正しい弓道教本:打起こし

ここまで、足踏から弓構の内容は、広い幅と角度で足踏みをすれば、ほぼ全ての教本の先生の解説されている内容を理解できると解説しました。

打起の内容も難しくありません。今まで行ってきた内容につなげていくうだけで、打起動作を楽に行えるようになります。

まず、足踏から胴造の内容をまとめます。

①足踏み:広めにふみ、太腿を外側に回す

②胴造:①によって、肩が自然と後ろに引かれる

③弓構:②によって、両腕が自然と体の近くに寄り合わせる

この次に、打起こしで

肩を後ろに引いた状態で打起こしをする

ようにしましょう。

これを行うだけで、腕を楽に打ち起こしができるようになります。

加えて、教本の先生の文章の内容が全て一本の意味でよめるようになります。

その根拠をお伝えします。

腕が近くなった方が腕を上げやすい

からです。

シンプルに、腕が近い方が腕を上げやすくなります。

腕は方腕だけで重量3-4kgあります。

腕を体から離すほど、上方にあげるのが大変になります。

が、腕が近い方が上方に弓を上げやすくなります。

そして、打起を行う時は、

「拝む」ように打起をしする

よう心がけましょう。

弓構では、両腕を寄り合わせるように腕を動かすことを解説しました。寄り合わせると、両拳が上に上がりながら近づいているのがわかりますね。

さらに、和弓は上が長くて下が短いです。そのままにしておくと、上部が倒れて、下部が下から上に持ち上がるように回転するのがわかります。

自分は拝むように体に近づけて、弓は下部が回転しながら持ち上げるように打起してください。すると、楽に弓を打起できるのがわかります。

拝むように近づけると、拳は体に近づきすぎるのではないかと思います。それはありません。弓の上部は常に体から離れるように倒れるように力がかかります。

だから、この弓の力を受けて、腕はある程度のところで自然に上方に伸びるように動きます。

このように、両腕をより合わせるだけで、自然に拳が上に上がります。

さらに、両腕を寄り合わせるように動かすと、肘が下に下がりやすくなりますよね。すると、両肩が下に下げやすくなります。

このまま打起をすると、肩根が下がりながら打起こしすることができます。

このように、拝むように打起動作を行うと、肩根は下がりながら腕は上方に自然に打ち上がります。この時、「弓は上に上がりながら身体は下に沈むよう」な感覚が得られれば適切です。

あるいは、弓の力によって、弓が天に引き上がるように動いているともいえます。

弓の力で上がっているので、「腕が伸び続けている感覚」を得られます。腕力で伸ばすと途中で伸びる力がとまります。しかし、弓の力で上がっているため、伸びる力は持続します。

また、別の表現で言うと、徐々に弓が上がっていって、最後に徐々に遅くなっていく感覚ともいえます。

上記のように言えるのが、この打起動作は、自分の腕力で打起こしをしていないからいえます。

例えば、弓道連盟でよく解説されるように、天文筋に弓をつけて、手首を下に曲げて打起こしをしましょう。この時、弓は垂直に向かないといけません。そうすると、腕と肩に力が入ることがわかります。

しかし、拳は体に近づけて、弓の上部を倒しながら打起こしていきます。

拳は体に近づけた方が腕は楽になります。腕は体に近づけながら腕を上げるのは楽です。だから、打起すればするほど楽になれるといえます。

さらに、上記の体の動かし方を覚えれば、

30度の打起、45度の打起、中間打起、斜面打起の全てを楽にできる

ようになります。やってみましょう。

まず、30度の打起、これは、肩を後ろに引き、拳を体に近づけながら、額に近くくらいで止めると「30度の打起」になります。

次に、肩を後ろに引いたままなら、額より少し上に上げても楽ですね。では、もう少し上に上げてみてください。そうすると、45度の打起くらいになります。

さらに、昔の弓道では、中間打起と呼ばれる上げ方もありました。これは、目通りすぎたくらいで左手を弓の中に入れながら打起すものです。

では、額より上を越ししたら、弓を押し回しながら上げてみましょう。おそらく、楽に弓を押し回すことができます。

斜面打起も同様に行ってみてください。前屈み姿勢にして斜面打起をすると、目通りをすぎると肩がきつくなります。しかし、肩を後ろに引いて斜面打起をとると、目通りすぎても肩を楽に打起できます。

