足踏みの角度がだいたい60~70°が適している理由

なぜ、足踏みの角度は60度程度に収まるのか

足踏みの角度は「60度」に踏み開くことように説明されます。

男女、骨格により、多少値が前後しますが、だいたい基準は60度と言われています。歪みのない姿勢を構築するためには、両足の開き幅をキチンと理解する必要があります。では、弓道教本では、なぜ足踏みの角度は60度と説明されているのでしょう?今回はその理由について解説していきます。

足踏みの角度における上半身の姿勢の影響

足踏みにおける両足の角度は、狭い場合と、広い場合とで働く筋肉が変わります。これによって、弓道における胴づくりの崩れや押し動作のしやすさが変わります。

例えば、足の角度を広く踏むと、的方向に押す力(左右に押す力)が強くなります。なぜなら、足の開く角度を広くすることで、太ももを外に外旋させる筋肉(大殿筋、梨状筋)が張るからです。この筋肉が張ることで、骨盤が垂直に立ち、的方向に力がかかったときに、背骨が歪みにくくなります。

一方、足を狭く踏むと、前方向に押す力が強化されます。なぜなら、足の開く角度を狭くすることで、脚の内側の筋肉が張り、骨盤が前傾するからです。骨盤が前傾し、上体の重心が前方向に移ることで、後ろ側の筋肉(背筋や太もも裏側の筋肉など)が強く働きます。これによって、前方向に押す力が強化されます。

このことは、実験をすることで簡単にわかります。最初に、足を広く踏んだ状態で左腕を横に出します。次に、もう一人が伸ばした腕を押すようにし、足を広く踏んだ人は押し返すようにします。すると、足の角度を広く踏んだ方が、押しやすいことがわかります。あるいは、足を狭く踏んで、腕を前に出して押すと、足を狭く踏んだ方が前方向に押しやすくなります。

つまり、足を広く踏むと、横方向(的方向)に押しやすくなり、狭く踏むと前方向に押しやすくなります。この関係を弓を押し開く運動に当てはめます。大三から引き分けにかけては、腕を斜めに、会においては、腕を的方向に押していきます。つまり、弓を押し開くためには、弓を前と横方向に押す力を働かせる必要があります。

このように、人間が弓を押したとします。すると、物理の作用反作用の法則から、弓がこぶしを押し返す力が同時に発生します。こうした力に耐えるために、足の角度は開きすぎず、狭すぎずの角度に踏み開く必要があります。

人の骨盤の角度は足の開き幅によって決まる

ただ、このように聞くと、多くの方は、「それならば45度に開くのが最も安定して押せるのでは」と考えます。なぜなら、前方向に押す力と横方向に押す力を均等に働かせるためには、足の角度を45度にする必要があるからです。

もし、前方向に押す力を最大限に働かせるのであれば、的の線と垂直方向(0度)に踏み開く必要があります。逆に、横方向に最大限に強く押したいのであれば、的の線で平行に(足の踏み開く角度を180度)にすると強く働きます。

つまり、物理的に足の角度によって押しやすい方向に足先の角度を決めるのであれば、その間をとって45度の開き幅になる必要があります。

しかし、弓を押し開くための足の角度以上に、重要な要素があります。それは、「骨盤の角度」です。弓道において、胴づくりは「中胴」が近的において適切とされています。中胴とは、背骨が反らず、屈まず、上方に伸びている状態です。このような状態を構築するためには、骨盤の角度はできるだけ地面と垂直な状態にしなければいけません。

当然ですが、人の足は開くことで、骨盤の角度が変わります。足先を狭く踏むと骨盤が前傾しやすくなり、広く踏むと骨盤が後傾しやすくなります。このように、骨盤が前や後ろに傾きすぎない足の角度に踏まなければ、理想である胴づくりを構築できません。

そこで、骨盤を垂直に立たせるために必要な筋肉が「太ももを外旋(外に開く)させる筋肉」です。これは、解剖学の世界では「外旋筋(大殿筋、梨状筋)」とも呼ばれ、太ももを外に開く際に必要な筋肉です。この筋肉を締めた姿勢を取らなければ、弓を引いている最中に骨盤が前傾し、背筋が張りすぎた姿勢となります。すると、背骨が前に湾曲し、腰が反り、胸の張った姿勢になります。これを防ぐために、外旋筋を締めた姿勢を構築する必要があります。

