深く弓を引きこむために必要な取り懸けの二つのこと

?深く弓を引きこむために必要な取り懸けの二つのこと

力みなく弓を深く引きこむためには、取り懸けにおける右拳の構造を学ぶ必要があります。取り懸けの構造が壊れると、弦を押し開く際に右拳に「無駄な力み」が入ってしまいます。右こぶしに無駄な力みが入ると、引き分けや離れ動作が円滑に行えなくなり、結果として矢をまっすぐに放つことができなくなります。

 

そこで、具体的に取り懸けでどのように指を整えていけばよいのでしょうか?古くの弓道書籍を見ると、取り懸けにおける指の整え方が説明されています。あなたが右拳を力ませず、引き分けをきちんと行うためには、古くの弓道書籍に記されている取り懸けの方法を理解するようにしましょう。

少し深めに取りかける

まず、三つ?を想定してお話します。

 

取り懸けのとき、中指の第一関節の節や腹で取り懸けをしている人がいます。

 

 

ただ、指先を置く位置を変えることで、引き分けを今以上に大きく引くことができます。

 

具体的には、親指の上に中指の根元が乗るように取りかけます。ただ、かけの構造(親指の向き、コシの強さ)によって変化します。そこで、中指の第二関節〜根元にかけて、取りかけるようにしましょう。

 

 

このように行う理由として、指先に力がかかると、手首周りの筋肉の凝りが出てしまうからです。

 

指先に力が凝ると、手首の力みが強くなります。すると、弦を押し開く力が低下するため、引き分け動作で右ひじを後方に引きつける運動がしづらくなります。さらに、手首の力みが大きくなると、離れ動作で拳が矢の線上に送ることができなくなります。

 

例えば、中指の根元に親指をのせて、手首をグルグル回してみましょう。すると、手首が柔軟に回転するのがわかります。次に、根元ではなく、指先に取りかけて手首を回してください。すると、手首が回しづらくなります。

 

これは、指先に力を入れることで、手の甲の筋肉や指を動かすために関係する血管が圧迫されるからです。弓を楽に押し開くためには、射行中に自分で作っている余計な力みをなくさなければいけません。

 

 

教本三巻における右手の状態を説明した内容として「恵休善力(えきゅうぜんりき)と呼ばれる説明があります。この説明は、四つの言葉を指の状態と関係して説明させたものです。

 

恵 = 親指(力を入れない)

 

休 = 人差し指(帽子をおさえなく、添える)

 

善 = 中指(弦に引かれても解けない程度に力を支える)

 

力 = 薬指、小指(力を入れて握る

 

このように、取り懸けから会において、右手の中で力を入れることを強調しているのは「薬指、中指」です。それ以外の指に力を入れることはせず、むしろ必要以上に力が入らないことを説明しています。つまり、親指・人差し指・中指の指先が力まないように取り懸けなければいけません。弓構えの段階で力みがない右拳の構造を作ることが大切であることを理解してください。

 

心月射儀の梅路見鸞氏は、射行における心得として「筋肉を自然に働かせる」と説明しています。もし、指先に力を入れたり、握ってしまったりしまうと、自由に筋肉を働かせることができません。手首が自由に動かなくなると、引き分け中に右ひじを適切に動かすこともできません。

 

弓道の世界では、「弓は肘でひけ」と指導されることがあります。ただ、指先が力めば射の最中に肘を意識することはできなくなります。指に強い緊張がかかると、右肘の意識は薄くなり、大きく弓を引きこむことが難しくなります。

 

なお、教本二巻の取り懸けの説明では、「指先近くで取りかける」と説明される方もいます。何十年と弓道を稽古され、かけの機能や離れにおける手首の働かせ方を理解していれば、それでも問題ありません。しかし、初心者、手首がたぐる、引き分けが小さい、離れがゆるんでいる人の場合、「指先近くで取りかける取り懸け」は行わないようにしましょう。かえって引き分けが小さくなり、よけいに弓を引く動作ができなくなります。

 

