弓道の優れている点〜女性が一番やりやすい武道〜

弓道は型も実践も理論も勉強する内容が多角的でやりがいがある武道です。しかし、弓道は他の武道と比べて優れている点は他にもあります。

 

弓道は女性が一番始めやすい武道と考えられます。弓道の射会を見るとわかるのですが、大会は男女混合で行われます。

 

これが、他の武道、人と争う武道ならまずありえません。男の方が体力も力も女より上だからです。

 

これは弓を押し開く運動というのは、研究で身体に負担がほぼかからない武道であることが証明されています。

 

例えば剣道をやると、足の裏の皮がはげる人がいます。柔道をやると骨折することもあります。

 

3年間だけ限定で武道やりたいというのであれば、そういうケガのリスクがある武道を選んでもよいでしょう。

 

しかし、骨折や関節を怪我してそれが後でも残るというリスクを続ければ続けるほど、年を重ねると上がります。

 

弓道はそれがないのです。唯一あるとすれば、引き方を間違えて肘を痛めるくらいです。

 

弓は肺疾患の人でも引くことができます。これは、弓を押し開く運動が胸に負担がかからないようにできているためです。

 

男性と女性が武道で優劣がついてしまうのは体格に差が大きいです。

 

例えば柔道の足払い、これが男と女が組んだらどうでしょう。男性の方が有利になっています。

 

弓道の場合は体重が大きい人が小さい人より有利というのはありません。みんな同じ、26メートル先の的を目指すし、弓の素材で当たりやすい弓とかそういうのもありません。なので、女性でも気軽に始められるし、いろんな楽しみ方がある武道です。

 

私は弓道以外に他の武道を経験してきましたが、弓道は女性の比率の高い武道です。始めやすいし、ものにしやすいからそこが良いのでしょう。

 

もしも、女性がやるのだとしたら、弓道は女性でも全然始められるし、男性と対等に戦えるきわめて稀有な武道です。

 

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