そのためには、だいたい60~70度前後に足の角度を開く必要があります。骨盤を垂直に立たせる他のポーズとしては、バレェの姿勢や、消防隊員における気をつけの姿勢があります。この姿勢の重要な要素として「アゴを引く事」「お尻を締めること」などが挙げられます。

実際に気を付けの姿勢をとるとお尻を締める力をこめやすくなります。そして、骨盤が垂直に立ちやすくなるため、背筋が強く張らず、胸の筋肉の力みが少なくなります。このように、骨盤を真っ直ぐに立たせるために、足の開き幅はだいたい60度前後に収まると説明できます。

年齢を重ねると注意しないといけないお尻を締める力 

ただ、このように聞くと、大部分の人は「やはり60度がいいのか」と納得します。しかし、人間の骨格は神経や血管につまりが生じると、適切な姿勢が取れなくなります。そのため、安易に60度に決めて満足するのではなく、骨格を整えるように努めることが大切です。

特に年齢を重ねると注意するべきなのが、「お尻を締める筋肉」の低下です。年齢を重ねて、筋肉に衰えが生じると、まずお尻の筋肉がゆるみます。もし、お尻の筋肉がゆるんでしまうと、骨盤を垂直に立たせることができなくなり、前傾しやすくなります。すると、膝関節が内に入りやすくなります。

このような状態が続くと、膝関節と足先が向いている方向が一致しなくなります。これによって、脚に無駄な筋肉の張りが出てしまい、安定性が低下します。その結果、上半身を支える力が低下します。

そのため、古くの弓道の書籍には、「肛門を締めるように」という教えがあります。例えば、小笠原の射法の説明の「小腹」「下重」の教えには同様の内容が記載されています。これは、肛門を締めるようにすることで、お尻を外旋させる筋肉を使い、骨盤を立たせるためです。

教本第二巻で、阿波研造とともに稽古した神永政義範士は、「胴づくりでは、少し腰骨を立つように」という説明があります。こうして、太ももの外旋させる筋肉を活用し、骨盤が立った姿勢を構築する必要があります。

安易に、足先だけ60度に向けて稽古しているだけでは、お尻を締める筋肉が低下する可能性があります。具体的には、「加齢」「炭水化物の過剰摂取」「生活習慣」によって、外旋筋の萎縮が起こります。もし、太ももだけ内に向いた姿勢になれば、太ももから足先にかけて通る神経に圧迫や干渉が生じ、脚の筋肉に凝りが生じます。これによって、上半身を支える脚の筋肉の安定性が低下します。

特に、現代ではお尻を外旋させる筋肉が低下しやすい環境にあります。そのため、弓道の足踏みでは「とりあえず60度に開いておけば問題ない」と思考を停止させないようにしましょう。「お尻の筋肉の凝りを取り去るには」「外旋筋を鍛えるには」と必要な筋肉のケアや鍛錬を行うようにしてください。

外旋筋のケアと鍛錬法

ここでは、骨盤を垂直に正すための外旋筋のケアの方法と、鍛錬法について解説します。まず、ケアの仕方ですが、ストレッチと指圧を行うようにします。

ストレッチは、あぐらをかいた姿勢を取り、その状態から片足を持ちあげます。すると、持ち上げた側の脚のお尻がストレッチされます。

さらに、指圧する場合は、だれかに手で指圧してもらうか、低反発性の道具を使用します。まず、腰骨に手を当てます。そこから、斜め下、お尻の割れ目の方向に動かし、押してみると「痛気持ちいい」刺激がある箇所があります。この周辺には多くの神経が通っており、つまりが起こると、お尻の外旋筋が収縮しずらくなります。そのため、指圧し、凝りをほぐすようにしてください。

最後に、トレーニングの方法ですが、おススメとして「バックキック」があります。仰向けに寝て両ひざを立てます。次に、腰を浮かして、片足だけ伸ばします。このポーズで数秒間停止すると、お尻の筋肉に負荷をかけられます。

以上のようなことを行うことで、足踏みの適切な角度が決まります。もしも、足踏みで胴体のブレなどが起こってしまった場合、外旋筋を強化し、骨盤がぶれにくい姿勢を構築するようにしましょう。

こうした内容を理解し、足踏みで行うべきことがわかったと思います。さらに、足踏みへの内容を深く理解するために、「より、弓を強く押し引きするための足踏みhttps://rkyudo-riron.com/rironsyahou3/category26.html」の理論を知っておきましょう。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内

スポンサードリンク