そのため、指先に力がこもらないように深く取り懸けましょう。ただ、指の長さによっても、中指の置き方が異なります。指が短い場合は、丸く取り囲むように取り懸けましょう。そして、指が長い場合は、少しだけまげて、必要以上に曲げすぎないように取り懸けましょう。

 

多くの人が指先に取りかけてしまう理由

ただ、中には取り懸けの際は、「あまり深く取り懸けず、指先で取り懸けるようにする」と指導される方もいます。このように、指先近くで取りかける理由として、弓道の世界では「離れは親指をはじくように離れるのがよい」「指先で取りかけないと、離れはスムーズに出ない」という教えがあるからです。

 

このような教えを、かつての弓道家で実践していた方がいます。それが、阿波研造の弟子として、道場で稽古したオイゲンへリゲル氏です。へリゲル氏は、離れをスムーズに放つために、会に至って、少しずつ右手の指の力を抜き、離すように稽古していました。しかし、このように離れを行っていたへリゲル氏に対して、阿波研造は「そのような射を行っていては、精神をもって弓を引くことはできない」と指摘をしています。

 

実際に行えばわかりますが、このように指先近くで取り懸けてしまうと、弓の荷重が中指の先に集中します。そうすると指先に力が入り、握ってしまいます。指先に力が入ってしまうとその力みが手首に伝わります。

 

力みとは、体の特定の部位に体液や電気的刺激が集まりすぎることで起こります。過剰に体液や刺激が組織にかかると、皮膚の表層にある感覚器が過剰に反応します。すると、肘とか背中まで意識して力を使うことができなくなります。

 

指導者に「手首で弓を引いているぞ、肘で引け」と言われた経験がある人は、その原因は肘への意識の仕方ではなく、指先近くに取りかけていることが挙げられます。指先に力が入るような取り懸けをしていると、肘を意識して引くことはできません。

 

そのため、解決策としては第二から第三関節辺りで取り懸けます。少し深く取り懸けると、指の第一関節がフリーになります。第一関節は人体の血管の中でもっとも血流が滞りやすい部位であり、必要以上に力を入れてはいけません。指先をフリーにすることで、手首への力みを軽減できます。

 

指の腹ではなく、側面に取りかける

さらに、根元に取りかける際に、弓を引きやすくするためにもう一つ意識したいことがあります。それが指の腹ではなく、指の側面に取りかけることです。

 

親指を中指につけるとき、中指の指の腹ではなく、側面につけるようにします。「指の腹」で取り懸けるか否かでも引き分けのしやすさが変わります。

 

 

この理由として、中指の側面で親指を受けることで、大三以降、無駄な力みなく親指をおさえることができるからです。

 

右拳は、大三で弦に引かれて的方向に動きます。この際に、親指が的方向に引かれ、中指でおさえられます。そこで、中指の指の腹で親指を抑えていたとします。すると、弦に引かれた親指がずるずると動きすぎてしまいます。これによって、中指を強くまげて押さえつけようとしてしまうため、指が力みます。

 

あるいは、指先近くで取り懸けた場合、大三で親指に引かれた際、強い圧力が指先に集中します。したがって、強い力みが指先にかかります。無駄な力みなく、弓を引くためには、大三で親指が弦に引かれる際に、中指との接触面が浅すぎず、深すぎないようにし、取りかけ全体の構造が崩れないようにする必要があります。そのためには、中指の指の側面で親指を受け、余計な力みなく、取り懸けの構造の崩れなく射を行うようにしてください。

 

中指側面で取りかけると、打ち起こしが上げやすい

これに加えて、中指の側面に、親指をのせるようにすると、自然と右手首が真っすぐに伸びることがわかるでしょうか。これによって、打ち起こしが高く上げやすくなります。

 

中指側面で取り懸けるようにすると、手首が真っすぐになり、打ち起こしが上げやすくなります。打ち起こし動作で弓が高く上がると、弓と体との距離が近くなります。これによって、引き分け動作がしやすくなります。

 

 

教本二巻の高木範士の説明より、「取りかけにおける肘の橈骨、尺骨は地面と垂直になる」と説明しています。

 

