正しい弓道教本:会

次に、会の内容を説明していきます。

会の内容に入る前にこれまでの内容を振り返りましょう。まず、引き分けで

・いないいないバァをして両腕を外側に開く

・そのまま開き続けて、右肘を深くいれる

ところまで解説しました。ここまでできれば、もう「安定した会」を構築できます。

弓道の先生は「会は難しい」と解説しますが、実際は会が最も簡単です。

その具体的な理由を解説します。

■会の抽象的な言葉は、「右肘を深く」入れれば、全てわかる

からです。

会では、抽象的な言葉だらけですよね、例を挙げると、

充実した会、深い会と浅い会、骨法、気力の充実、息合いと伸びあいの一致・・・・・・・・・

は?どう言うこと?何やればいいの?って思いますけど。

これ、右肘を深く後方に入れれば、全て内容理解できます。

では、早速「右肘」に焦点をあてて、これら全ての抽象的な用語の解説をしていきます。

やることはたった一つ。

矢の長さいっぱいに引いてください。

右肘を肩より後方に引き込んでください。

それを前提にすると、適切な会の状態がわかります。

適切な会の状態は

身体にかかる負荷は大きいが、右腕にかかっている負担が小さい

です。

いっぱい引いてい右腕にかかる負担が少なければ?、スムーズに矢を放つことができて、的中を得られます。身体にかかる負担が大きいとは、弓の反発力が強く身体にかかっていることを指します。

この状態を作れば、矢飛びが早くなり、スムーズに離すことができるため、確実な的中を得られる確率が上がります。

例えば、イラストにすると、

小さい引き分けは、右腕に負荷が集中する

ことがわかります。

引き分けが小さいと、腕が身体より前に出ます。すると、弓の戻る力はほとんど全てが腕に集中します。

だから、姿勢が曲がったり、手首がたぐったり、肩が上がったりして、形が悪くなります。

一方、引き分けが大きいと、身体にかかる負荷は大きいです。

しかし、右腕ではなく、肩、腰、首、脇腹などに負荷が分散されます。

なぜなら、矢の長さいっぱい引くと、右肘は肩より後方に入ります。すると、肩、首、脇にも弓の反発力がかかります。

正確に言うと、他の部位にも弓の戻る力がかかるため、相対的に右腕の負荷が減ります。

もちろん、姿勢が崩れれば、右腕ではなく肩や胸部だけに負荷がかかるようにもなります。

しかし、大きく弓を引き続けていけば、そうした一部にかかっていた負荷は分散されていきます。

身体にかかる反発力は大きくなりますが、それに対抗するための筋肉は多種類使えるようになるということです。

だから、結果的に腕にかかる負荷が減るということです。

次にポイントとなるのが、大きく引くので「身体にかかるパワー」が小さい引き分けより、大きくなります。

しかし、身体にかかる負荷は全体に分散されますので、気持ちは安定して会を持てますよね。

そうすると、

1、身体全体を使っているのに、

2、それぞれにかかる弓の負荷が少なくなる

3、さらに、身体にかかる弓の負荷はどんどん上がっていく、

4、それでも気持ち的には安定して会を持てる

とわかります。

これらの内容が理解できると、会の抽象的な用語が全て意味がとおるようにわかります。

そして、矢の長さいっぱいに引けているかの判断方法について解説していきます。

チェックする箇所は「胸」と「左右の拳」です。

もし、矢の長さいっぱいに引けているのであれば、「胸筋が開く」感覚を得られます。

なぜなら、矢の長さいっぱいに引くためには、両肘を背中より後ろに押し回さなければいけないからです。

そうすると、会の際は、胸の筋肉が最も開いた状態=適切な状態と言えるでしょう。

次に左右の拳に力みがなくなります。

弓の負荷が体幹部にかかっているならば、左右の腕にかかる負荷が軽減されます。拳にかかる無駄な力みもなくなります。

つまり、左右の拳が締まっている感覚=適切な状態とも言えます。

このように、矢の長さいっぱいに引けているかの判断は

・胸が開いている

・左右の拳が力まず、締まっている感覚になるか

の二つで判断するようにしましょう。

「骨で押す」とは、筋肉に負担がなく押すということ

「骨を射る」とも言われますが、この言葉は「筋力を最小限に抑えて押すことができれば、関節で支えているだけでも十分押せる」と言う意味です。

例えば、腕を伸ばす筋力が10発揮できるとして、8の弓の反発力がかかったとします。

この場合、腕を伸ばす筋力を8使えば、弓の反発力に対抗できます。

しかし、会では、常に弓の反発力がかかるため、一度使った筋力を持続的に保たないといけません。

であれば、筋力だけでは会は持ちませんね。筋肉が持続的に力を発揮できる時間は解剖学的に20−30秒程度だからです。

1射2射くらいであれば、筋力でも問題ないかもしれませんが、これでは自分の体力が持ちません。

そこで、矢の長さいっぱいに引き、腕以外の箇所の筋肉も使って、腕を伸ばす力を2、3くらいで8の弓の反発力に対抗できたらどうでしょう?

先ほど説明したように、様々な筋肉を広範囲に使えば、このような環境を作ることはできると想像できます。

その場合、なぜ腕は弓を押せているのでしょう?

