キレイな引き分けを行うための大三の考え方と注意点

打ち起こしから引き分けの動作の間に「大三」があります。大三は別名「中力」とも呼ばれ、弓を三分の一押し開く動作であり、射において、的中をするために重要な動作といえます。

ただ、「大三は大切である」といっても、何が大切なのかご存知でしょうか。実は、ここを詳しく解説した書籍、情報がないために、引き分け動作の勉強を間違えて行っている人は多くいます。

ここでは、大三の動作で重要な考え方と注意点について範士の言葉から、解説していきます。

「力、姿勢の左右対称をとる」作業をするために大三をするわけではない

よく、大三動作では、引き分けに移行する手前で一瞬動きが静止するようにします。このように、「一瞬静止する」理由として、「左右対称に弓力の吊り合わせるため」と解釈されます。

では、最初に「大三=左右対称に釣り合わせるため」と解釈される理由について解説していきます。

大三において、弓手は変化点が二つあります。ひとつは打ち起こしから大三にかけての移動、もう一つは大三から引き分けにかけての移動、この二つで動きが変化するために、手の内をいれずらかったり、左肘が突っ張ってしまったりします。

対して、妻手は妻手こそ、弦に引かれて動きますが、右肘の動く軌道は変わることはありません。打ち起こしから高く上がった位置をスタート地点として、後は右肩の近くまで半円を描いて動くだけです。つまり変化点はひとつであると言えます。

この大三をとるとき、矢束を半分押し開いたとき、すでに二つある押手の変化点のうち一つ目の変化点が超えています。つまり、大三から引き分けに入ると、力の変化が起こるポイントは両腕ともにひとつになります。

ここで、胴づくりや弓構えでの肘や手首の関係、押して妻手の状態が左右に不釣合いが起こっていれば、もう引き分けで左右対称に引くことはできません。つまり、大三は両こぶしの変化点がともにひとつずつになるため、自分の体の姿勢、筋肉の状態を確かめる最後のタイミングといえます。

そのため、大三の取り方にはいくつか様式がありました。矢束を少しとって静止してから引き分けをとる場合と、スラスラと静止することなく大三をとる場合と二通りありました。この中で、矢束をとって少し静止してから引き分ける場合は、一度静止することで「左右対称」を確認するためにあります。

打ち起こしまでは大方はまっすぐであるが、大三に持っていくときに、その運び方のために、肩根が入りすぎて捻ったり、肩根が抜けて向い胴になり懐(ふところ)が広くなり、いわゆる三角になったりするのもこのときであるから、特に注意しなくてはいけない~松井範士~
 
この中力を日置流では押大目引き三分一といい、小笠原流では大切三分一と言うて、押す引くの力遣いの釣合いの基準とし、さらに大切な手の内の定めところであり、~高塚範士~
 
中力に内蔵される意義に二つある。ひとつは五十重文字および総体の規矩・気力・左右の釣合いなどに対する反省である。そして、いま一つは息相の調整である~富田範士~
 
正面打ち起こしから引き分けの途中「大三」で留めない流儀もあるが、何流に問わず引き分けをするには引き取りが十分にできるように、弓手右手の釣合いを計る感所と、その得意とする約束があるものである。~松井範士~

 大三の注意点
ただ、こうした左右対称を確認する大三の動作にはひとつ大きな注意点があります。それは、あまり静止し続けると、次の引き分けがうまく行えないことです。

その理由は、大三の構えはもっとも弓手に負担のかかる構えだからです。

実際に行うとわかりますが、打ち起こしで高く上げた弓を的方向に少し矢束をとった姿勢とは、弓の抵抗力もかかっているし、両腕も上に上がっている状態です。つまり、肩も腕も一番しんどい状態といえます。この姿勢で左右対称を取ろうと思って、数秒も静止してしまうと、腕の筋肉に大きく負担をかけてしまいます。

引き分けになると、弓の抵抗力は増大しますが、両肩は下がります。そのため、負担のかかりかたは変わります。しかし、腕を上に上げてさらにその状態で弓を押しているため、弓の負荷が小さくても腕に疲労がたまります。

そのため、左右対称を確認するのは、あくまでスムーズに早く行う必要があります。これを「静止はしても停止はするな」と表現しています。

中力は外見上身心ともに運動が一時停止したかに見えるが、これは最後の反省の機会であるから、静止しても停止はしてはいけない。心の働きや気合も決して中絶してはいけない。~高木範士~
 
弓手手の内と肘力との釣り合いを調整するために、外見上一時進行が中止されたような状態で、これは力のよどみである、決して中断されるのではない~富田範士~
 
引き分けの動作は押すと引くとの継ぎ目がないように、左右均等に何時とはなく引き分けることが肝要である~富田範士~

このように、大三は引き分けに移るまえに左右対称の力配分を確認する最後の機会です。かといって、長く静止することなく、スムーズに引き分け動作に移る必要があります。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内

スポンサードリンク