拳、肘、肩の位置を理解し、後の引き分けにスムーズにつなぐ「弓懐」を作る

身体と両腕と弓で囲まれた空間を「弓懐」といいます。

 

多くの人の射を見てみると、あまり弓構えを重要視していません。そのため、「弓懐」が崩れていたり、適した形ができていなかったりします。弓懐での構えが崩れてしまうと、打ち起こしのときに拳や肩が力みやすくなります。その結果、「大三」「引き分け」に悪い影響を与えます。

 

そのため、弓懐を取るときに、何も考えずに取るのではなく、最低限「肩」「肘」「拳」の位置をだいたい把握しておく必要があります。これを理解することで、三箇所のずれとそれによる姿勢の影響を理解することができます。

 

ここでは、弓懐を取るときの適切な「肩」「肘」「拳」の位置を理解し、その場所からずれることによって起こる弊害について解説していきます。

 

弓懐を取るときの肩肘拳の位置
弓懐を取るときの肩肘拳の適切な位置は以下のようになります。

 

・拳:弓に対して45度方向に人差し指と親指の間に入れる。
・肘:肘裏側を外に張り出すようにして痩せ型の人は少し近めに太っている人は遠目にする
・肩:一直線ではなく、少しななめ前に出すようにして前に出す。

 

・手首が極端に曲がると引き分けで両肩が左右対称につりあわない
身体から腕までは円になっているが、手首だけ極端に曲がっていたりすると、打ち起こし以降、手首に力が入る射になってしまいます。例えば、下の写真は手の内の形を決めすぎて、左拳だけが曲がっています。

 

 

この弓懐で打ち起こすと、大三のときの左拳は動かしやすくなりますが、左肘が伸びやすくなります。すると、左腕が伸びてしまい、両肩の位置が上下にずれやすくなります。その結果、押手が引き分けで突っ張りやすくなります。

 

手の内の形ここで決める必要はどこにもありません。弓構えのときに左拳の人差し指と親指の間を弓に対して真っ直ぐ入れるのではなく、45度の角度に入れるようにしましょう。すると、大三で両肩がずれにくく、引き分けをスムーズに行うことができます。

 

・肘が張っていなく、拳が前に出ると上体が屈みやすくなる
下の図は弓懐が丸ではなく、楕円になってしまった構えをしています。

 

 

この構えで動作を行うと、身体と拳の距離が遠くなり、背中は丸くなりやすくなります。すると、みぞおちが屈しまい、胴づくりが崩れてしまいます。その結果、引き分け以降、胸を割った大きな引き分けをすることができなくなります。

 

・「肩」「肘」「拳」どこにも力が凝らないこと
弓懐をとるときに、円を意識しすぎて、手首や腕にやけに力が入りすぎてしまう人がいます。力が入ると、手首が曲がりすぎてしまったり肘が外側に張れなくなったりします。

 

この場合は一度胴造りを整えましょう。首の後ろを伸ばして肩を楽に降ろしましょう。すると、肩の下にある脇周りの筋肉が固くなります。脇周りの筋肉を外側に張るように腕を前に出しましょう。

 

すると、自分で意識しなくても自然と円形になります。弓懐で円の空間を作るときは拳と肘ではなく、肩と肘を使ってつくるようにしましょう。拳に力を入れなくても自然と円形になり、よけいな意識を取り除くことができます。

 

このように弓懐の適切な位置を理解することで、次の動作で起こる悪い弊害を防ぐことができます。射型の向上につながり、実力を上げることができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