それは、自分の身体の使い方を変えて、筋肉以外の「骨」などの組織を活用して「筋力をセーブして、楽に押せている」からです。

「骨で押す」とは、意識して行うことではありません。

矢の長さいっぱい引き、全身の筋肉を活用して、腕の筋力を最小限に抑えたとします。

すると、腕の関節に限っていえば、腕の筋力ではなく腕関節で支えて弓を押している感覚を得られます。その状態が骨で押すと言う意味です。

次に、気力が充実すると説明されますが、

気力は、矢の長さいっぱい引くことで充実する

矢の長さいっぱい引くと、弓の反発力が身体に徐々に大きくかかります。

すると、背中の筋肉に負荷が強くかかります。

そうすると、背中を介して、脳に多くの血液が流れます。これにより、脳の働きが活性化します。

この状態が「意欲的に物事に取り組んでいる」状態と似た状態を作れます。

気力の充実とは、感情的に「心が心地よく生き生きしている状態」になっていると説明できます。

このような心理状態は、「小さい引き分け」で作れません。

大きく引き分けをすることで、弓の反動が徐々に強くかかるに比例して、集中力も上がってくる感覚を得られます。

さらに、矢の長さいっぱいに引き続けると、

息は持続的に吐き続けられ、筋肉は伸び続ける

ことがわかります。

息合いとは「呼吸運動」が関係します。矢の長さいっぱい引くと、弓の反発により腹部に力がかかるために、自然と酸素が外に出ますね。

全身の筋肉を活用し、弓の負荷を身体各部に分散できれば、それぞれの筋肉の負担は少なくなります。つまり、縮めるのではなく伸ばし続けることができます。

この「息を吐き続けることができる」「筋肉が伸び続けることができる」の「〜〜続けることができる」の部分が一致しますね。

だから、「呼吸の働き」「筋肉の働き」の要素が同じように「ゆったり。長く」活動が続きます。

だから、「息合い・伸び合い」の一致と言われます。

これを今の弓道連盟では、自分にとって呼吸をするポイント、射型が整う「タイミングを合わせる」ことを息合い、伸び合いの一致と説明する場合があります。

そんなことは不可能ですし、そもそもそのちょうどいい案配、タイミングと言う言葉がよくわかりません。

ですので、内容が間違えている可能性が高いです。

そうではなく、働きが一致することです。

そんな、矢の長さいっぱい引いいているのに、呼吸がゆったりになり、さらに筋肉を伸ばし続けることなんて可能なのか?と思うかもしれません。

違います。矢の長さいっぱい引くほど、呼吸もしやすくなり、筋肉も伸ばし続けやすくなるのです。

矢の長さいっぱい引くと、弓の反発力は腕以外に脇腹や肩周り、首周りなどにもかかります。

ここで、脇腹にある「前鋸筋(ぜんきょきん)」が縮むと、肩甲骨が外側に開きます。

この筋肉が外に開くと、腕関節に力を入れずとも、左右の方向に伸ばし続けることができます。

そうして、肩甲骨を外側に開くと、肺まわりにスペースが生まれます。

酸素が体内に取り込みやすくなり、息を吐く動作も楽にできます。

会で筋肉が詰まり、呼吸がしにくくなる理由は中途半端に小さく引いているからです。

大きく弓を引けば、肩甲骨も外に開き、肺周りも広がるため、その働きは長く楽に持続できるとわかります。

詰め合いの正確な用語説明

他に、一致する要素はたくさんあります。

そのように、筋肉を伸ばし続けることができるのは、身体の各部に分散しているからです。

特に、左手、左右の肩、胸、右肘と5箇所に弓の負荷は分散されている方が良いです。これを「5部の詰め」とも言います。

これら五箇所の筋肉が同時に伸び続け、押し続けることができているといいうことは、五箇所に分散して弓の負荷が詰まり続けているからです。これを「詰め合い」と言いますね。

詰め合いと言う現象は単体ではおきません。詰めがある時は、伸びる部分があります。この詰める部分と伸ばす部分が一致するとき、その関節の部位は安定し、動きとして静止します。

これを、自分で筋肉を固めて静止しているのを「関節を詰める」と説明している先生もいます。

違います。「詰め」とは、弓の反発力を身体のどこかに「詰める」の「詰め」です。

自分から関節を固める行為は、全ての武道の世界、いやスポーツの世界でやっていけないことです。

そんなことをしたら、負荷がその部分に集中し、姿勢は崩れるし、その部位の筋肉が力み、集中して弓も引けません。

さらに、弓の働きも常に弓の反発力が身体にかかり続けますね。

小さい引き分けで、引き続ける運動を止めれば、身体にかかる弓の反動力も増えなくなります。

つまり、大きく弓を引き続ければ、

・息を吐く運動が楽に持続し

・筋肉を伸び続ける運動も楽に持続し

・身体にかかる負荷もストレスが少なくかかり続け

・弓の反動も減ることなくかかり続け

そうすれば、弓を引こうと言う「心の状態」も持続しますね。

ですのでこれを、「弓・身・心」の三位一体。

「伸び合い・詰め合い・息合い」の一致

とも表現されます。

つまり、矢の長さいっぱいに引けば、筋肉も呼吸も弓の働きも一体になって、同じように働き続けると言うことです。

このような引き方が理想とされます。

その他の抽象的な言葉についても、全て頭に入れていきましょう。

■様々な精神的用語の具体的な意味をまとめていく

さらに、弓道教本の会の説明には、

隙のない姿勢、総体が締まる・収まる姿勢、八部の詰め

など、精神的用語がありますが、

矢の長さいっぱいに引きましょう。

身体の各部に弓の反発力がかかりますね。

肩や腕だけでなく、体幹部にも刺激をかかりますね。

さらに、両腕に無駄な力みなく弓を引いていくには、「脚で上体と腕」を支える必要があります。

こうして、肩や腕だけでなく、腰や脚と言った箇所(左手、左肩、胸、右肩、右肘、腰、左脚、右脚)、計八箇所の部位に弓の力を詰めた状態になります。

これが「八部の詰め」。

この状態になれば、「五部の詰め(左手、左肩、胸、右肩、右肘)」ができるとも言えます。ちなみに、「総部の詰」も同じ意味です。

このように、筋肉を「伸ばす力」と「圧縮する力」が一つの関節に集中すれば、二つの力は相殺されますね。肩関節に無駄な力が残らず、動きや状態が「収まり」ます。

これが「関節が収まった状態」。

決して、一部の筋肉を固めて、関節を固めた感じにして「収まる」とは違います。「収まる」のは、「押し引きの状態が収まる」です。

次に、「○○が締まった姿勢」は、「皮膚が締まる」姿勢です。

人間の皮膚は脳と繋がっております。生物は、初期の個体から進化する際に、外側の部位(外胚葉)は脳、皮膚、口、鼻などを形成する際に分化します。

皆様も自分の皮膚を冷たい水につけると「冷たい!」と頭の中で思った経験があると思います。「皮膚と脳」は繋がっています。

つまり、矢の長さいっぱいに引き、全身に弓の反発力がかかれば、身体全体の皮膚に刺激がいきます。

すると、感覚として、「総体が締まる」姿勢になります。

あるいは、全身の筋肉に意識が行き渡っている状態になりますので、

いつも以上に、周りの雰囲気や気配に敏感になっている「隙のない状態」

と言えます。

ここまでの内容を聞いて、矢の長さいっぱいに引こうとしたら、

「それは引きすぎ」

と指摘する連盟の指導者、高段者はいます。

はっきりいいます。そのような方は高い確率で上記の抽象的な用語を自分の言葉で説明できません。そのような本を読んだことのない人が、弓道の高段になっているのが現状です。

つまり、このような難しい内容を知らなくても、高段は取得できます。

でも、本書を読まれている真面目な弓道関係者はそのような邪道に染まらず、一生懸命矢の長さを引いてください。

他の弓道教本の先生も皆同じことを揃えて言う。

では、私のお話している内容は妄想でしょうか?

