体配動作と弓を開く動作を絶対に忘れなくなる方法

本記事は弓道を始めたての人が、弓を開く動作にスムーズに慣れて、挫折な区弓を開けるようにするのを目的にしています。

前回、弓を引く動作で3ー6

正しく立てば、右肘が正しく収まる「最強の右肘」販売中です。(8/22まで割引価格)

無料メールセミナー