?をきちんとはめて、適切に離れに導くための適切なはめ方

「?」を正確に選定することは、大きく引くために必要です。そして、引きやすい?には、ある程度の目安があります。

 

指の中程が厚いものを選択する

?をはめる指の形状を観察するときは、はめる「口」と「指の腹」、「両脇」、「指の第二関節から指先」まで見る場所がいくつかあります。そして、弓の負担をなるべく軽くするためには、第二関節の関節から指先までの革の部分が厚いものを選定します。

 

大三に入ると、弦によって、親指が引かれます。その際に、中指の第一〜第二関節の部位が親指と接触し、親指自体が的方向に引かれる力を受けます。この際に、革が薄いと親指を抑える力を直で受けてしまうために、中指の皮膚に圧力がかかりすぎてしまいます。

 

そこで、指の腹の厚みは少し厚いものを選択するようにします。

 

親指の大きさと長さはきちんと合わせる

次に、手の中で射の動作に大きくかかわるのは「親指」です。?を選択するさいは、「親指」の長さ・太さを選定するようにしましょう。

 

この理由として、?の製作によって、構造が大きく変わるのは親指だからです。

 

親指は人によって「太さ」「長さ」が異なります。すでに完成された?から自分に合うものを選択する場合、太さが合わないもの、長すぎるもの、短すぎるものなどいろいろと不具合が起こります。これらのサイズの不一致を抑えるために、自分の親指にきちんとあった?を選択するようにしましょう。

 

例えば、親指の付け根の部分が大きい人がいます。その場合、親指を入れる口がなるべく大きいものを選択するようにしましょう。あるいは、指が細い場合は、親指の細い?を、骨がごつごつと出ている方は特に親指の第二関節に当たりすぎないように気をつけてください。

 

弓具屋さんによっては、オーダー品で一つ一つ指の長さを測って?を製作してくれる場合もあります。しかし、このようなサービスはあまり頼りすぎないようにしましょう。なぜなら、オーダー品であっても、長さがすべてぴったりくるとは限らないからです。

 

人差し指と親指の間は少しだけ広いほうが得

次に、人差し指と親指の間は、少しだけ広いほうが得します。人差し指と親指の間が大きいと、引いている最中に矢の箆自体に当たりすぎず、矢のひねりがなくなります。

 

もうひとつ、人差し指と親指の間が広いと離れが出しやすいです。離れ動作においては人差し指と親指の間は開きながら離れます。もし、この部位の間が狭いと、うまく離れで指が開かないことがあります。そこで、人差指と親指の間は広いほうが何かと得です。

 

ただ、人の手は各個人によってサイズが異なります。もし、人差指の長さ自体が短い人は二指の間が広すぎる場合、?と手のサイズが合わないことがあります。すると、取りかけする際に、革にしわができてしまい、うまく取りかけられないことがあります。

 

そのため、一概に「人差し指と親指の間が広い?=良い?」と思わないほうが良いでしょう。ただ、そのほうが得に働くときが多いです。これらの内容を理解して、あなたの手に合う?を合理的に選択するようにしてください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内

関連ページ

足踏みで行う内容をまとめる
足踏みの基本的内容の解説をしていきます。
足踏みの体重の乗せ方は足ではなく「首」を使う
足踏みでの体重の乗せ方を説明していきます。
足踏みの角度がだいたい60〜70°が適している理由
.足踏みの適切な角度を説明していきます。
より強く弓を押し引きするための足踏み:半丁字の足踏み
.足踏みのほかの踏み方を説明していきます。
足踏みの踏み方を変えることで起こる射への影響
.足踏みの広さを変えることにより両肩の補正法、初心者の足踏みの仕方を説明していきます。
適切な胴づくりを構築するための4つの要素
.胴づくりの基本的な内容を説明していきます。
下腹に力を入れると、弓道の実力は低下する
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
教本の胴づくりの本質的意味を分析する
.胴づくりにおける「姿勢を伸ばす」という言葉の本当の意味を説明していきます
良射に必要不可欠な「三十重文字」で行うたった一つのこと
三重十文字の整え方、縦、横のラインで崩れやすいところを説明していきます。
胴づくりを行うもう一つの重要性
.胴づくりを整える意味を筋肉の観点から説明していきます。
弓構えでやることをまとめる
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
鋭い離れ、負担のない引き分けに取りかけの構築法
引き分けのしやすい取り懸けを説明していきます
四つがけ、三つがけの構造を理解し、適切に弓を引くには
四つ?の取り懸けにおける注意点を三つ?と比較して説明していきます。
手の内を理解するための「左手のポイント三つ」
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
手の内をしやすくなる指の使い方
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
紅葉重ねの手の内で弓の押しやすい拳を作る
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
手の内で指をそろえようと意識しすぎると、射は失敗する
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
拳、肘、肩の位置を理解し、後の引き分けをスムーズにつなぐ「弓懐」をとる
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
物見を入れる本当の意味
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
打ち起こしやること
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
脇の下で「すくいあげる」ように打ち起こしすると、射の上達が速くなる
.打ち起こしの上げ方を説笑みします。
射の上達度を高める脇の下ですくいあげる打ち起こしするためには
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
斜面打ち起こしから引き分けでの大切な筋肉の働きを理解する
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
歴史的観点から打ち起こしの重要性を理解する
.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく理論的にわかりやすく解説したページです。射法八節を詳しく知り、自分の射の実力アップにつながります。
トイレでできる足踏みで必要な内転筋の鍛え方
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
理にかなった胴づくりを覚えることができる便利道具
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
弓道の上達のためには、はじめに「手の内」を勉強してはいけない
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
引き分けで重要となる「脇の下」の筋肉を弓構えで活用する
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
深く弓を引きこむために必要な取り懸けの二つのこと
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。
低い打ち起こしから大きく弓を引くためには
射法八節をさらに細かく、詳しく知りたい人.弓道の射法で感覚的でわかりにくいものをなるべく、理論的にわかりやすく解説したページです。

HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