ほぼ全ての弓道教本の高段者は「矢の長さいっぱいに引くべし」と記しています。

矢の長さいっぱい引くことで、「伸び合い」が実現する。

まず、矢の長さいっぱい引くように解説している先生を解説します。

千葉範士:伸び合いは、弓手に定め妻手に締め。

千葉範士:これは、至誠を尽くした不断の鍛錬によって初めて生まれる

持満とは、矢束一杯ひきつめて、放れ際まで息にさはらじ(二巻、P130)

ハッキリ書いてありますね。

矢束一杯にひきつめよと

「不断の鍛錬」と

じゃあ、そのようにしましょう。

宇野範士:左右の肩甲骨が両方から詰め合うように全力を挙げて十文字形に伸び合う(二巻、P134)

神永範士:弓の力が十ならば精神力は十二分に働き、(二巻、P138)

安沢範士:つまり、「大三」より左・右・丹田と三点を結んだ正三角形の無限延長であり(三巻、P145)。

高塚範士:会は引き分けの延長で、整った身心各部の機能が合致し伸びきった頂点が会であり、離れである。(三巻、P150)

祝部範士:大の一は会における矢尺である。ここでは、細説は避けるが、引けるだけ引くことである。(三巻、P151)

引けるだけ引いた矢は、右手の拇指根の外側は、右肩の突角すなわち図示したように、いわゆる肩の外れの点まで来ていて、右腕は背後の方に引き廻した姿を構成する。(三巻、P151)。

教本三巻P151から引用

ほかの先生も同様に「矢の長さいっぱい」引くように、精神も全力に、筋肉も伸長しまくれと記しています。

この文章を「軽い弓で引きすぎないように加減して引いている人」が実践できるでしょうか?

多分むりですね。

勝手にルールを変えないようにしましょう。

これだけの先生が弓や全力で引け、全力で伸びあえと言っています。なら引きましょう。

宇野範士:二センチ、三センチも矢束を引きながら放つようではこれはまだ十分「詰合い」ができていらぬ証拠で(二巻、P134)

この文章の記された通り、二センチ、三センチも引ける余裕があるのにもかかわらずそれで離しているのも「伸び合い」ができていませんよね。

であれば、矢の長さ一杯引きましょう。

と言うことで、矢の長さいっぱい引くように高段者の先生は話していますので、その通りに行っていきます。

そうして、弓を引くと、身体の各部に負担が分散されますね。

矢の長さいっぱい引いたら、まず

腕〜胸、背中まで負担が分散される

であるので、神永範士のように、「前面の筋肉が伸びて、後ろの筋肉が締まる」ような感覚を得られます。

神永範士:体が弓に寄せられながら前面が開いて来るので、これによって後ろ面の張りに対して両肩がはまるのである(二巻、P132)。

安沢範士:背向に無限の働きをするからである、決して矢なりの方向に動くのではない(三巻、P146)。

これはつまり、胸が開くくらいに右肘を外へ外に伸ばすようにしましょうと解いています。そうすれば、胸が開くように力がかかっていると高木範士も解説されます。

高木範士:「真の矢束」とは、離れの時に右拳が会の時の位置より前方を通ることなく、その点より右で幾分後方まで開くような所まで引いた矢束を「真の矢束」と言う。

会の時の弓矢と力の関係を考えると上図のようになる。両肩の骨(S)を支点とし、このSを含む水平面と頬付けのところの矢(P)よりの垂線との交点をPとし、

Pを含む水平面とSよりこの平面の垂線との交点をS’とすると、会の時の力はPS’とPP’の二つの力の合力の方向、すなわち、PSの方向に働いて釣り合っていることになる。

つまり、身体に向かっていくように力がかからないといけません。

このために、いないいないバァをして、左右の肘を左右に広げて、肩より後ろに回るようにする必要があります。

そうして、一番胸が開いた状態を作るときは、右手の角度が上からみて60度くらいの開きになります。

祝部範士:この時の右手の角度は60度、すなわち胸の一番開く形勢でなければならない

教本三巻、P153から引用

ここで注意点があります。胸を開こうとした時に、両腕に力が込められず、がくんと落ちるような感覚が出た場合、その会は失敗です。

それは、胸が開いているのではなく、胸が前に出ているだけです。体重を後ろに乗せて、弓を開くようにしましょう。

神永範士:ガクンと落ちない心遣いが必要で両手の下筋を効かしていなければいけない(二巻、P133)

さらに、矢の長さいっぱいに引けば、弓の圧力がどんどん身体にかかっていきます。

こうなると、弓の負荷は背中、肩、首などに分散され、左右の手にかかる負荷は相対的に減ります。

つまり、よく引けている会のときは、

弓の反発力が全身にかかり、腕に集中しないから

左拳は徐々に締まり

右拳も徐々に締まり、

左右の前腕も負荷少なく、伸びる

とわかります。

■左拳は自然と締まっていく

自分で左手を締める必要はありません。矢の長さいっぱいに引けば、弓によって、左拳が締まります。

神永範士:手の内が吸い付いてしまって来るほど(二巻、P131)

宇野範士:「詰合い」で手の内が握り革に吸い付くように全体で締めるので、部分的に色々工作したりしない(二巻、P145)。

浦上範士:矢をまっすぐ飛ばすには、小指をしっかり締めて弓の本弭の反発力を手前に引くようにしなければならない(二巻、P146)

松井範士:拇指根を中心に握り、全体が内側に締まる心持ちでなければならぬ。(三巻、P167)

冨田範士:拇指と中指の締め具合の味わいが大切で(三巻、P169)。

もう少し、具体的にお話すると、小指が締まることで、左手首が少し浮きます。

親指の付け根により深く弓があたり、親指は「少し浮くような状態」になる人もいます。

松井範士:拇指の爪は、鵜の首の如く反り(三巻、P168)

冨田範士:拇指の根を強く押しかけ、拇指の第二関節を反る心持ち(三巻、P169)

この時、親指は的方向に突っ込んではいけません。そうすると、親指に弓の反発力がかかりすぎてしまい、小指が締まらなくなるからです。

と、浦上範士もお話しています。

浦上範士:親指を伸ばし、中指のところを摺るように押すと、骨にこたえて押した形となる。(P146)

同様に、徐々に右手も

右拳も締まって余計に力を加えない

ように引けますね。

神永範士:両拳は力が凝らず、軽やかに右肘右肩の働きで弦枕に感じてくれば。少しも間隙がなく、右肩が弽下の脈所を押しているような感じになり

宇野範士:この時、右小指に力が入り、右母指が薬指を突っ張るようになり、指先の末端がよく働くのである。(二巻、P146)

左右の前腕の力も抜けている

もう一つ、加えると左右の拳の力が徐々に締まります。加えて「前腕」にも力は集中しません。

前腕は自分から力を入れず、バネのように柔らかければ、よく引けている証拠となります。

神永範士:上腕(二の腕)は静止線で前膊は活躍線であるから、前膊はバネの作用をする(二巻、P132)