このように、踵に体重をおき、拝むように腕を上に上げると、30度、45度、弓を押し回しながらでも楽に打起ができます。

このように、踵に体重を乗せて打起をすれば、楽に弓を上げられる根拠解説していきます。

胴造のぶれが少なくなる

ことがわかります。

もし、体重を足裏の中央においたとします。

俗にいう弓道連盟で言われる「土踏まずのやや前方」に体重をおく足踏みです。

ここにおくと、肩は後ろに動くかもしれないし、前にも動くかもしれません。

しかし、両肩を後ろに引くと、この「前後のぶれ」がなくなります。

すでに両肩を後ろに引いているので、それ以上肩が後ろにいくことはありません。

だから、「両肩が後ろに引けてしまう」という問題すらなくなります。

人間は、体重を踵に乗せた状態で肩を前に出すのは難しいです。体重が後ろにおいていると、肩は後ろのポジションでキープされます。

だから、打起では、

弓構えで「両腕をより合わせ」

打起こしで「肩を後ろに引く」

ことを行った方が良いのです。

腕を上げても、呼吸が楽に行える

ようにもなります。

実際にやってみましょう。

踵に体重を乗せて、肩を後ろに引いて、拝むように腕を上げます。その後に、息を吸ってください。

拝むように打起こしすると、を吸いやすく、腹を使って呼吸しやすくなります。そのため、肩もゆらゆら動かないですね。

反対に、つま先に体重を乗せて、腕を上に上げてください。その姿勢で呼吸をすると

・呼吸するたびに、肩がゆらゆら動く

のが分かります。

「つま先に乗せる」「肩を前に出す」ことを行うと、胸の筋肉に力が入ります。呼吸をするたびに胸の筋肉が動きすぎてしまうため、肩が動きます。

肩を後ろに引くと、背中側に体重を乗り、背筋が楽に伸びます。そのため、呼吸する際に、働く筋肉量が広範囲になります。

腕を上に上げても楽に呼吸ができるはずです。

呼吸の面から見ても、肩を後ろに引いた打起こしを行えば良いと分かります。

拝むように打起こしをすると、肩は下がり、腕は楽になり、腕も背筋も伸ばし続けることができます。

そして、胴造のぶれが少なくなり、呼吸もしやすくなります。その上でこの質問に回答します。

何度の打起が正解?

よく打起では、何度が適切な角度か意見が別れます。

弓道教本は45度が適切と書いてあります。

(弓道教本一巻:射法八節図説より引用)

しかし、実際の弓道の現場では、「30度(額の少し上)」を適切と言う人もいます。このように、額より拳半個程度で打起こしを止めている先生もいます。

あるいは、「とにかく高く上げなさい」と解説する人もいます。

どれが答えや?と思うかもしれません。

正解は「どの上げ方でも肩を楽に打起できれば、その打起は正解」といえます。

30度にしても、45度にしても、腕が楽にかつ次の動作に移れる打起こしが打ち起こしの正解

と言えませんか。

踵をふみ、両腕をより合わせ、肩を後ろに引いて打起こしをしてください。30度の高さでも45度でも、どの高さでも肩が楽なことがわかります。

だったら、「適切な打起こしの角度」を考える必要なくないですか?

角度に囚われるから、打起こしがわからなくなるのです。重要なのは、「上げかた」です。

どれだけ、綺麗な型を維持して打起動作をしても、最初の上げ方で「腕に力が入る」上げ方をしていては、次の引分動作で余計な力が入って型が崩れます。

だから、角度ではなく、上げ方が大切です。

「骨格によって打起こしの適切な角度は異なる」と言う意見に対する回答

とよく言われます。

その「骨格によって適した打起こし」なんてどうやって証明するのでしょう?

○○度になった瞬間に気持ちが引き締まり、気持ち的にしっくりくる打起は存在するでしょうか?

証明できないし、探すこと自体に価値がありません。

ですので、

両腕をより合わせれば、両肩が後ろに引ける

肩を後ろに引いて、高く打起こし

すれば良いです。そうすれば、

・腕が楽になって高く上げられる

・最初から肩を後ろに引いておけば、身体は前にも後ろにも動かない

・呼吸がしやすくなって、身体がぶれない

・どの角度でも(30度、45度)次の大三に移りやすくなる

ようになります!

