弓道は他の武道に比べて、優れた習い事である根拠

社会人が行う習い事の中で、人気のあるものとして「武道」があり、弓道も含まれます。弓道は社会人になってからも比較的始めやすく、取り組みやすい習い事です。そして、勉強していけば、高齢者であってもよく引けて、よく中る弓道家になることができます。

私は高校時代から弓道を続け、その間で他の武道も経験する機会がありました。時間がたつにつれ、自分が将来何を究めたらいいのだろうかと模索した結果、結局弓道を続けることを志しました。なぜなら、弓道が他の武道より圧倒的に優れている点があったからです。

実は、弓道は他の武道に比べ、優れた習い事であるとわかります。「型」、「理論」、「実践」の三つがバランスよく盛り込まれている武道であり、モチベーションを高く続けられます。これらか弓道をはじめる方は、ぜひ以下の記事より「弓道」が優れている部分をご理解ください。

型ばかり多いと勉強ができない

武道の中には、「型」の美しさを求めるものもあり、例えば「居合」などが該当します。まず、型や動きを分解式にしながら覚えて、何も意識しなくても型通りの動きができるように稽古します。

しかし、こういう型の美しさを求めた武道には「型の動きを実践できる場が少ない」という欠点があります。

居合の場合、「巻きを日本刀で切る」などの稽古もありますが、そのような実践的な稽古は少なく、古式の動きを覚えることが大半です。そうすると、その型が実際にはどのような生かされるのかがイメージしずらいです。そのため、行っている武道の動きを研究したり勉強する幅が狭くなります。

例えば、私がかつて所属していた弓道連盟の中には、居合を稽古していた方がいました。その方は居合をやめており、なぜやめてしまったのかの理由を聞いたら、「型ばかりの稽古で面白くなくなった」と言っていました。このように、型の美しさを求めすぎると、その武道に対する好奇心が薄れてしまうため、続ける意欲が沸きにくく、長続きしないという欠点があります。

一方、弓道の場合は、弓の引き方を覚えて、実践する場が「射場」に当たります。射場に入る作法ばかりではなく、矢を真っすぐ飛ばすために模索したり研究したりしなければいけません。地道な作業に思いますが、多少自分の覚えてきた「動き」を実践する場があったほうが習い事としても面白いです。そうして、型の重要性や行う意味を再認識させられます。

弓道は一人でも稽古できる体術のような実践的な武道は一人で稽古できない。

次に、弓道が他の武道と優れている点が「一人でも十分稽古できる」ことです。

例えば、実践的な武道の例として、柔道、剣道などがあります。これらは人を相手とするため、自分の生かした知識を生かせる場面が多いです。ただ、柔道や剣道の欠点は人がいないと実践的な練習ができないという問題があります。

例えば、柔道であれば、相手と技をかけあう「乱取り」という稽古があります。初心者から剣道や柔道を始めるなら、こうした稽古を始めに何回も行います。しかし、仕事が忙しい、なかなか道場に来れないといった問題が起こると、自宅で一人で練習することになります。ただ、柔道や剣道は一人では練習できず、本を読んだり動きを確かめたりすることになります。これでは、なかなか実力を伸ばすことができません。

しかし、弓道の場合は一人でも稽古ができます。道場に行って誰もいなくても的に張って自分でできます。弓をもって変えれば、自宅で弓の練習をすることもできます。

例えば、私は雪や雨がひどくて道場にいけない日は、本を読んで弓の引き方をけんきゅうします。そして、自宅で弓をもってその動きを確かめたり試したりします。このような研究を行っておくと、実際に射場に立ったときにその動きを覚えており、弓が引きやすくなります。

つまり、弓道は一人で稽古できるため、仕事が忙しい日であっても練習をすることができます。これが、柔道、剣道のように実践的な要素が強い武道であると、やることが限られてくるのです。

女性も取り組みやすい

さらに、弓道は女性が始めやすいというメリットもあります。

例えば、弓道の大会や射会を見ると、男女混合で行われます。一見当たり前のようにされていますが、他の武道の場合は男女別で行わるケースが多いです。なぜなら、男性と女性では体力も筋力も差があるからです。
そのため、柔道、剣道、弓道といった武道は、体力や筋力があれば、速く動きや型が覚えられます。しかし、筋力が弱かったりすると、動きや型を覚えるのに余計な力みや無理が多くなってしましまいます。投げ技や竹刀の扱い、こうした動きは何回も反復して行わなければいけません。運動神経に自信おある女性であれば話は別ですが、筋力が弱い場合、不利に働く場合があります。

そこで、弓道の場合、弓のkg数(強さ)を軽くすることで問題を解消できます。たとえ、弓のkg数が軽かったとしても、矢は真っすぐに放ち、的に中てることは十分に可能です。弓道はこのように、力によって有利不利が出ないため、どのような方でも実力を伸ばすことができるのです。スポーツ未経験の方であっても、弓の引き方をきちんと学べば実力は伸びていくのです。

もしも、女性がやるのだとしたら、弓道であれば早く始められます。弓道は、男性と対等に戦えるきわめて稀有な武道といえます。

・弓道は「型」と「理論」と「実践」がすべてバランスよく盛り込まれている。
以上のように、弓道は他の武道に比べて、「実践」と「型」がバランスよく盛り込まれています。

一人でも十分に実力を伸ばすこともできるため、続けやすい武道といえます。

社会人になって弓道を始めてみる人が増えているのも、弓道の場合はいろんな工夫ができることが挙げられます。いろんな工夫を取り入れれらば、効率よく実力を伸ばすことも可能です。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内