」と圧力がかかりすぎてしまいます。

これも、右拳で弦を引くばかりに、弓の圧力がダイレクトに左手にかかっているとわかります。

つまり、大三で

左手が徐々に力が入っている=左腕に力が入らず、右手首が伸びている

と判断できます。

だから、古来弓道における大三は

・押手が特に大切である

・三分の一押しても、ジワジワ圧力がかかっている状態にすることが大切

と解釈されてきました。

祝部範士:引分の場合、左右同時に行動はするが、左に全ての命令権があって、左が先んじてない、右がこれに従うと言うことを心得ておくべきである(三巻、P116)。

高塚範士:この中力(大三)を日置流では押大目引三分一(おしだいもくひきさんぶいち)と言い、小笠原流では、大切三分の一と言うて(三巻、P131)

それによって、左手は徐々に力がハマっていく

左手:徐々に締まるようになる

いないいないバァをすると、左肘が先に開きます。

その次に、左手が回っていきます。そのため、左拳にいきなり弓の圧力が加わらないため、「徐々に力が入っていく」感覚を得られます。

千葉範士:90度転廻しながら、手の内が定まるようにする。まず第一に中指以下の三指の爪揃いに注意する。(二巻、P118)

「転廻しながら」と記されていますね。つまり、左手が回りながら、形が決まると言う意味であり、徐々に左手に圧力がかかっていき、最後に三指が揃っていくと解釈できます。

神永範士:中指以下の三指の先が右側木に爪立になるように接し、・・・握り革に吸い付くように締まってくる(二巻、P119)

高木範士:手の内は中指・薬指・小指の三指が一枚の柔らかなゴム板のようになって(二巻、P120)。

柔らかなゴム板=左拳に力をいれず、柔らかい状態に保っておくと言う意味です。

高木範士:手心に幾分丸みを持たせて握り革に吸い付くような気持ちで押し回す(二巻、P120)

高木範士:手のひらの皮が幾分よじられるようになる。このよじられ方があまり強いと、弓の働きを弱めたり握り出して弓の形を損したり(二巻、P120)

浦上範士:左手は弓を押すとともに外へひねる気持ちでまっすぐに伸ばし(このように意識すると、左手を徐々に入れやすくなります)(二巻、P126)

松井範士:同様の表現記載(三巻、P116−117)

冨田範士:正面より徐々に左方に移し、(三巻、P118)

高塚範士:弓手は徐々に弓を押し開きつつ(三巻、P118)

祝部範士:正面打起の場合は、肘力に運ぶ間に空中にて手の内の工作をして(三巻、P119)

冨田範士:拇指の根が内竹の右角に弓を摺りながら移行し、・・・・拇指先の腹は、次第に弓の右側の側木に慣れついていく。(三巻、P120)

冨田範士:あたかも弓が拇指と人差し指との股に吸い付けられた心持ちとなる。(三巻、P120)

高塚範士:三巻、P122、9ー10行目同様の表現記載

7人の先生が左手は徐々に押し開きつつ、大三の最中に手の内が完成すると記されています。

じゃあそうしましょう。

そうして、徐々にしまっていけば、左手にも力が入らず、右手首も伸びている、力が加わっているのは左右の上腕になります。

この時、

左に大目に押しているが、左右のバランスが取れている

ことがよくわかります。

松井範士:弓手右手の力合と釣合を計する感所と、その得意とする約束がある(三巻、P116)。

冨田範士:中力に内臓される意義に二つある。一つは五重十文字及び総体の規矩・気力・左右の釣合い等に対する反省である(三巻、P130)。

さらに、左右の力のバランスが取れていると、

足先の向いている方向に両腕が揃うようになります。つまり、

足踏みの方向に左拳、右肘が揃う

ようになります。(若干の誤差が出る時もありますが)。

神永範士:大三の時に、左手の位置は左足踏みの向きの上に揃えるが良い。また右手も肘までは右足踏の上に揃えるようにする。(二巻、P116)

高木範士:矢が足踏みの線で平行で水平になるようにし、矢束の約半分を押し分ける(二巻、P117)

