足踏みで実践したいことをまとめる

足踏みについて実践したいことを解説します。

上半身を力みを抜けた姿勢を構築するための「広げた足踏み」の方法

足踏み

・骨盤の安定

・上半身の力みを取ること

です。

これを実践するために、足踏みの角度を極限まで広くするようにしましょう。

このようにする理由は二つあります。

外旋筋を強化するため、

骨盤を垂直に立たせる筋肉として、外旋筋があります。これによって、足踏みにおける立つ力を強化できます。

 

2、バランス感覚が養われる

次に、脚を広げることで、バランス感覚が養われます。

前後のブレは、踵への荷重量を増やすことで解決できます。

 

首が伸びやすくなる

骨盤が立つ⇒背中の筋肉がゆるむ⇒首の筋肉が伸びます。

こうすることで、

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内