歴史的観点から打ち起こしの重要性を理解する

日本弓道連盟の射法八節では打ち起こしは小笠原流の「正面打ち起こし」を取り入れられています。

 

なぜ、この打ち起こしが取り入れられているのでしょうか、前述のとおり、打ち起こしは日置流の「斜面打ち起こし」も打ち起こしです。現代の弓道ではなぜ打ち起こしは正面なのか。

 

この内容について、歴史的観点から調べてみました。すると、打ち起こしは初めは正面ではありませんでした。いろいろ変わって今の正面打ち起こしに落ち着いているという状態です。

 

最初、正面打ち起こしと斜面打ち起こしの中間の打ち起こしが取り入れられた
昭和初期、終戦の時代、大日本武徳会は事業の一つとして、各武道の形の統一をめざし、弓道もその中の一つであり、射型統一をを行うことになりました。

 

1933年、9月、大日本武徳会会長鈴木荘六によって全国かた著名弓道家を収集し、「弓道形調査委員会」を結成。同年11月に「統一射法」に向けて、3日間にわたる議論が交わされることになります。

 

初日は小笠原流を基本にした巻き藁射礼、、的前射礼、立射礼の三つの射礼が決定されます。二日目に射法について議論されました。

 

ここで、流派によって意見が別れました。「打ち起こし(後述射法八節)」の審議に入るとそれぞれの自己の流派射法から「正面打ち起こし」と「斜面打ち起こし」を主張試合、互いに譲らず、議論を展開しました。

 

三日目、議論の末九州の祝部範士から出された妥協案「正面打ち起こしと斜面打ち起こしの中間的方法」を採用することで、一同は賛成を表明しました。その中間的方法とは

 

・弓構え・・正面にて取り懸け、手の内をととのえ物見を定める
・打ち起こし・・正面より徐々に弓を押し開きつつ左斜めに打ち上げる

1934年11月、これを持って「弓道要則」とし、統一射法として正式に制定、大日本武徳会は全国に普及、徹底させようとされたが、この「中間的妥協案」には弓道界には賛否が続出しました。

 

体配重視の射形により、正面打ち起こしが主流になった
そのあと、日中戦争、太平洋戦争がはじまり、大日本武徳会は厚生、文部、陸軍、海軍、内務の5省共管による、外郭団体が包合され、この武道団体は改組されました。

 

会長、副会長、理事、各支部長が現れ、武徳会弓道部会長には教本第二巻にも載っている宇野要三郎範士が就任しました。

 

外郭団体が抱合したところで、宇野会長は「弓道教範制定委員会」を設け、「弓道教範(教科書)」が作成されました。

 

そこでの打ち起こしの内容は「弓道要則」を認めつつ、従来の正面、斜面打ち起こしの形式もそれぞれ認め、正面、斜面、弓道要則の三様式を採用しました。

 

これにより、教本の第二巻には小笠原流、日置流、本多流、いろんな射法の説明が断片的に混ざっています。ちゃんと流派の書籍を読んでいるとどの流派に載っていたかわかりますが、知らない人には何もわかりません。

 

戦争が白熱化し、戦後、大日本武徳会はGHQのひどい監視により、解散。その後、地方の愛好家によって各地で地方連盟の組織化し、1949年「日本弓道連盟」が結成されました。

 

戦後の射法混乱を改善し、弓道の大綱を明らかにすべく、1953年8月「弓道教本第一巻」が発刊されます。

 

この教本の発行とともに、射法八節を定め、大日本武徳会で制定された「弓道要則」の統一打ち起こし(中間的方法)を正式に廃止し、射礼、体配は小笠原流の所作を中心に取り入れられました。

 

これにより、今の弓道連盟は「正面打ち起こし」になったのです。

 

今の時代は各流派が行っていた打ち起こしを自由に学べる時代にいます。その中で打ち起こしはどの打ち起こしが適しているのかいろいろ別れています。その中で重要となってくるのが中の筋肉の状態です。

 

私は打ち起こしをすることで肘の角度、手首、弓と体の距離、いろんなものを総合して適した打ち起こしを考えました。このように打ち起こしの取り方を変えて、打ち起こしで主となる筋肉の働かせ方を研究することが大切です。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