さらに、両腕の力は均等に押せていれば、

左右の腕、拳はどこまでも伸ばし続けられる

ようになりますね。

千葉範士:形の上では止まっていても、内面の力はどこまでも伸びていかなければならない(二巻、P114)

千葉範士:引き取りはげに大鳥の羽をのして、雲井をくだる心得ぞ良き(小笠原教歌)

と詠んで、いかにもおおらかに伸び伸びとした動作を理想として讃えている。(二巻、P115)

神永範士:両方に伸びる力があるから降ろして来るのが楽である。(二巻、P121)

そして、両腕を伸ばす力が働き続け、拳の動きは静止はします。しかし、

静止はするが、停止はしない

状態であることを体感できますね。

中力をとる理由

高木範士:外見上心ともに運動が一時停止したかに見えるが、これは最後の反省の機会であるから、静止しても停止してはいけない。(二巻、P124)

冨田範士:外見上一時進行が中止されたような状態で、これは力の淀みである。決して中断されるのではない。(三巻、P130)

そうして、両腕共に伸び続けた状態を維持してさらに、両肘を外に開いていきましょう。もしも、そのまま左右肘を外に開いていけば、

両拳の軌道は反橋の軌道を描く

ように動きます。

宇野範士:竹林派では、棒引きに一直線に引き込むことは好まず、反り橋が良いとしている。古い教歌に

打ち起こす烏兎の架け橋直なれど、引き渡すには反橋ぞ良き

と「引分け」の際の力の方向を教えている(二巻、P126)

祝部範士:右手は浅い円を描いて引出されなければならないはずである。古人もこれを知っていて、にじの架け橋と教えていた(三巻、P115)

祝部範士:軽い円を描いて耳の上をかぶさるように引き取れと言う教法が成り立ったわけである(三巻、P115)。

それにしても、実際問題、なぜ大三で動作は静止しても内面は「筋肉が伸び続けている感覚」を得られるのでしょうか?その秘密は

両腕を伸ばし続けられるのは、脚の力で支えているから

両腕を楽な状態にし、弓の反発力を受けていると、両腕ではなく、体幹部で弓の圧力を支えることになりますよね。

これは、弓の力を左腕の押す力で支えているのではなく、弓の力を「左腕でいったん受けて、体幹部を通じて、脚を地面で押し返す力」で受けていると解釈できます。

だから、伸び続けられる感覚を得られます。両腕で押し伸ばしているのではなく、「両腕で弓力を受けて、脚で支えている」のです。

だから、両腕は硬直しません。

高木範士:右肘から先を或る程度の弾力を持たせて、一本に左手の働きに追随させるようにしたり、種々の心構えが必要で或る

この時の左右の関係を述べると

A:角見から二方向に働きは通じる。一方は角見→左肘の後ろ下・左上膊の後ろ側へ通じ、左肩・左脊柱から腰へ行き右足の裏へ納まる。

B:弽からも同様に、一方は弽→右肘の後ろ下、右上膊の後ろ側へ行き、右肩、右脊柱から腰へ通じて左足の裏へ納まる。(二巻、P123)

そうして、脚で支えているから上半身に無駄な力をかける必要はありません。だから、

呼吸も楽になる

さらに、呼吸動作も楽になりますね。平生な息合になります。

宇野範士:打起こしで「引き分け」を3分の二位までは平生の息合で、後の三分の一のところで静かに気息を丹田に収める(二巻、P128)

神永範士:呼吸は自然にまかすが、胸を用いないで(二巻、P128)

高塚範士:気息もまた弛やかに和して(三巻、P122)

冨田範士:息詰まる時は息なし、平なる時は息有り。詰むる時は目も心も手前も目あて物に奪われて眺み見えず(三巻、P127)

