弓を負担なく押すには:親指と人差し指にの間弓をしっかりはめる

引き分けでは、左右対称に両こぶしが動き、矢筋に力の方向が働くように弓を押し開いていく必要があります。そのためには、引き分けでの手の内の形や収まり方を理解し、実践する必要があります。

 

ここでは、引き分けでの手の内の形と収まり方について解説していきます。

 

 引き分けでは「中押し」が適切な押し方となる
引き分けでの左拳は力がかかりすぎず、右拳と同等の力で弓を押すことが大切です。そのために、押し方は「中押し」が理想とされます。手の内で中押しをするための条件として以下のものがあります。

 

 内竹が拇指と人差し指の間にはさまる
 
この動作が実行できると手の内での「中押し」を行うことができます。

 

上押しならず、またべた押しまらず、丹田の力が左肩根に伝わり、中押しの形となり、〜千葉範士〜

 

 親指と人差し指の間に内竹をしっかり入れるには
内竹が拇指と人差し指の間にはさむときの注意点は、左拳をいきなり的方向に向けることです。打ち起こしで前に向いている左拳を的方向である横に向けると手首が曲がってしまいます。すると、親指と人差し指の間に入る前に手首が曲がったり、力が入ってしまいます。

 

すると、控え気味になったり、入っても間の皮がよじられすぎて、押し動作で力みやすくなってしまいます。そのため、親指を入れるときは、弓の握り皮を擦るように、徐々に的方向に入れていきます。最初は、前に押し、そこからジョジョにななめに押していくことで、親指が自然と的方向に向き、弓がしっかり手の内の中にはまります。

 

範士の先生はこれを「押し廻して(おしまわして)」「入れながら」と表現しています。そのため、いきなり親指を入れようとせず、少しずつ入れながら押し開いていくようにするのが理解できます。
 
弓の側面にある虎口を、拇指大指と小指の緩急よろしきの働きにより、「手の内」で回転させながら、弓の内竹の角を大根で応え、小指で締め〜松井範士〜
 
引き分けながら手の内も定まり、会に至るものである〜富田範士〜
 
漸次拇指の根が内竹の右角に弓を擦りながら移行し、中指の爪と重ねられた拇指先の腹は、次第に弓の右側の側木になれついていく〜富田範士〜
 
左手は正面から的の方向に九十度転回しながら、手の内が収まるように心がける〜千葉範士〜
 
左手を押しまわして中力をとるとき・・・・弓の握り革に吸い付くような気持ちで押し廻すと弓のために手のひらの皮が幾分よじられるようになる。このよじられ方があまり強いと、弓の働きを弱めたり握りだしたりして・・・・手の内の働きを弱められる結果となる〜高木範士〜

 

このように、引き分けでの手の内では、中押しが理想とされます。そのためには、親指と人差し指の間が弓を押し廻すように動かして内竹にしっかりはまることが大切です。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