手の内での拳の角度がずれると、大三の動作が悪くなる

弓構えでは弓を握り(手の内)弦をひっかけて(取り懸け)自分の体の前面に構えます。そのときに、弓と手首の向きによって後の打ち起こしや引き分けに影響を与えることがわかっています。

ここでは、弓構えで起こり得る体の射癖を明らかにし、修正方法を解説していきます。

左手首を外に曲げると大三から押手が弱くなる

円相を取るときに、手首が外に曲がりすぎている人がいます。これは、最初に手首を外に曲げて伸ばした形にしておいた方が、大三で手の内を入れやすいと思うからです。

この状態で打ち起こすと、手首だけは弓に入りやすくなります。ただ、打ち起こし完了後に左腕が伸びきった形になりやすいです。すると大三で押し手を動かすと腕全体が突っ張った形になり、左肩がつまりやすくなります。

そのため、引き分けで左肩が上がりやすくなります。離れで左拳を使って弓を押し切ることができず、矢飛びが悪くなります。また、人によっては打ち起こしで腕が前に伸びやすくなり、打ち起こしは低くなる人もいます。そのため、大三を入れやすくなっても引き分けが小さくなります。

 

これと逆に、弓構えで手首を内側に向けすぎると大三で拳が入りにくくなります。すると、引き分けで親指の根本に力がかかりやすくなり、押し手を使って弓を強く押すことができません。その結果、離れでゆるんでしまい、矢が的からはずれます。

弓構えのときに、手首に角度を作ってしまうと、次の動作がやりやすくなっても、自分の体のどこかに力みや緊張が出てしまいます。左手首が外に曲がると左肩が力んでしまうため、注意が必要です。

適切な位置は45度方向に拳を弓に差し込む

そのため、肩や腕に負担の少ない左手首と弓の角度を理解しましょう。このときの理想の位置は、左腕から左手首を結んだ線が弓と45度に交わる部分です。

人差し指と親指の間に弓を45度の位置に差し込むようにしましょう。なお、弓構えでは左右対称にとると、打ち起こしで両拳が均等に上がりやすくなるため、右拳も弦と45度の角度に入るようにします。

 

人によって多少角度に変動がありますが、だいたい45度付近で取るようにしましょう。すると、手首に負担が少なくなり、大三で腕も突っ張りにくくなります。

弓構えで手首の向きが外や内に向きすぎていると、次の引き分け動作に悪い影響を及ぼします。手首を弓と弦に対して極端に角度を作らないようにしましょう。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内