冨田範士:平息とは常の息なり(三巻、P128)。冨田範士:三巻、P130、12行目に同様の記載有り。

スピードも緩やかになる

常に腕が伸び続け、呼吸もゆったりになっているため、引き分けにおける拳のスピードも緩やかになります。

宇野範士:「打起こし」から「引き分け」に移る時は極めて静かに、而してなだらかに押引を進めるように心がけねばならぬ。

鈴木範士:三巻、P114八行目、同様の表現記載

高塚範士:三巻、P122四行目、同様の表現記載

では、ここからは、教本の引き分けで不透明な内容に関して一つ一つ説明していきます。

・宇野範士の二つの呼吸法について

・大三の弓手三分の二、妻手三分の一の具体的な意味

・やっぱり迎え肩にするのはよくない

引き分けでの丹田の呼吸法を実践する方法

なお、宇野範士は、呼吸の話で、

宇野範士:強弓は息の出入りを許さぬからそれでは困難で、はく息と吸う息を一気に引き取る(二巻、P128)

と、息を止めるように解説していますが、これは胸部に力が入っていてはだめです。胸部に力が入っていると、腹部まで酸素が入らず、息苦しい心地になるからです。

ですので、呼吸の仕方、タイミングなんかどうでもいいいです。

息が詰まらないように呼吸しやすい姿勢」を維持するよう意識してください。

そのためには、いないいないバァの動作で胸の筋肉を極力左右に広げて、圧迫させないようにしましょう。

宇野範士:息合いは正座法に夜と、息を吸いながら下腹に収めるのと、息を吐きながら収めるのと、

どちらにも、動詞で「収める」と記されています。

これは、酸素を下腹部に収めると言う意味です。

息を吸っても酸素が下腹部に入って腹圧がかかります。息を吐くと胸が緩み、胸郭が下に下がって、内部から腹圧がかかります。

どちらの方法でも、丹田を意識した状態を作れます。が、この内容も呼吸を意識するのではなく、自然とそうなる姿勢を構築してください。

そのためには、いないいないバァの引き分けをできるようになりましょう。

神永範士も二巻P128に、「下腹に思いを置いて、根息を収める」と記されています。これも宇野範士と同様の内容です。

いないいないバァの引き分けで胸を開き、下腹部に酸素が入りやすいように姿勢を作っていきましょう。

胸の力を抜くと、腹に圧力がかかりやすくなる

この、宇野範士、神永範士の「腹に酸素が入りやすくなる呼吸の取り方」を実践するために、わかりやすく解説したのが、安沢範士です。

安沢範士は「胸の筋肉を緩めれれば、腹に圧力がたまる」と解説しています。

安沢範士:すなわち、上部(胸)の息気を吐いて胸が虚になることによって横隔膜が下がり、丹田の力が増々充実し運行が豊かとなるからである(三巻、P126)。

下腹に圧力をかける方法は二つあります。

「息を吸って酸素を腹に集める方法」です。これは、宇野範士の先ほどの「息を吸って収める」方法のことです。

もう一つは、「息を吐いて、横隔膜を下げて腹に圧力を集める方法」です。これは、宇野範士の話される「息を吐いて収める」方法、あるいは安沢範士の上記の呼吸法です。

この呼吸法を行えば、弓弦の抵抗力がかかっていますが、胸部が圧迫されないようになります。

この呼吸で動作をするために、いないいないバァの動きで両肘を開くようにしてください。

胸の筋肉を左右に開けば、胸部の筋肉が伸びます。その状態で引き分けで息を吐けば、胸部が緩み、圧迫されずにすみます。

このように、胸の息を吐いて緩めれば、お腹に圧力がかかります。宇野範士の解説されている「息を吐いて、圧力を丹田に収める」方法になります。

以上の内容で、呼吸法に関しては問題なく実践できます。

「お腹に呼吸の入りやすい姿勢」を取れば、自然と呼吸が腹に入って「吸いながら収める」呼吸になり、息を吐くことで、胸郭が下に落ちて「吐いて収める」呼吸にもなります。

吸う時・吐く時共に、下腹部の圧力は変わらないので「平常の息」となります。

これ以上やることは有りません。

反対に、これ以上にやらないといけない内容については、「その方の余計な主観が入っており、ただの感想であって教えにならない」と理解しましょう。

そういう意味では、

多田範士の呼吸法の文章は読んではいけない

とわかります。

なぜなら、言っている内容があまりに支離滅裂すぎて、何が言いたいのかよくわからないからです。

面倒臭いので、以下間違っている箇所について記載しておきます。

多田範士の呼吸の文章(P131ー141)

