紅葉重ねの手の内で今より弓を押しやすい拳を作る

手の内の説明有名なものが二つあります。一つは小指、薬指、中指の爪先をそろえ、弓の右側木を天文筋に当てる「十文字の手の内」と日置流の射法にある「紅葉重ね」の手の内があります。

 

紅葉重ねの手の内を理解すれば、押手の内容の理解がさらに深まり、押手の技術を向上につながります。ここでは、あまり弓道本の説明では詳しく説明されていない「紅葉重ねの手の内」を説明します。

 

紅葉重ねの手の内は斜面で有効な手の内
紅葉重ねの手の内は「斜面打ち起こし」という、弓構えで左拳を少しななめ前方向に押している形からスタートします。以下に紅葉重ねの手の内の説明です。

 

点線を持って示した@虎口(とらぐち)の中心を弓の握り部の前竹の右七分、左三分の辺に、握ろうとする部分よりわずか下に当てます。そして、点線部の皮をめくりこむようにかつ弓に巻きつけるようにして、しっかり弓に押しつけます。

 

 

次にAの天文筋という筋を弓の外竹の左側に当てます。この状態で少しも緩めることなく、小指、薬指、中指の順になるべく拇指に近づけて握ります。中指が入りにくい場合は親指を上げずに、薬指との間に押し込むようにします。

 

 

この握り終えた形を「紅葉重ね」の手の内と言います。

 

紅葉重ねを面打ち起こしで応用する
しかし、この紅葉重ねの手の内は斜面打ち起こしでの説明なので、正面内打ち起こしに応用するためには、少し弓を当てる場所を工夫する必要があります。弓と接触する場所を変えることで、紅葉重ねの手の内がしやすくなります。

 

具体的には左手の天文筋に弓の左側木に当てるのではなく、小指の付け根に弓の左側木に当てます

 

 

ここに当てると紅葉重ねの手の内と同じ感触で弓を押すことができます。この小指の付け根に弓を当てて、打ち起こしします。

 

そして、大三、引き分けを取るときに、中指以下の三指を動かさず、拇指だけを滑らすように押していきます。弓を当てる場所を小指側にすると、弓と親指根の間に少し隙間ができます。これにより、打ち起こし→大三に移るとき、拇指根を弓の右側木に入れやすくなります。

 

こうなると大三で弓を押すというより、親指で左手を覆いかぶさるような形になります。これが紅葉重ねの手の内の正面打ち起こしの応用型です。

 

このときに、引き分けで押していくときに親指をさらにいれていくと小指が閉まる感じがあります。この小指の締まりが拇指根の押しを助長し、押しがより効きます。

 

 

以上ポイントをまとめると、弓の左側木を小指の付け根に当て、打ち起こし→引き分けに移るとき、中指以下の三指を動かさず親指で弓の右側木をおおいかぶさるように押す。これにより、紅葉重ねの手の内が完成します。

 

正面打ち起こしの紅葉重ねの手の内で気をつけたいことは「上押しを効かせすぎない」ことです。親指で押しやすい、小指で締めやすい、これらが合わさって、押すときに上押しを効かせすぎる手の内になっています。

 

昔、この手の内は掌が小さい人でも上押し効かすよう矯正するために使われていました。すでに手の内に問題ない人がこれを行うと、上押しが効きすぎて矢が下に行く可能性があります。そのため、いろいろ模索して、自分にあった手の内を見つける一つの手段としてとらえましょう。

 

このように、紅葉重ねの手の内を理解することで、押手の押し方の理解が深まって射技の向上につながります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