ここで前腕に力が入ってしまうと、右拳、右手首に力が入りすぎているのがわかります。すると、矢を引き続けることができなくなります。

あるいは、離す時に拳がぶれやすくなります。前腕(前膊)の力みが抜けて、肘に力が籠もっている状態を肘力と言います。

冨田範士:懸に心を通ぜず、右手肘に力を加えて抱え惜しむのである、ただ抱えると言うも、肘力に惜しむことがなければ緩みとなり、早気となる(三巻、P160)。

左腕に限って言うと、左肘の皿が垂直にむいていると良いと考えられます。

左腕全体の力みが抜けていれば、左上腕を内側に回すことができ、左肘の皿が垂直に立ちます。

すると、左肩が会の時に浮き上がりにくくなり、楽に弓を押し続けることができます。

高塚範士:打起し・引分けにあたっては、両腕の位置は当然変わるのであるが、前膊の尺骨と橈骨とが上下に重なるように整えた両腕は、射の終わるまで前膊がいずれにもよれたり戻してはならない。(三巻、P171)

教本三巻 P171から引用

では、矢の長さ一杯に引き続けると、どこまでの筋肉に負荷が分散されるでしょう。

小さい引き分けは腕や手先にしか力が入りません。

大きい引き分けは、腕を通じて、脇腹、腰、お尻、脚の筋肉まで活用して弓を引けます。

と記載されています。

高木範士:身体については中力の時に述べた角見・左上膊後脚・脊柱・腰・右足の裏と右肘・右上膊後側・脊柱・腰・左足の裏と言う働きと角見・左上膊後側・右肘と言う働きがほとんど平衡状態である(二巻、P139)。

鈴木範士:すなわち、頭の天辺から足の爪先まで、殊に肩と胸と両腕の正しい力の均衡のことで、満身の力が弓と調和し、どの部分にも少しの隙も歪みもない円満平衡の状態のことで、これが身の合一である(三巻、P144)。

此の中で、特に左右の腕の筋肉を最大限伸長させて、関節を締めることを「五部の詰」と言います(冨田範士・三巻P160、高塚範士・三巻P166用語記載)。

さらに、鈴木伊範士は、この「身の合一」をするための具体的な内容を次に書いてあります。

鈴木伊範士:引き取ってきた両拳が、その最終点に到達したとき、なお一層筋肉の伸合いによって堅持する(三巻、P144)。

この文章、矢の長さいっぱい引かないと体現できませんよね。なお一層伸び合うために矢の長さいっぱい引いてください。

そうして、矢の長さいっぱいに引いて、弓の負荷が腕ではなく「体幹部、脚」に分散されているとするならば、

両腕を離れる手前で動かしやすくなります。

すると、「楽に離れが出せる」ようになります。

もしも、引き分けが小さければ、右腕にかかる圧力が大きすぎてしまい、離しにくいです。大きく引けば、次の離れ動作につなげやすくなるとわかります。

祝部範士:引き取った右手は、次の離れにおいて、単に右臂を開くだけで、既に全身射が形成し、しかもそれは放しやすいはずである(三巻、P154)。

こうして、矢の長さいっぱい引き、左右の拳が徐々に締まっていけば。

引き続ける気持ちと伸び続ける筋肉の働きが一致する

ようになります。

・詰め合いと伸び合いを実践し、

あるいは、呼吸の細く長く、弓の負荷も長く身体にかかり続けるので、

・息合いと詰め合いの一致

などと言いますね。

要するにただ引くのではなく、全力で弓を引き、筋肉、呼吸、心の働きが「〜〜続ける」状態にすると、3つの要素は一体になります。

宇野範士:修練により体のこなし、技に狂いがないように心懸けねばならない。その出来栄えは「息合」「詰合」の一致によって定まる。(二巻、P131)

神永範士:形と精神がぴったり合致するところである(二巻、P131)

形=伸び続けきった形

精神=伸び続けようと言う気持ち

高木範士:身・弓・意(三業三心)が全き調和の状態になって、静止しているように見えるだけである(二巻、P132)

浦上範士:引かぬ矢束とは、矢束いっぱいに引き満ち、技と気が一致して伸び合い、形の上には見えないが、少しも矢束の緩まないのを言う(二巻、P136)

神永範士:心はジワジワと締まっていき心技一本の感じである。弓の力により気合が射形に会合する。(二巻、P138)

神永範士:会として望ましいのは伸びられる会で、(二巻、P138)

神永範士:弓は形がなく心であり弾力であるから、心の働きがなくてはならない。・・・・・精神気力が射形に会すれば、その瞬間に離れるのであって会すなわち離れである(二巻、P141)。

高木範士:真の矢束を引き得て、全身の働きが気力・骨力を旨として整備され(二巻、P144)。

高木範士:二巻、P145に同様の内容記載

ようにも思えます。

高木範士:心気、骨力は意識しなくても少しでも真の矢束に近くべく、身・弓・的が全く良き調和の状態になれるように努める(二巻、P132)

これは、スピリチュアル的なことを言っているのではありません。極めて実践的に、いっぱい弓を引き、筋肉を緩めて引き続けることはできるよと言っています。

なぜなら、いっぱい弓を引けば、腕だけではなく背中にも力がかかりますよね。そうすると、腕の筋力を抑えて弓を引いていることになります。

そうして、全身の筋肉をちょっとずつ引けば、結果として「筋力を抑えて、骨で押し開きしている」と言っても良いのです。

高木範士:筋力を主とせず、専ら骨格の力、すなわち骨力を旨とし、筋力は最小限にとどめて用いることが肝要である(二巻、P134)

冨田範士:持満とは、引き満ちて骨を養うことで、筋力のみで引き伸びることではない。(三巻、P161)

あるいは、関節をはめて、押しているとも表現できます。

松井範士:正に爆発寸前の姿である。従って各部の骨節もその規矩にはまり、完全に一致して動かざること山のごとく、静かなること林の如き(三巻、P148)

そうして、矢の長さいっぱいに引こう引こうと思い続ければ、

さらに、腕の筋肉を左右に伸ばし続ければ、胸郭も左右に広がり、肺の圧迫も取れるため、

呼吸も整ってくる

ことがわかりますね。

宇野範士:「息合い」と「詰め合い」の一致によって定まるもので。

冨田範士:会の充実は、伸び合いと気力の充実で、また息相の充実である。(三巻、P166)

そのように、筋肉を伸ばし続ければ、

左右に筋肉が詰まっていき、背中が伸びる

こともわかります。

いないいないバァと左右の肘を外側に開き、胸を左右に広げていきます。

そうすると、脇下にある「前鋸筋」と言う筋肉が働き、肩甲骨が外側に開きます。腕が左右に楽に伸びます。

これと同時に、背中にある「菱形筋(りょうけいきん)」と呼ばれる筋肉が働きます。

これにより、背中の筋肉が上方に伸び、より姿勢がまっすぐに伸びます。

この二つの働きは、同時に起こります。

脇がつまり、背中が伸びる筋肉の関係は切ってもきれない関係。

だから、弓道における詰め合い、伸び合いは同時に起こるものと考えられます。

左右の方向に脇の筋肉が「詰合」

上下の方向に背中の筋肉が「伸合」

この二つの現象が同時に起こるようにするのが、適切な会です。

宇野範士:左右の肩甲骨が両方から詰め合うように全力を挙げて十文字に伸び合う。(二巻、P134)

