物見を入れる本当の意味

弓構えの動作の中には「物見」が含まれています。形の上では物見は目線を的方向に向ける動作です。

 

多くの人は物見を入れる理由は「狙いを定めるため」と考えます。

 

しかし、物見は射においては解剖学的にも理にかなった重要な意味を持っています。これを理解することで、押手の働きを強めたり引き分けの収まりをよくできたりします。ここでは、物見を入れる解剖学的理由について解説していきます。

 

物見を入れると左腕が伸びやすくなる
物見とは首を向ける動作です。目だけを見れば、目は確かに的の方向に向いていますが、大切なことは首の筋肉が動くことです。

 

人間は首を向けた方の腕が伸ばしやすく、逆側の腕が曲げやすくなるという解剖学の理屈があります。首を的方向にしっかり向けると、左腕がさらに押しやすくなり、右腕を曲げやすく(=引きやすくなる)体の構造になります。

 

この事実により、引き分けのときに、的方向に首を向けると、さらにもう1,2センチ押手が伸びます。首を的方向にしっかり向けると左拳をさらに前方に押しやすくできるのです。

 

小笠原流では物見をするとき、アゴが左肩関節のへこみが生ずるところにくるまで向けると説明します。首をここまで向けると、首を的に向けた方が弓を引く動作に良い効果をもたらします。

 

私が射を鏡で見ない理由
弓道場に行くと、射位の真正面に鏡がおいてあり、自分の射形がずれているか自分の目で確認できるようになります。

 

しかし、私は稽古をしていて自分の射を鏡でチェックをしません。理由はそこで戻すと左腕が押しやすくなくなり、弓の反発力に負ける可能性が上がるからです。

 

実際やってみるとわかりますが、顔を向いていないときと的に向けているときでは、両拳の位置や射型を整えやすいのは顔を向けていないときです。しかし、そこから顔を向けて引き分けで押す動作に入ると左肩に詰まりを感じます。

 

これで、的に顔を向けたまま引き分けの動作を行うと、左腕の押す運動のときに肩に負担を感じません。さらに、右肘が後方に収まりやすいのを感じます。

 

もしも、自分の射形が気になるのであれば、周りの人に見てもらえばよいのです。自分で鏡で射を見ていたら、打ち起こしのときに両腕が自由に動きすぎて、形はキレイな形に修正できても、後で崩れてしまう可能性があります。

 

このように、物見を入れることは両腕の働きに関わる重要な動作です。これを理解し、稽古に取り入れることで、今よりも押し手や右肘の収まりを良くすることができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