弓を上達させるなら、いろんな流派の射法を勉強しよう

 

現在、弓道人口は年々増加し、将来、高齢化社会が進む中、幅広い年代の人ができる武道として弓道は注目されています。

 

今後、弓道の人口が増え、昇段試験や射会に出場する方が増えると、個人個人の上達する方法、指導者なら知らない人に教えていく機会がこれから増加していきます。

 

弓を上手くなるにはどうすればよいのか?と質問すると、多くの指導者は「とにかく稽古をする」とこたえると思います。では、弓道はただ、教本の内容に従い、稽古をしていれば、本当に上達、レベル向上につながっていくでしょうか。

 

答えはNoです。おそらく、あなたが教本の内容を取り込み、稽古すればするほど、もしかしたら、弓道の実力が下がっていくかもしれません。

これにははっきりした根拠があります。それは、弓道では自分で自覚していないと引き方がいつの間にか変わっている武道だからです。

 

たとえ、そのとき、キレイな射形を手に入れたとしても明日同じような射形になるとは限りません。そのときは良かったとしても、なんでその射形が良いのか?それ具体的にどこなのか?これがわからないと知らない間で射形が崩れています。

 

実際、段をとった人ほどこういった現象が多いです。高段になると、周りで射形を注意されなくなります。

 

そうすると、自分でそのとき、段をとったとき、そのときの射形はよくてもそれの直し方、何が良かったのか理解していなかったら、結局また同じように元に戻ってしまいます。

 

例え、自分で原因「何か肘がおさまらない」とか「離れでどうしてもゆるんでしまう」と原因は自分でわかっていてもそれが一体どうしたら直るのか?直す方向性がわからなければ、射形はなかなか直らないままです。

・実力を落とさない、さらに上げる射をするなら流派の射法で「射」をさらに研究する
弓を引く、ただ引くのではなく、的中がより高めたい、もっとキレイに引きたいなど、弓道の実力や弓の引き方を変えるには稽古+αが必要です。

 

そして、その+αとなる弓の上達方法の一つに「いろんな流派の弓道本を読んで理解度を高める」が挙げられます。

 

弓道という言葉も、戦後作られたもので、昔は地域によって流派があって、その流派独自の進化をしてきました。

 

中には礼を重んじる弓術や、ひたすら的中率のことだけを考えた弓術や、弓の引き方を合理的に、体の使い方に研究した流派などがあります。

 

その中の弓道の引き方、体の動かし方、言葉の説明は現代の弓道本と大きく違います。読み解いて、理解することができれば、今より確実に弓道がうまくなります。

 

今の弓道教本でいわれている八節、射法の技術的な解説、そのときに出てくる言葉、これらは全て「何かしらの流派」での射法説明に載っていたものです。

 

そこで、教本に載っている弓道の言葉や知識ではなく、その言葉や知識を詳しく解説し、中の深い内容まで掘り下げて説明した流派の射法を勉強した方が、さらに弓道の内容が理解でき、自分の射に多いに生かすことができます。

例えば、小笠原流の射法を見れば、八節の動作が一番見た目キレイに見える形とは具体的にはどういうものか?教本より詳しくわかります。

手の内で押し方はどうか、そういった内容は日置流、尾州竹林射法を見ると、教本より詳しく学ぶことができます。

教本にはその射法のやり方は書いていますが、中の詳しい内容までは書かれていません。そのため、教本の言葉は何も中味のないまま受け止めてしまうとかえって射の混乱をまねくことになります。

今回は、小笠原流、日置流、尾州竹林など、昔の流派の射法や説明を内容をまとめ、さらに、その流派では説明しきれなかった部分を自分の読んできた別の弓道本と経験から説明を足して、紹介していきます。

私のHPにのっている内容もすべて、いろんな流派の弓術書や弓道本を読んで、胴づくりのしかたから取り懸けのしかた、弓の引き分けかたまで流派でいわれてきた内容をまとめ、自身で実践し、説明したものです。

流派の射法について、教本以上に深く書かれているサイトはここしかありません。各流派の射法を読み、引き方の内容をより深く学ぶことで、射技が向上し、的中率の向上にもつなげることができます。

もう一度言います。弓道は教本とただひたすら稽古だけでは、弓道教本に載っている抽象的でよくわからない言葉に惑わされて、かえって射を悪くする可能性が非常に高いです。

 

そのために、実力を落としたくない、射を今より向上したいと少しでも思うのなら私のHPに乗っていることを全て吸収するつもりで稽古に励んでください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