手の内を上達させる指の使い方

手の内の説明を見ると、「天文筋に弓を当てる」とか「三つの指」をそろえるとか、「指の整え方」が詳しく書かれています。そのため、多くの人は説明にかかれた一つの指の整え方しか学びません。

 

しかし、人の指や掌の大きさは異なります。一つの指の整え方だけ実行して、握りが合っていない人は実力の向上につながりません。そのため、自分である程度指の位置を変える工夫をする必要があります。

 

しかし、そんな難しいことはなくちょっと指の位置を変えると左手が押しやすくなります。その結果、射技の向上につながります。ここでは、手の内を上達するための指の整え方を解説していきます。

 

拇指と小指の間を近づけると弓返りがしやすくなる

手の内を整えるときに、小指と親指を寄せるように近づけてみましょう。すると、自然と拳が丸くなります。これによって、弓返りがしやすくなります。手の内で弓返りがしにくい人や狙いがアチコチ飛んでいる人はこの整え方をすると良い方向に向かいます。

 

この小指を親指に寄せるとき、注意していただきたいことは寄せすぎて他の指を握ってしまうことです。あくまで指先には力を入れないようにして、軽く握るようにしてください。

 

人差し指を少し立てると弓を押しやすくなる
人差し指は手の内で弓にほとんど触れない指なのであまり重要視されない指ですが、人差し指も遣い方次第で手の内をよく働かせることができます。

 

具体的には、人差し指を軽く曲げて、上に1センチ程度上げるようにしましょう。こうすると弓が押しやすくなります。

 

理由は人差し指を上に上げると反動として親指のつけ根が下がります。この親指のつけ根が下がると、掌の掌根部(小指の根本から3〜5センチ下の掌の部位)で弓が押しやすくなります。すると、手首が曲がりにくくなり、真っすぐ押しやすくなります。

 

 

人差し指は手の内、引き分け、会のときにピンと伸ばさないことです。一直線にピンとするのではなく、丸い球を持ったときのようなイメージでふんわり伸びてなく、曲がっていなく、ふんわり伸びているのが良いです。

 

人差し指が伸びると、弓を持っているとき、拇指の動きが制限されてしまいます。その結果、親指が内竹の方に入りずらくなります。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