弓道は初段とるのにどれくらいかかるか?

 

弓道には昇段審査という「段」を取る試験があります。初段を取るのに何年かかるか?初段をとるのにそこまで時間はかかりません。1年間週に1,2回程度道場に来て、真面目に稽古をすれば、初段はとれる可能性は高いでしょう。

 

弓道の昇段審査で求められるのは体配です。体配とは入退場から射の運行までの流れ全体のことです。入場の仕方、退場の仕方、弓を引く手順が決まっていて、それを覚えてその通りに実行してもらいます。

 

野球に例えると、バッターはまず、ネクストバッターズサークルに入って待ち、自分の打席に立ったら、バッターボックスの中に自分を入れる、バットを持ち、構える、ピッチャーが投げル玉を打つ。このように順序があります。

 

弓道にも的に中てる前にいろんな順序があります。この一連の順序を体配と考えて下さい。

 

これをしっかり暗記し、自然にできれば審査は合格できます。体配を覚えるのも順序だけなら覚えるのは簡単です。流れを理解したら、細かいところは指導者に見てもらい、指導を受けて、直せば大丈夫です。

 

弓道を始めて、初段を取るのは、最低でも1年やれば、合格することができます。これは、武道の中でも一番速くとれるものと考えています。

 

私は居合、柔術、合気道、いろんな武道を経験しましたが、圧倒的に弓道が一番段を取るには早いと思います。

 

体術はコツを覚えないと、うまくなりません。人が違えばそれだけで投げるのに良し悪しが出てしまいます。

 

しかし、弓道はその人によって、弓の強さをチューニングできるので、その心配はありません。体配や作法も特別な知識はいりません。とても簡単です。

 

柔道や剣道で初段とるより入退場までの流れを暗記し、二本矢を放つだけで合格してしまう。良心的な武道と考えています。

 

もしも、武道を志ざし、「段をとりたい」と思うのであれば、弓道は簡単に始められるし、称号も手に入りやすい武道です。

 

ちなみに、弓道の世界である程度稽古をした、実力を持っていると認められる段数は参段と言われています。しかし、この参段も稽古を続ければ、合格はそこまで難しくありません。

 

 

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