ほかの先生と内容合わせて合っている所

・無理な息をしてはいけない。(P135、5行目)

・日常の呼吸(P135、10行目)

間違っている所

・P1366の7行目に「腹式呼吸」が大切と解く。しかし、その3行後に、

「腰骨をグッと伸ばすことを第一、腹は前に、尻は後方に張り、膝屈は伸び」

と記述されている。この姿勢では、出る尻鳩胸になってしまい、腹式呼吸にするのは解剖学的に難しい。

かつ、2行前に記されている「上半身の筋骨最も軟らかに」の内容も、上記の姿勢を取れ、上体を柔らかくにしにくくなる。

・上記の姿勢で引き分けで「腰骨は天へ膝屈は地へ、無限に天突き地突きに伸びるように」と記述。出る尻鳩胸の姿勢でこれを行うと、余計に背筋と下半身に力が入ってしまう。

・P138ページの4行目に「横は左右に自由に働ける」と記されている。主語が不明確ですが、出る尻鳩胸の姿勢では、横方向に肩甲骨も腕も肩も伸びない。

・吸うた息を吐いて仕舞うてはいけない。また止めてもいないから、前に述べた日常の呼吸の吐く息の途中と記されているが、上記の表現自体が、「日常の呼吸」になっているかが不明。

・竹林派弓術秘書に「張合い・釣合い・息合い」と記されているが、尾州竹林弓術書には、この三つの用語自体の記載がない

・上記の説明が記されている竹林の秘書があるなら、それは公開する必要がある。少なくとも、原文の「尾州竹林弓術書」魚住文衛氏の「四巻の書の解説書」にも、教本に記されたた「張合い・釣合い・息合い」の記述は存在していない。

・魚住文衛星氏の四巻の書の解説には、「息合」という表現自体は存在するが、内容は多田範士の物と異なる

・現段階で、多田範士の言われる「尾州竹林弓術秘書」の「秘書」がどこの文献で、誰のものを参考にされたのかわからない。

・P141「間断なき天地左右の伸長」と記載。何が伸び続けられるか?主語がわからないですが、筋肉に限って言えば、上記の姿勢では不可能。

このよに、多田範士は原文を調べても記載されていない内容を「この内容は秘書」に記されているとだけ解説して、真偽のわからない張合い・釣合い・息合いの説明文を展開されています。

しかし、現段階で竹林の関係書含め、最も古い、開祖竹林坊如生の残した竹林弓術書にさえ、この記述が有りません。

もし、この内容が竹林の射法が俺はできていると勝手に名乗った人間の薄い書から取り上げた物であれば、明らかに文献の記載が間違っていると言わざるを得ません。

なぜなら、多田範士の記されて「息合い」などの説明は、竹林の最も古い原著には記されていません。「張合い」と言う用語を使った竹林の書籍を見たことがありません。

そうして、多田範士の言われるように

多田範士:ただ習う外に上達はないと思う如きは愚である。(三巻、P141)