また、「詰合い」と「伸合い」とは切り離すことのできないものであるとわかる(二巻、P135)。

宇野範士:会に置いて胸の中筋を縦の中心として、上下左右に伸びあって(二巻、P135)。

そして、矢の長さ引いて、「脇」を詰めて、と「背中」を伸ばすことができれば、

矢の長さいっぱいに引き、「腹の力」も使っている

会で息を吐き、肺の中にある空気は外部に出されると、胸郭がすぼみ、下に沈みます。これにより、上からお腹の内部に圧力がかかります。

このような状態をあたかも「腹の力で引く」とも表現されます。

宇野範士:呼吸一つで締まるので、矢束は伸びも縮みもせず、腹力で行うものである。(三巻、P135)

神永範士:下腹に思いを置いて、水中の息で伸びあえば(二巻、P138)

安沢:左・右・丹田の三点を結んだ正三角形の無限延長である(三巻P145)。

テンションも徐々に上がっていく

ようになりますよね。

高木範士:見たところ何も苦もなく伸び伸びと、しっかりと気高く収まることを念願とすべきで(二巻、P134)

松井範士:心の伸合いは、内に脈々として張る旺盛なる気塊と、充実たる精神力を必要とすると(三巻、P148)。

このように、矢の長さいっぱいに引くときは、引くことに集中するので、

無駄なことを考えている暇はなく、煩悩は消える

ようになりますね。

矢の長さいっぱい引いて、身体を使えば、脳で無駄なことを考えることはありません。頭の中は「いっぱいに引き、開く」ことだけに集中しています。だから、無心であり、一つのことを考えているので、「有心」とも言えます。

宇野範士:会から離れに移るとその間に煩悩が起こる。このとき空になって離れれば、その矢勢は強くなんとも言えない(二巻、P131)

宇野範士:気を澄まし心を収め、あらゆる邪念妄想を離れ、虚心にして至誠の心を尽くし(三巻、P149)

古人の言う「初心に帰れ」の誠めの如く、無邪気な心構えでありたい(三巻、P149)。

このように、煩悩もなく、集中できて、全身の筋肉に刺激が行き渡った状態は、

「体に隙のない姿勢」を構築できている

と言えます。

隙がない姿勢とは、「矢の長さいっぱいに引き、全身の筋肉に刺激の入った状態」を指します。

周囲の状況をよく観察し、四方の筋肉に刺激が渡っている「意識のない姿勢」と同じ意味になります。

鈴木伊範士:どの部分にも少しの隙も歪みのない円満状態のことで、これが身の合一なのである。(参巻、P144)

あるいは、此の状態を動かない山と静かな林の状態を合わせもった姿勢とも表現されます。(松井範士、教本三巻、P149記載

このことが、あたかも動かない山のような姿勢を構築することにつながります。

そして、内面は矢の長さいっぱい引くことに集中し、没入している様子は、より深い静かな状況に入っているとも言えます。

あ、ちなみに大事なのことですので、もう一回念押しで注意しておきますね。

「平衡」「釣合い」→力を加減しろと言う意味ではない

なぜか、弓道の世界では、左右の力を平衡をとりましょう。釣合いをとりましょう。と言う文章を読むと、

・力加減をしろ

と言う風に解釈したがります。例えば、松井範士の文章

松井範士:弓手右手をそれぞれの約束にしたがって応分に働かせ、筋骨の釣合いに計ることにある(三巻、148)。

つまり、矢の長さいっぱいに引こうとすると、

・それは引きすぎ、美しくない

と言って、矢束いいっぱいに取らせないようにしたがります。そうして、手抜きしてぶれないように離れを出して的中を出すことを「正射」と勝手に定義づけました。

それは間違った解釈です

上記に記した通り、5人以上の先生が「矢の長さいっぱいに引け」「胸を開け」「背中が締まるくらいに引け」と言ってましたよね。

さらに、松井範士はこの文章の手前で「充実したる精神力を必要とする」と書いてありません。

だから、力加減をして、バランスをとれ、釣合いをとりなさいとも松井範士は話しておりません。

そもそも、「力加減自体することが不可能」です。

力加減すると言うことは、もっと伸ばせる筋肉を途中で余力を残し、緩めている行為です。

弓の反発力がかかったら、その緩んでいるところに弓の負荷がかかり、筋肉が固まっています。だから、適当なところっで引き尺を止める行為は無駄な行為です。

祝部範士:会に入って弛まずに保っていることは、弓が引き戻す力を持っている以上、自分には無意識の間に一、二、四、八と倍加する力が払われているに相違ないから、それを意義づける意味からも、締め伸びを加えよと言う(三巻、P164)。

なぜ、それで弓道連盟の射型は見た目は苦もなく整っているのでしょう。弓道連盟の高段者の99、8%の人は胴の柔らかい弱い弓を用いているからです。

中には、審査のときは形をより整えるために、女性用のもっと弱い弓を使っている人もいるくらいです。

つまり、連盟の審査で合格し続けてきた人は、強く弓を引くと言う行為と無縁で稽古をし続けてきたと言うことです。

筋肉に余力を残して会を持つことで、的中はできるでしょう。

しかし、そのようなことを繰り返してもあなたの身体は全く強化されず、あなたにとって、「心を鍛える経験」はできません。

つまり、上記にした平衡と言うのは、「平衡にする」「釣り合いを整える」自体を目的にしてはいけません。

矢の長さいっぱいに引き、引き続けて心と体を鍛えて最終的に全身の筋肉を活用しなさいと言う意味です。

全身が使えるようになれば、結果的に「平衡が整う」「釣り合いが取れている」ことになります。

このように、自分の身体を最大限に引き続けると身体の奥底、深部まで筋肉や心を活用するため、「深い会」と言います。

祝部範士:浅会党の我等が何より羨ましいのは、深会である。しかし、この深会を作ることに努力を積まなければ、やがては早気になり、廃弓に到着するというに到っては、苦酸もまた甚だしいかなである(三巻、P145)。

祝部範士:会の要則は「深」である。会は深くせよである。

反対に、矢の長さ一杯ひかず、対して筋肉を使わないのを、筋肉を浅い部分しか使われず、心の掘り下げ方も浅いです。これを「浅い会」と言います。

祝部範士:「するするとんの拍子を射覚候が我が第一」とあり「又初心の人に此の心を早く伝え射させ候えば、必ず早気月射術治らず大なり仇になり申す」とある。

・・・・・引き取ってすぐに心に出合わせて放せと言う教えで、これは浅会流である(三巻、P156)