まず、「橈骨」とは肘の外側の骨、「尺骨」は肘の内側にある骨です。取り懸けにおいては、指の側面を親指にのせて、手の内を含め、手首をたてるようにします。すると、正面から見ると、右手首から右ひじにかけての橈骨、尺骨の成す面が地面に対して垂直になります。このような取り懸け動作を実践するために、中指と親指の付け方はきちんとおさえる必要があります。

 

教本一巻の取りかけには、「懸け口十文字」と呼ばれる教えがあり、手首は曲げてはいけないことを説明します。つまり、取りかけにおいて、手首によけいな角度を作ることは、弓を引く動作において、腕の神経や血管を必要以上に圧迫させてしまい、筋肉の力みを招きます。そのため、中指の側面に親指をつけ、弦の復元力に対して崩れにくい取りかけの構造を構築しましょう。

 

なお、この理屈はかけの構造が異なった場合も同様に考えます。例えば、親指が下に向きすぎた?や一文字に伸びた?があります。しかし、このような場合であっても、手首を必要以上に曲げず取り懸けるようにしましょう。すると、打ち起こしが楽に上がりやすくなるのを体感できるはずです。

 

ただ、?の構造が異なる場合、人によって、手首の向け方、立て方などを変える必要が出てきます。あるいは、ひもの結び具合を変えることもしなければいけません。これらの要素はすべて手取り掛けの構造に関わることなので、注意するようにしましょう。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内

関連ページ

足踏みで行う内容をまとめる
足踏みの基本的内容の解説をしていきます。
足踏みの体重の乗せ方は足ではなく「首」を使う
足踏みでの体重の乗せ方を説明していきます。
足踏みの角度がだいたい60〜70°が適している理由
.足踏みの適切な角度を説明していきます。
より強く弓を押し引きするための足踏み:半丁字の足踏み
.足踏みのほかの踏み方を説明していきます。
足踏みの踏み方を変えることで起こる射への影響
.足踏みの広さを変えることにより両肩の補正法、初心者の足踏みの仕方を説明していきます。
適切な胴づくりを構築するための4つの要素
.胴づくりの基本的な内容を説明していきます。
下腹に力を入れると、弓道の実力は低下する
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
教本の胴づくりの本質的意味を分析する
.胴づくりにおける「姿勢を伸ばす」という言葉の本当の意味を説明していきます
良射に必要不可欠な「三十重文字」で行うたった一つのこと
三重十文字の整え方、縦、横のラインで崩れやすいところを説明していきます。
胴づくりを行うもう一つの重要性
.胴づくりを整える意味を筋肉の観点から説明していきます。
弓構えでやることをまとめる
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
鋭い離れ、負担のない引き分けに取りかけの構築法
引き分けのしやすい取り懸けを説明していきます
四つがけ、三つがけの構造を理解し、適切に弓を引くには
四つ?の取り懸けにおける注意点を三つ?と比較して説明していきます。
手の内を理解するための「左手のポイント三つ」
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
手の内をしやすくなる指の使い方
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
紅葉重ねの手の内で弓の押しやすい拳を作る
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
手の内で指をそろえようと意識しすぎると、射は失敗する
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
拳、肘、肩の位置を理解し、後の引き分けをスムーズにつなぐ「弓懐」をとる
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
物見を入れる本当の意味
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
打ち起こしやること
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
脇の下で「すくいあげる」ように打ち起こしすると、射の上達が速くなる
.打ち起こしの上げ方を説笑みします。
射の上達度を高める脇の下ですくいあげる打ち起こしするためには
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
斜面打ち起こしから引き分けでの大切な筋肉の働きを理解する
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
歴史的観点から打ち起こしの重要性を理解する
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
トイレでできる足踏みで必要な内転筋の鍛え方
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
理にかなった胴づくりを覚えることができる便利道具
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
弓道の上達のためには、はじめに「手の内」を勉強してはいけない
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
?をきちんとはめて、適切な離れを導くためのはめ方
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
引き分けで重要となる「脇の下」の筋肉を弓構えで活用する
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
低い打ち起こしから大きく弓を引くためには
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。

HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