おっしゃる通り、あなたのように我流で読み続ければ、必ずよくわからないないようになります。

だから、範士になったからと言って調子に乗らず、謙虚に受け止めて勉強するように心がけましょう。

弓道連盟の高段者は特に、自分たちが体配だけ綺麗だからと言う理由で、勉強せずに偉そうなことを言う人間が多すぎます。

こういう不透明な内容が頻発していること、さらに解剖学的におかしい部分が多すぎるため、多田範士の呼吸の文章は読んではいけません。

均等に引けば、「押多目、引き三分の一」になると計算上出ている

次に、矢束についてのお話です。

大三、引分では

・矢束半分を取るのが大三という動作

・大三では、押手を多めに力をかけて3分の2力をかけるようにし、妻手は3分の1引かれるようにする

・大三は左右の釣り合いを取る動作である

と書いて有ります。

この二つの文章を見ると、多くの人が「なんで多めに押して、左手に多めに圧力がかかっているのに、左右のバランスが取れているの?」と思います。

この内容の本当の意味は、

左手を多めに押せば、矢束半分をとったことになる

と説明できます。

例えば、下の写真を見てみます。

この写真を見ると、左手を多めに押しているように見えますね。この格好の一体どこが均等に力がかかっていると言えるのか?と思いたくなります。

実際に測ると弓弦の間の矢尺の方が、外側の矢の長さより長いからです。

実際に測って見ます。13インチのPCで教本の神永範士の写真を最も拡大して広げた状態で定規を当てて測って見ます。

すると、元々の矢尺が61センチ、弓弦の間の矢尺が35センチ、まだ引けていない矢尺が26センチです。

この数字だけ見れば、大三で矢束半分以上引いているように思います。矢尺半分より9センチも長く押し開いているとわかります。

しかし、現実は違いますね。

弓弝の部分はすでに矢尺に含まれてしまっているため、この分を引かないといけません。そうすると、弓弝の部分が13cmあるため、ここの部分を引かないといけません。

さらに、神永範士の会の写真を見ると、矢尺が2.5センチ余るため、この分を引きます。すると、大三で引いた矢尺は22cm, まだ引けてない矢尺は23.5 cmです。

そのため、大三では矢束半分とっているとわかります。

次に、押手3分の2、妻手3分の1です。

この表現の正確な意味は吉見純正射法訓の「弓手3分の2弦を押し、妻手三分の一弓を引き」のことです。

教本+弓道連盟の指導では、「弦を押し」「弓を引き」という用語を切り取って、「弓手3分の2、妻手3分の1」という所だけ強調して

「押手を多めに押してください」と解釈したがります。

冨田範士:引分けの際における左右の力の配分は、左手三分の二、右手三分の一の割合である・・・・・5分と5分の力にて引き分けんとするときは、弓手引き負け離れも右手離れとなって弱く(三巻、P124)。

違います。「押手三分の2で押しなさい」と「押手三分の二弦を押し」とでは全然意味が違います。

このように部分的に切り取って、意味を変えようとすると余計に意味がわからないので、正確な引用をしてください。

押手3分の2、弦を押し」という意味は、

・押手に三分の二の力がかかっているかは、弦を引いて判断しなさい

で、「妻手三分の1弓を引き」とは、

・妻手が3分の1の力で引かれているかは、弓を押して判断しなさい

という意味と、本多流弓術書の内容に引用されております。

この言葉に則ると。

矢束半分引いた時、押手はそのまま力がかかります。しかし、妻手の力が抜けて、的方向に引かれたとしたら、押手にかかる圧力は妻手に比べて相対的に多くなります。

そこで、左右の手だけで見ると、押手に多めの圧力、妻手に少なめの引かれる力がかかっているとわかります。

それを確かめる方法が押手は弦の押し具合でわかります。

もし、妻手に力が入っていれば、妻手に引かれる力がかかっていないとわかるため、押手に多めではなく、妻手に多めに力が入っているとわかります。

だから、弓手3分の2の圧力がかかっているかは弦の圧力具合で判断できる。で、「弓手3分の2弦を押し」です。

次に、妻手がきちんと的方向に伸ばされているかは弓を押し具合を観察すればわかります。

もし、弓の圧力が左手でジワジワ受けているなら、妻手が的方向に引かれているとわかりますね。

なぜなら、妻手が的方向に引かれていなければ、弦が強く引かれて弓の圧力はもっと強くかかるからです。

「ジワジワ」ではなく、「グンっ」て圧力がかかります。それは、妻手三分の一引かれておらず、「妻手多めに引いている」とわかります。

だから、「妻手が3分の1、引かれる力がかかっているかは弓で判断する」で「妻手三分の一弓を引き」です。

ですので、矢束半分にとって、妻手の力が抜けて的方向に引かれていれば、押手に相対的に多めに圧力がかかるため、

「矢束半分、押多目、引き三分の一」の三つの要素が一度の動作で矛盾なく揃っているとわかります。

この内容を見れば、大三で押し多め、引き三分の一の状態を作るために、矢束半分にとる必要があるとよくわかります。

だから、例えば、

冨田範士:道歌にも

  如何ほどに、強きを好め押す力、引くに心ありと思えよ

  とあって、左手の押す力は充分強くあれと教えている(三巻、P125)。

冨田範士:三巻、P132の6行目に同様の内容記載

と記されていますが、本当に押してを多めに押せと言っているわけではありません。左右均等に引き分けて、右手首にかかる圧力を減らして、相対的に左手に多めに力がかかるようになさいと言う意味です。

