弓道を始める費用はどのくらい?

 
まずは道場探しから
HPで「全国弓道場一覧」で最寄りの弓道場を探しましょう。そこから、近くの道場を探し、見学しにいきましょう。見学後に、ご自身に合う雰囲気の道場があれば、入会の方法を尋ねたらよいでしょう。

 

近くに市役所があれば、そこに問い合わせしてみるのも良いし、私の経験してきた中で弓道に興味があれば、市の体育館でやっているスポーツフェアに出てみるとよいでしょう。

 

そこでは実際に引いている姿を間近で見ることもできるし、実際に弓を引かせてもらうこともできます。そこで、道着を来ている人に見学や入部の話をしたら、

 

費用はどのくらいかかるか?
最初、道場にある弓やかけを借りて、稽古をします。慣れてきたら、自分の弓、道着を買っていきます。ぴんからキリですが、弓具店の情報によるとそれぞれ揃える道具の値段は

 

矢6本一組でおよそ15,000円以上(ジュラルミン・羽は七面鳥の一番安いもの)
矢筒3,500円位(矢をしまい、持ち運ぶもの)
弓道着一式10,000円(袴・胴着・足袋・帯)
かけ(右手につける、弦をひっかけるもの)15,000円〜(高校生など)社会人クラスだと25,000円位。
弓は一張り、一番安いので25,000円(グラスファイバー)と言ったところでしょうか。
(消費税などは考えていません。おおよその目安です。)

 

です。これで、どこかの弓道連盟に所属すると連盟の会費で一年間で6000〜7000円程度払います。なので、ざっと見て、最初は7万円程度道具を集めるのに必要です。

 

ただ、これも、最初に始める人は別に矢と弓を買う必要がありません。市の道場に余りがあるからです。道着も最初は運動着で構いませんので、実際には最初始めるのに、会費だけで良いです。

 

そして、弓を引くようになったら、道着と?を買います。これで2万5千〜3万円かかります。お金がない人は別にかけを買う必要もありません。

 

最初、どんなものでも良い道具は矢筒、道着、矢です。これは何を選んでも大丈夫でしょう。高い道着はいりません。道着は見栄えではなく、着方をしっかり学ぶことです。これができれば学生の道着で全く問題ありません。

 

ある程度稽古できるようになったら弓を買う事をお薦めします。初心者は弓力と素材に気を使ってください。

 

弓力は人それぞれ違うと思いますが、まず、射型を作ってしっかり作ったら重さを変えてみるなりいろいろ試せばよいでしょう。最初から強い弓を選んでしまうと射型が悪くなってしまいます。

 

ちなみに私は最初1年は12 kg、2年で 14 kg、3年で15 kgと言った具合に強さを変えました。初心者は男性は12,3 kgくらい、女性は11,12kgで稽古に励めば十分と思います。

 

素材はグラスやカーボンがありますが、最初はそれで稽古をしてください。初心者で慣れない内は弓をぐっと力を入れて握りすぎてしまうのです。

 

ぐらすやカーボンは竹弓に比べ、反動力が小さいため、握りすぎていても真っ直ぐ飛びます。これが竹弓だとその反動が生かせないため真っ直ぐいかないです。

 

初段、弐段とある程度経験を重ねたら弓の素材を変えてみるが良いでしょう。ちなみに私は初段までグラス弓、参段までカーボン弓を使用していて、それ以降は竹弓を使用しています。


//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