浅い会とは、筋肉の使い方についても勉強しようとせず、矢の長さいっぱい引こうともせず、頭の使い方も信念も「浅い」ことです。

浅い会には二種類あり、「会の時間が短くいっぱい引かない浅い会」と「時間が長い浅い会」の二種類があります。

会の時間が短く離すと早気になって元に戻せなくなるからダメです。

祝部範士:一ぃ二ぃポンになり、一ぃポンになる。ここまでは中るがが、此の一ぃポン頃から救われぬ早気になり、同時に的中も落ち、完全なる廃弓に到着する(三巻、P157)

だからと言って、軽い弓で余力を残して時間を長くしてもダメです。これでも離れずれなくなるからです。この症状を「もたれ」と言います。

祝部範士:ただわけもなく十五、六秒も保っているので、その心情を尋ねたら、その秒数をかけなければ、発射心が起こらないと言うのだ。(三巻、P155)

祝部範士:深会精神を遵奉して、果ては20秒も30秒も持つ人もあるが、それは第一には弓が弱すぎると見るべきである。(三巻、P158)

宇野範士:会に置いて、ただ時間的に待つことは、意味が無い。(二巻、P135)

浦上範士:二巻、P137記載の「ただ矢束」と同じ意味。

このように、矢の長さいっぱいに引かないことは、浅い会に陥る可能性が高く、早気になったり、もたれになる可能性があります。

だから、矢の長さいっぱいに引き、筋肉も精神も深く使う「深会」を構築するよう努めましょう。

ただ、「会の秒数は関係ない、しっかり整っていれば、時間が短くても問題ない」と説明する人も中にはいます。

これは、矢の長さいっぱいに引き、深部の筋肉、神経まで活用して全力で引いたのであれば、秒数が短くても良いと言う意味です。

形が整っていれば、会が短くても良いと言う意味ではありません。

神永範士:射は因縁果の関係において、一貫しているのであるから・・・・早い因縁で入った者は、早く離れる場合もある。会が2、3秒で離れても規矩の完備したものである。

神永範士:どこまでも精神的に掘り下げることが大切で、・・・・弓を鏡にして正邪を正直に受け入れ。自粛自戒し、己が心を磨くことを念願とする精神活動を修める修養と言うのである。(二巻、P141−142)。

神永範士は此の文章の手前で「精神力を十二分に発揮して」と記載しています。この文章を見ただけで、「会で秒数は関係ない、形さえ整えれば」と言う結論になるのは間違っています。

さらに、祝部範士も短い会の方が合理性があることを解いていますが、それは「強い弓」を引く前提で解説しています。

祝部範士:深会を好まなかったようである。・・・・・現時より遥かに、強弓を用いていた時代のことで、持てば持ち腐らすことを恐れて5、6秒も持てば、それはすでに長会者として指折られていた(三巻、P156)。

だから、13ー15kg程度の軽い弓で、形さえ整っていれば、それ以上引かなくても言い訳でもないし、会の秒数も関係がないと言う主張が間違っています。

なぜなら、それらの主張をされている文章の前提は皆「矢の長さ一杯引くこと」「強弓を引くこと」を前提で解説しているからです。

ここまでまとめると言いたいのは。

・釣り合い、平衡とか聞こえの良い言葉だけ取り上げて引き尺を加減するのはやめろ

・そんなことを行ったとことで正しい引き方がわかるわけがない

・意識的に矢の長さいっぱい引け、深く引け、どこまでも引け

と言うことです。

弓道の稽古では、「深い会」を徹底して稽古してください。

祝部範士:会を深めさせられることによって、慌て者に落ち付きが出来ると言うことは間違いなきことだろうから、三巻、P155)

深い会を具体的に身に着ける方法

次に、、深い会を実現する方法について解説していきます。

全身の力みはとるようにしましょう。

筋肉を脱力しなければ、筋力に頼らないで押す事はできません。これまで話した姿勢や腕の使い方を意識して、脱力姿勢を意識しましょう。

松井範士:はじめより、体勢を堅く作り上げると、会に入る場合躰に凝りが残って、どうしても完全な伸合いができなくなり、したがって気息もこれに伴わず、体と気合いが別々になって、その結果早気となり「モタレ」ともなるのである

時間は最低6秒程度持つようにしましょう。

まず、会を持つための時間は、概ね6−7秒を目安として始めると良いと思います。

高木範士:余り長い時間持つと疲労をきたし、能率は低下する。普通の人では、長くとも5−6秒位までかと思われる(二巻、P144)。

なぜ、この位時間をかけて会を持った方が良いか?意識的に矢の長さいっぱいに引く意識をつけることで、意識せずとも矢の長さ引けるようにしたいからです。

人間は、意識的に矢の長さいっぱいに引き、負荷をかけることで、その動作に慣れて自然に行えるようになります。

意識的に矢の長さいっぱいに引き、身体の各部に刺激を行き渡らせるのを「持満」、意識せずともその行為を行い、全身に刺激を行き渡らせるのを「自満」と言います。

浦上範士:総身に力を満ち渡り、自然に気が熟して離れるのを「自満」と言うのである。・・・・この修練は中々難しいのである。

そこで、この技術に達する工夫として、初心の間は意識的に力を入れ、自分の力で保ち満ち伸びることに努めるべきで、これが「持満」である(二巻、P142)

まずは、意識的に矢の長さいっぱいに引くようにしましょう。いずれその動作自体に慣れて、無意識にでも矢の長さいっぱい引けるように努めていきましょう。

次に、時間を長くする理由が「筋力を使わずに押す」感覚を養うためです。

人間は、慣れない動作を行う時はまず「筋肉」に力が入ります。しかし、何回も繰り返して矢の長さいっぱい引くうちに筋肉を力ませずに弓を引けるようになります。

そうして、上記でお話した「身体全体を使う感覚」「腕ではなく、腕の付け根で押す感覚」「筋肉ではなく、骨で支える感覚で押す」と言った楽に引くために必要な感覚を得られるのです。

短い会で離していると、筋力に頼った会から脱却できません。

意識的に会を長く保つことで、力の抜き方がわかるようになります。

「筋力に頼らず、骨で推せる会」の感覚を得るために、意識的に長い会を保ってください。

冨田範士:気力が満たず骨法が整わないうちに離れるのは早気であって浅いのでっはない(三巻、P160)

冨田範士:技と気力が満ちる機を逃しては至芸は生じない。(三巻、P160)。

冨田範士:持満とは引き満ちて骨を養うことで、筋力伸みで引きのびることではない。その意味において、持満も抱えも同じ内容である(三巻、P160)。

最初は的中を捨てて、引き続けることを目標にする

最初は的中は中々しないかもしれません。しかし、これから長年弓道を続けていくと考えるのなら、意識的に身体を負荷をかけることを意識した方が良いです。

祝部範士:後年用の無用の時間を持加えたのでは、恐らく一時は的中も減るだろうが、やむをえまい。

生涯射続けという見地からは、それが正しい道法である。(三巻、P157)