理想の打起は、範士の先生がすでに説明している

では、この内容を頭に入れて、教本二巻を読んでみましょう。ほとんどの先生の内容が、上記の内容と同じことを言っていることがわかります。

まず、弓構えで両腕をより合わせるように動かします。その延長線上で拳に近づけて上方に上げていきます。

そして、弓の上部が倒れ、弓の下部が下から上に持ち上がるように動きます。

この拝むときの、拳が上がる力と弓の下部が上方に持ち上がる力が合わさって、腕力を使わずに上げることができます。

そして、

弓が上がりながら、身体が沈むような感覚を得られる

ことがわかります。

千葉範士:拳だけが上がり肩根が下がるようにし、体を地(床)を埋めるがごとく(二巻、P105)

高木範士:弓の末弭を天を突くよう、身体は真直ぐに地の中に沈んでいくよう(二巻、P108)。

高木範士:二巻、P111にも同様の文章記載。

松井範士:三巻、P108の2、3行目に同様の表現記載。

冨田範士:三巻、P109の1行目に同様の表現記載。

では、拝むように拳を上げて、弓の下部の力を使って、腕を上げていけば、どのような形態の打起をすることができます。早速やってみましょう。

最初は、額より少し上の打起をやってみましょう。これは、楽ですね。

松井範士:頭上の線まで上げるのである(三巻、P107)

次に、この打起より少し高めまで額より拳一個の打起をしてみましょう。この高さも問題なく打起すことができると思います。

千葉範士:目通りより下にならず、やや上が望ましい(二巻、P109)

高木範士:できるだけ高くと言っても、両肩の上骨を結ぶ線と、会の時の矢との二線を含む延長線上が、その目標として適当と考えられる(二巻、P111)

最後に、慣れてきたら宇野範士のように、高く上げながら左手を押し回す打起も行ってみてください。

宇野範士:紀州竹林派の打ち起こしでは弦を正中にして引き分けながら左斜に打起こす。(二巻P107)。

宇野範士:この時、左手は緩やかに押しのばし右手は上膊に力を持たせ、額の高さまで静かに打ち掲げる。

この打起こしの仕方を、別名「左横打起」とも言われます。

祝部範士:弓の本弭は左膝頭に乗せたまま、弓を左に引き廻して、打起の第一節を行う(三巻、P105)。

冨田範士:三巻、P108の6行目に同様の表現記載。

なお、宇野範士、祝部範士の打起の仕方は、正面打起と動きが違いますが、最終的には、「どちらも同じ感覚」で打起ができるようになります。

祝部範士:正面打起のものは・・・・(具体的なやり方が記述)・・・左横打起しの方法とは上と下との差こそあれ、全然一致したものであることに異論を挟む余地はなく(三巻、P105)。

左手を押し回しましたが、この時の位置は「大三の位置」とほぼ同じになります。これは、斜面打起の適当な高さと同じ位置になります。

大体、額の辺りに右拳がきて、左腕が突っ張らない程度に伸びている状態に落ち着きます。この時、左右の拳の高さは平行、左手がやや下に落ち着きます。

宇野範士:矢のむきは体の向きと平行をなし、矢先は安土に向い、「水流れ」の程度に下がるのが良い。左肘の左側に見定め左手は突っ張らず、右拳は額の辺にとどめる。(二巻、P111)

浦上範士:宇野範士同様、「左右の拳は水流れ程度」「右拳は額のあたりに落ち着く」と記述あり。(二巻、P111−112)

これは、正面打起でも同様に、左右の拳の高さはほぼ平行に揃います。

高木範士:二巻、P111の12行目に同様の表現記載。

松井範士:三巻、P108の1行目に同様の表現記載。

と言うことで、「拝むように拳を上げて、弓の下部を持ち上げて」打起をすると、どのような角度でも打起できるし、スムーズに大三動作に入ることができます。

ただ、左横打起がやり辛い場合、祝部範士のように、「少し左手を先に伸ばし気味にしておく」ようにするのも一つの手です。

祝部範士:体質的に左手の弱い人は、左を助けるために左寄りであって良いはずだが、何れにしても左斜上が便宜便法の場所たることは間違いない(三巻、P105)

すると、なぜ、「打起動作にけちをつける人」が打起の本質がわかっていないかがわかります。

それは、楽に上げる打起の仕方が分からず、自分にとって上げやすい打起でなければ、次の大三動作に入れなくなってしまっている可能性があります。

例えば、鈴木範士は「左横打起は反対」と記されています。

鈴木範士:「正面より徐々に引き分けしつつ左斜に上ぐ」と言うことは、良法とは言われない。なぜならば、引分つつ左斜に上げると言うことは、非常に力を要するのみならず。(三巻、P103)