このように、「弓を引く」「弦を押す」と言う言葉は、

弓を引き→適切に引き動作が行われているか弓の押し具合で観察する

弦を押す→適切に押し動作が行われているか弦を引いて観察する

と言う意味で使っています。これは、教本の一番最初に記された射法訓の吉見順正、日置弾性政次の弟子、竹林坊如成も同様に解釈しています。

この用語で考えると、

浦上範士の用語が本当の意味

浦上範士は、

「弓引く矢を引く差別の事」

「弓引く」は弓で矢を摺るように引くことで、押手(左手)が先に働くように押し開き・・・・・「矢引く」は矢で弓を摺るように引くことで。

と記されています。

この内容は、「弓を引く」は正面打起しのように大三で先に動かす引き方、二番目の「矢を引く」とは斜面打起のように、先に左拳を的につけてから、後に右手を動かす引き方を指しているように思います。

しかし、このように考えると、どっちも同じ「左手から押している」ので差別がつかないように思います。そこで、先ほどの語源からこの言葉を考えると、

弓引く→右手首の力を抜いて、押多目に引くこと

矢引く→矢が水平に降りるように、左右均等に引くこと

となり、右手首が伸びて適切に「引け」ているか「弓」を押して判断します。そのようになっているかを確認して弓を引きます。

後に、この動作に慣れてきたら、大三動作に途切れなく、スラスラ引くようにします。すると、左右の力のバランスは崩れることなく、左右の拳の力すらもバランスが取れて引けているようにとることを「矢を引く」と言います。

矢は、古くの弓道文献で「左右のバランスが取れているかを観察するための道具」と捉えて解説しています。

剛は父、懸は母なり矢は子なり、片思いでは矢は育つまじ (「尾州竹林弓術書 三巻、歌智射の事」より引用)。

もし、日置の開祖の文章から辿ると、以上のように言葉の意味が説明できます。しかし、浦上範士は「五重十文字」しかり、「紅葉重ね」しかり、原文と言葉の意味を全く異なって説明していることが多々あります。

したがって、本当に弓を擦りながら引く方法が合理的なのか、押手から先に押す引き方が何のかは直接浦上道場に行くのが正解です。少なくとも、私は、五重十文字の定義しかり、この言葉の説明の真意はわかりません。

やっぱり迎え肩は行ってはいけない

さらに、大三動作で「右肩を上肩気味にして迎え肩にして引く」ことを推奨している弓道家(鈴木伊範士)などがいますが、

あまりおすすめはできません。なぜなら、

・右肩が力み

・大三で右手首が伸びやすくなっても、引き分けで結局右手が詰まる

・左肩が後ろに引けやすい

などがあるからです。

しかし、それでも右肩を上肩気味に受けることを推奨している先生がいます。「宇野範士」です。

宇野範士:左肩はやや下げて受け、右肩は上肩にして迎える。

はい、またこの文章、虚偽記載されています。高木範士同様に、また部分的に切り取られています。

正確な文章は「左腕は外巻き、右腕は外巻に巻くように」動かして、と記されています。

つまり、大三を取り終えた時は、右腕は外側に回転させるようにします。すると、右手首が伸ばされて、「右肘を中心とする肘の力」で引き取ることができます。

宇野範士:引きの操作もまた同様に右手首を主とせず、右肘関節を中心に肘の力で引き取るのである

右腕を外側に巻くなら問題ありません。しかし、今日の弓道の指導では、

動作は「左右対称にやるから」と言う理由で

右肘も内側に捻らせる指導をする場合が多いです

すると、大三で右腕が内側に捻らされるため、右肩が内側に巻かれます。

まして、教本の文章で「右腕が外側に回す」と言う記述だけ抜けていれば、本当の意味をわかりたくてもわかりません。

本当の意味がわかる文章を読まないと読む価値がありません。教本の宇野範士の引分の文章は読まないでください。

原文では左右非対称に弓を引くべきと行っているのに、左右対称に引くように既成事実を作ったと言われても仕方ない文章です。

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内