弓道の優れている点~的を狙うとは~

弓道が他の武道より優れている点は一人で稽古できることです。具体的には、弓を家に持って帰って一人で弓を引きます。これを「素引き」と言います。

他の武道なら、このひとりで稽古することは限界があります。人を相手とする武道ならまず人がいないと実践的な稽古はできません。

弓道の場合なら、この実践的な稽古も巻き藁という道具を使って一人で稽古できます。なので、社会人など時間がない人、近くにたとえ道場がなくても弓と巻き藁を買ってしまえば、練習量がかなり稼げる武道です。

 的に中てる正確性を求められる武道
弓道の大会では的中率を競います。段級審査でも的中率を見ます。弓道は「的に中てる」という目的があります。この、的に中てるということはどういう意味を示しているかみなさんわかりますか?

弓道はねらい目が5ミリずれたら的から外れてしまう武道です。弓道は正確性が求められる武道です。

的に中てるためにはどうすればよいのか?自分の体が真っ直ぐで、弓を引いているときに、どこにも変な力みがなく、ねらい目がしっかりあっていて、まっすぐ離れれば、的に当たります。

的に中てるということは、相手を倒すとか点をとるとかそういうのではなく、「自分の姿勢がちゃんと整っているのか?」を見る武道です。

いくら、弓を引いていても、その姿勢が上に傾いていたら上に飛ぶし、下に傾いていたら下に飛んでしまいます。

つまり、的中率自身を求めるのではなく、「自分の姿勢がちゃんとしているか」を見る目的もあります。柔道や剣道ではまた別の目的があります。

弓の目的は射型や射技の向上です。射型とは引いているときの形。射技とは、弓における体の使い方です。その向上のためには姿勢や、心構えにが必要になってきます。姿勢がしっかり整っていれば、しっかり的は真っ直ぐに飛び、的を射るでしょう。

そして、そのしっかりとした姿勢をとるためにはいろんなことを考えて、弓を引かなければいけません。足に力が入れば、姿勢は上半身が反ってきて、大きく引き込むことができす、矢が勢いよく飛びません。手首に力が入れば、離れたときに手首でブレが出て、的をはずします。

つまり、めちゃめちゃブレることが許されない武道ということです。見ている人には伝わらず、やっている人がいろいろ考えさせられるところです。

ブレを出さないように出さないように、体全体を使って弓を引いていきます。体全体で引けば、どこにも力の力み、片寄りがなく、真っ直ぐ矢を放つことができます。これが射型です。

次に射型をキレイにするにはどうすればよいのか?どう意識して、弓を引けばよいのか?押す方向はどういう方向に押せばいいのか?これを考えるのが射技です。

的に中る中らないとは、自分の姿勢が今、どうなっているのか?そういったことが求められる武道なのです。これを弓は柔道や剣道に比べて「相手が敵」のではなく、「自分自身が敵」と言われるところかもしれません。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内