これは、左横打起が問題ではなく、鈴木範士の打起の意識が間違っているからやり辛いのです。

その証拠に、次の文章をみます。

鈴木範士:打起はなるべく両腕を前方に伸ばしつつ、胸を張らぬようになし

と記されています。

だから、鈴木範士は「左横打起こし」をやろうとすると、左手に力が入ってしまうのです。

鈴木範士は、胴造の説明で「息を止めて腹に酸素をみたす」と記述されています。この上で、両腕を打起こしで前方に伸ばすと記されています。

この二つの動作を行うと、姿勢が前屈みになりやすいとわかりますか?両腕を前方に伸ばすと、肩が前に巻かれて少し猫背の状態になりやすくなります。

猫背になると、左手を外方向に回す運動がしずらくなります。

猫背は「腕を前方に伸ばす運動」はしやすいです。しかし、大三動作のように「腕を左右に伸ばす運動」はやり辛いです。

したがって、鈴木範士の文章のように「腕を前方に伸ばす」と言うことはできます。

しかし、それを行ったからと言って、次の大三動作はやりずらくなるだけです。かつ、鈴木範士ご自身が言うように「左横打起が良法と言えない」くらいに、左手を押し回しにくくなります。

だから、鈴木範士の打起のやり方はやらない方が良いです。打起こしの構えだけができるだけで、大三もやり辛いくなり、いろいろな打起もできなくなります。実践的ではないとわかります。

このことも祝部範士は、丁寧に主張されております。

祝部範士:打起の場所と言うのは、そこから引き廻して、同時に会に入るに都合の良い点であらねばならない(三巻、P105)

祝部範士:力み勝ちになるものの多いのは、いくらか観念の持ち方に支障されているのではないか。ただ左上に移すだけだから、よろしく軽く軽く運ぶべきものであることは、左横の人が静かに軽く弓を持ち上げる気持ちと同様であるべきである(三巻、P106)

おそらく、どの打起も、「拝むように拳を上げて、弓の下部が持ち上がる」ように動かせば、楽に行えることがわかります。

さらに、「拳は拝み、弓を持ち上げる」ように打起すると、最初は弓は斜めに傾いていた物が、上に上がるにしたがって弓が垂直に立つようになります。

千葉範士:打起こす際は、上下の鉾が前後せぬよう真っ直ぐに、体と平行になるようが良い(二巻、P109−110)

高木範士:弓全体として左へも右へも片らぬように、身体の真前に打起こすことが肝要である(二巻、P112)

さらに、上記のように打起をすれば、腕力を使っていないため、「どこまでも伸び続けている感覚」を得られます。

千葉範士:打起気持ちとしては、止まるのではなく、どこまでも上に伸び続けている気持ちがなければならない(二巻、P105)

松井範士:肩から持ち上げる気分になると、体勢が上吊り気息が胸につかえて来るから、極めて自然に弓の末弭を真っ直ぐに引き上げられる感覚で(三巻、P107)

あるいは、楽に上げている時は、脇下の筋肉が伸びる感覚を得られます

神永範士:肘下と脇腹の角度を広げるように「打起」をすれば、ひかがみが伸びて足裏がそれに響きこたえて、下半身が生きてくる。(二巻、P105)

腕の筋肉が弓によって伸ばされたら、背中も伸びる感覚を得られます。

神永範士:両肩を前に張り、体の芯を伸ばすようにして、弓懐を保って(二巻、P106)

高木範士:両腕の後ろ下側の筋・背部の筋・腰の後側の筋・脚部の後側の筋が幾分い引っ張られる気味に感ずる(二巻、P108)

さらに、腕も背中も伸びるため、気分的な部分も活気の富んだものになっていきます。

高塚範士:気宇は旭日の如く活気を孕み、身体は大地の如く重く、しかも郁々たる気量に満ち(三巻、P111)

そして、拝む打起こしは、両拳が上がると同時に、肘が少し下がるため肩が楽になります。したがって、両腕に必要以上に力が入りませんね。

宇野範士:全て円相が尊ばれ、形の上にも動作にも丸味が必要である。(二巻、P106)

松井範士:両腕に幾分の丸味を含んで軽く伸ばしながら(三巻、P107)

冨田範士:左手をツクに伸ばし切って打起し、右手ばかりにて引き分けるものがあるが、これは片取りになり、最も嫌うべきことである。(三巻、P108)

肩が楽であるために、呼吸も落ち着いていて、平静に保つことができます。

神永範士:気息は腹に気持ちを置いて自然に任せ(二巻、P107)。

高木範士:自然に吸引された状態で、胸腔内の圧力は全身の緊張と同調することができるのである(二巻、P108)。

宇野範士:息合は普通平静を可とする(二巻、P106)。

詳しく言うと、呼吸は吸いすぎるとだめですし、

高木範士:特別に強く吸引すると、肋間筋や横隔膜などの呼吸補助筋が働きすぎて凝りが生じ、射の動作の円滑を欠いたり、息が詰まったり、また力むことになり、射の円滑に背反することになる(二巻、P109)。