弱い弓を使わないようにする

次に、弱い弓を使わないようにしてください。

弱い弓で矢の長さいっぱいに引いても、筋肉が伸びすぎてしまい、肝心の身体全体を使う感覚を得られないからです。

会では詰合と伸合がなければいけません。詰めとは弓の反発力が身体の関節のかかる時に関節の締まる力をいい、弱い弓を使うと此の力が弱くなります。

すると、筋肉を伸ばそうと意識しなくても簡単に伸びてしまいます。全身の筋肉に刺激が入る刺激が味わえないため、「隙のない状態」「関節が詰まって、背中がのびた状態」を作れません。

このことを、「伸びすぎてもだめ」とも表現されます。

松井範士:詰合いに弓手右手を伸ばしすぎると、各部の関節が伸びきって、離れに弾みがつかず、遂には離れの機会を失って。(三巻、P165)

と記されています。ので、矢の長さいっぱい引いた時に、体が伸びきらないように、「少し強めな弓」を選択するようにしてください。

強めの弓で、引き切った後でもさらに筋肉を伸ばそうと意識すると、適切な会の状態を作れます。

鈴木伊範士:真の会は、それから八方に伸合い詰合ううちに生ずるものであって、(三巻、P161)

神永範士:会として望ましいのは、伸びられる会で、これは弓に勝つが、望ましくないのは縮む会(二巻、P138)

松井範士:活気のない乏しい気の抜けた自慢の射は、案山子に等しいものと言わざるをえない(三巻:P159)

ここまでの内容を理解し、矢の長さいっぱいに引き、「息合いが整う」「五部の詰め」ができる、「横に詰め合い、縦にのびあえる」など同時にできるとわかって、

次のような文章がスラスラ読めます。

冨田範士:会の充実は伸合いと気力の充実で、また息相の充実である。骨法五部(手の内の剛弱・肘力・両肩及び胸)の詰よく整い、更に縦横十文字の規矩の伸合い窮極に達し、息相も平息にて満ち合うた時、この二つが和合刹那の状態である(三巻、P166)。

高塚範士:射は筋骨が主体であって、弓は従である。弓矢に気をとらわれて筋骨の正調を忘れてはならぬ(三巻、P172)。

いかがですが?何も知識がなければトンチンカンで何言っているかわからないと思います。しかし、矢の長さいっぱいに引けば、この文章の具体的な意味がわかるのではないでしょうか?

では、ここまで読んでまだわからないものに対して詳しく解説していきます。

・浦上範士の弓の引き方の活用法

・狙いの正しい実践の仕方

について解説していきます。

どうしても矢の長さいっぱいに引けなければ、浦上範士の弓の引き方を実践する

ここまでの文章を読んで、矢の長さいっぱいに引き続けることが大切であるとわかります。しかし、中には、

そうしようと思っても中々いっぱいに引けない

と思う人もいるかもしれません。

その場合、浦上範士の文章の弓の引き方を実践ください。

教本二巻P136−137 浦上範士の引き方まとめ

・弓をやや伏せ気味にする

・右手を内側にひねる

・右肘が押し手に対して拳一個程度下に下がったくらいにする

そうすると、次のような結果が得られます。

・両側の手が内側にひねられるため、引ける矢尺の幅が決まる

・矢束いっぱいに引くと、強く緊張感が出て動きが止まる

・油断したり、引き続ける気力がないと元に戻る

多分、これまで教本の説明を聞いていると、違和感を感じる人もいると思います。

なぜなら、浦上範士の解説されている内容は当サイトで解説される引き方と真逆の内容だからです。

しかし、この浦上範士の手法は古くの文献を見ると、一部合理性のある内容です。初心者で矢の長さが引けない人にとっては、この手法を行うのが一つの手です。

なぜか?この方法は尾州竹林弓術書の懸のうち、「一文字の懸け」の引き方と非常に似ているからです。

尾州竹林弓術書では、適切に弓を引けるようにするために取り懸けの使い方に五段階あると解説しています。

(注意:尾州竹林流では、この弽を場合分けで説明していましたが、その他竹林派を習った先生の記述(本多利実氏)を見ると、懸けに段階があると解説しているのが合理的であるとわかっています。)

その中の一番の初回の段階が一文字の懸と呼ばれる者です。

古くの文章を読まれている方は、一文字の懸けを三つ弽の手法と同じと気づいたかもしれません。その通りで、一文字は右手首を少し捻って、親指を地面と並行に向ける取り懸けです。

この手法を使うと、人差し指、中指、親指の三つの指に力を入れやすくなります。したがって、右拳自体に力が込めやすくなるため、矢束いっぱいに取る感覚をえることができます。

両拳を内側にひねると、両腕を伸ばせる幅に制限にかかるのが容易に想像できます。

だから浦上範士は、意識的に可動域に制限がかかった両腕の動かす範囲の中で、目一杯矢尺をとった状態を「持満」、自然にその矢尺をとった状態を「自満」と言っております。

更に、いっぱい引ける矢尺を設定しているため、呼吸をする長さも容易に決められます。

つまり、浦上範士の会での両手の動かし方は、矢の長さいっぱい引いた時の感覚を得ることができます。

しかし、あくまでこれは感覚の話です。

最終的には、右手首を意識的に捻り、両腕の可動域を制限をかけなくても、矢の長さいっぱい引いた感覚を得られるようにより深く弓を引いていく必要があります。

と言うよりも、そのような制限をかける必要がありません。もっと矢の長さを引き、「骨力を養う」とか「気力を充実させる」のであれば、両腕の可動域に制限をかけて、更に引いていかないといけません。

そして、そのあとの弽の手法として、他の右手の使い方が尾州竹林弓術書には記載されています。

ただ、浦上範士の日置流は弾正政次の日置流と異なり、遠矢、堅物射抜きを想定しておりません。実際、浦上範士は、一文字の弽意外の取り懸けの種類は解説されていませんので。

ですので、遠くに飛ばすための「胸の開き方」の文章。更に、より速くの矢勢を出すための「右手首の使い方」については教えられません。これは、あくまで初めての方や初心者にオススメです。

しかし、ある程度弓を引けたなら、そのような弓の引き方を捨てて、新しい身体の使い方に転換していきましょう。

次に狙いですが、

狙いは固定しすぎないようにする

ことがわかっています。

会における狙いは、固定しない方が良いです。理由を解説します。

佐々木範士:まっすぐ飛ばせるための力の働きは如何と言いますと、図のごとく、左手と右手は力学的に言って円運動をなしています。

左右の力が均等に働いている間っは、まっすぐに保たれていますが、その平衡が崩れると、矢の方向はたちまち変わってしまいます。(三巻、P163)

