胴づくりで「首を伸ばして、両肩を落とす」作業を理解する方法

質問、 高校生
<そこで今回お送り頂いた動画を見ていくつか質問があります。動画でよく言っている「首を伸ばして両肩を落とす」とゆうのがいまいち感覚が掴めなくて困っています…
 
 毎日真面目に稽古をしていれば、「首を伸ばす」はわからなくても問題ない
あぁ、わからないですか。それならやらなくて大丈夫です。

高校生でかつ毎日引いている場合、姿勢はできていると思います。だから、突き詰める必要はありません。心配ありません。頭から消してください。やらなくて大丈夫です。

首を伸ばして肩を落とす作業は、ある程度経験を積まないとわからない感覚です。わかりにくい内容や知識はあまり手を付けないようにしましょう。

高校生の場合、体力はまだまだ、丈夫です。年を取ると、姿勢を取る場合、むりして背筋を伸ばそうとしたします。、それを解消するために首を伸ばすと表現してあります。高校生にはあまり関係ない話ともいえます。
 
 胴づくりで大切なのは両肩を落とすこと
もし、やるとするなら、「首を伸ばす」はやらなくていいです。首は理解するのが難しいので、それより「肩の方」がわかりやすいです。
 
胴づくりでは息を深く吐いて両肩を落としてください。落とし方は力を抜くだけでいいです。要するに、力を入れないだけでいいです。そのときに胸周りが少し落ちて楽になる感じが出れば問題ありません。

イメージでは、両肩を思いっきり上にあげてあげて~、一気に脱力すると肩がストンと落ちますよね。あれを、肩を上げないでやるイメージです。要するに、肩を脱力して無用な力を抜いてください。

もし、「首を伸ばす」を正確に理解したい場合、なるべくわかりやすく解説した動画があります。

https://www.youtube.com/watch?v=8kRlOUUpCH0

この動画を見て、首の動かし方を研究してみましょう。

理論弓道資格講座

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内