息を吐きすぎてもダメです。

高木範士:息を吐き出す時は、胸腔内・腹腔内の圧力が低くなりすぎる結果・全身の緩みとなり(二巻、P110)。

両腕の動くスピードは自然とゆったりの速度になる

両腕の力みが抜けて、呼吸も整っている状態で打起こしをすると、「スピード」は速すぎず、遅すぎずのゆったりの状態になりますね。

浦上範士:「打起こし」上げ始めは静かに、中程で早く、終わりは静かに止めるのであるが、左右の手を撓まさないように三分の一の矢尺を保ち、前方に曲線を描くようにする。

冨田範士:打ち起す動作の速度は、

では、打起こしの説明の文章で誤解+わかりにくいところを正していきます。

神永範士の「平なA型」は肘を張って行うのではない。

神永範士の「平らなA型」は肘を張って打起こしするのではない

と頭に入れてください。

その文章を解説すると、

神永範士:正面打起こしの場合は体格によって差異があるが、両肩が浮いて体が反らないようにつとめ、前膊をなるべく高くする。肥満している人ほど肩甲骨を広げるようにし、両肩を前に張って行うのが良い。

打起こしした時に前から見て両拳のなす角は縦のA型にならないように、両肘の外側を柔らかく張って上から見て平たいA型になる(二巻、P110)

この写真を見ると、左が「正しくない形」、右が「正しい形」と書いてあります。

だから、肘を吊り上げるようにするのが適切な打起こしと思いたくなります。

だから、弓構えの時に、「弓構えでは肘を張って、円相をとって」と肘を吊り上げさせる指導者がいるのもうなづけます。

しかし、間違っています。

写真で見ると、「前から見て、平らなA型」を作って欲しいと言う風に、打起こしを解説しています。

そうではなくて、文章を見ると、「上から見て平らなA型」と記述されています。

したがって、この文章は「前からみて肘が吊り上がるように打起こしをして」と言いたいわけではありません。

上からみて平なA型ですので、両拳をできるだけ体に近づけて打起をしてください。と言っているのです。

では、そのようにするためにはどうすればいいか?拝むように打起こしをしてください。

両腕を外側に廻してください。そして、両拳が近づけながら、腕を上げてください。そうすると、前から見て「平らなA型」になりますね。

解剖学的に、両腕に負担のない腕と角度の関係があります。「前から見て両腕の角度が45度、上から見て30ー40度」の腕の角度が負担がないと言われています。

これを専門用語でゼロポジションと言います。

もし、拝むように打起こしをし、両拳を近づけて腕を曲げれば、ゼロポジションの状態になるため、腕の負担はなくなります。

腕が近くなって腕も楽になり、身体が沈むように打起こしもでき、呼吸も楽な打起こしですので、神永範士の提唱する打ち起こしは「合理的」であるとわかります。

しかし、今日の弓道の指導で使われて、全国の道場で貼られている射法八節の打起の図は、解剖学的には間違っています。

「前から見て45度」は正しいです。しかし、上から見た時に、30−40度の角度になっておりません。

したがって、教本のや公共の体育館道場で貼られている打起をしても、解剖学的に腕の力が抜けることはありません。

引き分け以降、綺麗に弓を引けなくなります。軽い弓しか引けなくなり、いずれその弓も引けなくなります。

今日の弓道関係者は9割以上の方が教本二巻以降を読みません。したがって、一巻の解剖学的に問題がある打起が正しいと信じてしまいます。

さらに、教本二巻の神永範士の説明文と写真が一致していないところなど、非常に不透明です。

ですので、弓道連盟の高段者、指導者は自分たちの知識が正しいと思い、人のやり方を押し付ける前に、まず「自分たち」のやり方を振りなおせと言いたいです。

ここまでくぎを打つ理由は、良い射ができるかどうかは「打起」で決まるからです。

良射を目指す人ほど、いかに打起で無駄な力みや動きを減らすかを考えます。しかし、今の弓道連盟の発行されている本を正しいと押し付けていては、そのようなことも考えられないし、そもそも内容が読み取りにくいです。

こんなずさんな文章や内容ではいかに弓道連盟の指導では、弓道がうまくならないかがよくわかったと思います。

正しい知識を身につけ、根拠のない指導は無視をし、時には意見をして聞かないようにしましょう。

これだけ不透明でわかりにくく文章を解説している本に「正しい」と言って人にやり方を押し付ける権利はさすがにないのですので、

では、ここまでの内容を理解し、次の引き分けを実践していきましょう。

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内