佐々木範士:左右の拳の力が均等に離れた時には、矢はついている方向に向かって飛んでいくのが自然の理です(三巻、P174)

円運動と表現されていますがこの文章の最後に

佐々木範士:まず、人体の皮肉を取り去った骨格を考えてみます。そうして、各関節ががっぷりハマるところから始めて、あらゆる骨を一分の隙のないように組み立てて

と記されています。「隙のない」状態とは、「身体全体の筋肉」」に刺激がかかった状態と表現できるので、「矢の長さいっぱい引いた」状態を作り上げることが大切です。

そして、左右の腕を伸ばされるようにするためには、28メートル先のまとに対しては、

・的の左側を的の中心に合わせた状態

を基準としています。

それは、会の時に弓の右端の面が斜め前に向いていても、離れたあとの、弓の右端が真っ直ぐに向き、そこで矢が真っ直ぐに放たれるからと解説されています。

祝部範士:図示したように、左手のきめで、弓体が捻られていて的に正面しておらず、離れる時の矢の筈口と、矢が摺って行く弓の右端とは、的からの直線上に並んでいる。ここで離れるから、この矢は離れに当たって手の内の工作などせずとも直進する(三巻、P177

が、この内容に、正確性があるか、微妙です。

この内容が、何センチの的に何センチのところから当てた考え方かが不明だからです。

一応、範士の感覚的な情報であると、「尺二寸の的、28メートルの距離」であれば、上記の図のように合わせた状態になります。

祝部範士:十五間(約28メートル)の距離から視れば、中指の頭の大きさ位に見えて、弓体の中に二つ並ぶ位に見えるのは、前に図示した通りである。(三巻P178)

しかし、自分の矢の長さいっぱい引けてなかったり、手首に力が入っていたりすると、自分の顔の向き加減、見る場所など微妙に変わってしまいます。

狙いだけがあっているだけで、その通りに飛ばない可能性があります。

ですので、狙い目については、

・やってはいけないことをハッキリさせる

・それ以外の内容は参考程度に見ておく

ようにした方が賢明です。

なぜか、教本を見ると、「狙い目」だけ勉強しても意味がないことがよくわかるからです。

まず、矢乗りに関しては、

矢乗りだけ変えても、意味がない

ことがわかります。

狙い目が前や後ろにずれているなら、「その狙い目だけ」を変えれば問題ないでしょ。と考えたくなるかもしれません。

この考え方は、教本で否定されています。そのようにしても、あなたの身体の姿勢は崩れたままで、修正されていないからです。

矢の長さいっぱいに引き、左手小指が弓で締められ、右手首の力が抜けていれば、矢乗りは真っ直ぐに向いています。狙い目だけを変えても、左右の拳が力んでいる状態、身体の軸がぶれている状態は直っているわけではありません。

祝部範士:肉体的その他の関係で、乗った矢ではどうしても前に出ると言う人に対しては、方便的に矢乗りを狂わせて、的中することを認めねばならない。(三巻P178)

祝部範士:怪しげな作製弓返りなどを行っている人など、必ずと言い得るほど矢は後ろ乗りだ。(三巻P179)

もしも、身体に起こっている何かしらの問題や作製の弓返りを直すことが、弓道の精神的な修養道につながります。それを隠して、矢乗りだけ直したとしても、何も意味がありません。

同様のことを佐々木範士はお話しています。

佐々木範士:的の後についている矢は、正しく放された場合は、矢は的の後ろに行きます。それを的に当てるためには、押手を前押しにするか、殊更勝手を強く引き切らねばなりません。

反対に、的の前についている人は、押手を強くして振り込むか、勝手を緩めるかしなければ、的に当たらないわけです。

これでは正しい射ができるはずもなく、また自然の理に反するわけで、ついた所に矢を飛ばせることこそ、真ぐなる弓と言えるので、ここに正射必中の境涯も生じます(三巻P174)

このように、狙い目を合わせたとしても、種々の理由で狙いを合わせない方が良い理由は、いろんな角度で解説されています。

1、自分の顔の向き加減で視界が変わるから

祝部範士:射体自身が、面持ちを動かし顔を右に戻せば、的は透明に見える弓体の中に顔の動きにつれて入ってくるし、反対に顔を左に向ければ、的は弓体に離れてくる(三巻、P176)

例えば、左目が効き目の人は、本人の感覚として「弓の左半分を的の中心」に合わせても、実際は矢乗りが後ろになっていることが多いです。

2、「狙いをまっすぐに合わせようと」言う気持ちが心の迷いを生み出す

冨田範士:弓道における狙いは心の狙いである。・・・・・的中はまだ発射しない以前に、心中に把握している気構えであるのが本義であるから、ことさら狙いを詮議することは、弓道の外道とされている。(三巻P181)

3、最後の離れでずれてしまったら、やっぱり外れてしまう

高木範士:離れの良否によって異なる。矢の着点によって狙いを云々するのは、本末を転倒したことで正しくない。

このようなお話があるため。

矢の長さいっぱい引くことに徹する

のが良いでしょう。ですので、ほかの話は、参考程度に見ておきましょう。

千葉範士:狙いは人によって大分違う。的は弓の左側で割るのが原則であるが、的が弓の中にピタリと入る場合もある。

宇野範士:的を体に引き寄せる心持ちが大切で、これは体を心に取り戻して、体の中心に気分が収まるように心がけることである

浦上範士:日置流では末弭から糸を下ろして握りのところで四寸開くのを定法としている。しかし、遠矢の場合は弓を照らし、甲羅着用の時は弓をて一尺三寸開いたのである。

高木範士:弓の左側から的を視るようにする。弓の手巾と頬に付けた矢と、右側の瞳孔から下した垂線との距離とによって種々度合いが異なるから、後方から第三者に見てもらって狙いを定める参考とするのが良い。

鈴木伊範士:極端に言うならば、目をもってうかがう左拳の確かさより、矢尺と口割の正しさに、遥かに中りありと断言し得る程、的中に重大な関係のあるものなのである。

松井範士:弓の狙いは、右の視線を主とし、左を従として的を見定める・・・

この「狙い」の規矩を基準に、弓の左側(藤の辺)を的の右側(的に向かって)に付ける、いわゆる的を丸く見る形と、的の中心へ付ける場合。以上二様の「ねらい」を正則とする。

間違った狙いについては、

松井範士:次のような「ねらい」方は間違っている。

(イ)弓を中心として左右両方同じ視度で弓を挟んでいる場合

(ロ)左を視線を主として的を見るもの

(ハ)篦「ねらい」のもの (三巻、P180)

冨田範士:高さは弓の矢摺り藤の藤頭が口割と同じ高さであり、地上に垂直である・・・・・・第二に、正しい物見において、右眼より弓を視れば、弓の左側の線が的を中心より縦に半切する位置にあることが大体標準である。(三巻P180)

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内