四つがけ、三つがけの構造を理解し、適切に弓を引くには

取りかけの構造を学ぶことで、弓を大きく開くことができます。弓を引く動作を大きく行うことで、矢束一杯に引き込むことができ、「鋭い離れ」を実現することができます。さらに、胴作りがぶれなければ、矢は真っすぐにとび、的中を得ることができます。

 

そこで、ゆがけの構造を理解することが大切です。ゆがけには、種類が大きく分かれております。例えば、四つがけと三つがけは取りかけにおける親指の向きや手首の状態が異なります。これらの内容を理解することで、取りかけに関する内容の理解が深まります。

 

そこで、今回は三つがけ、四つがけの違いや特徴について解説し、適切に弓を引くために必要なことについて解説していきます。

 

三つがけと四つがけの違い

弓道のゆがけは三つの指で取り懸けで使う三つがけの他に四つの指を使う「四つがけ」が存在します。一般的には、三つがけが多く使われます。四つがけと三つがけの大きな違いは、親指の違いです。

 

まず、四つがけを取り扱う上で注意してほしいポイントをまとめていきます。

 

四つがけの特徴:親指が三つがけのときより少し下に向けるようにする

四つがけは三つがけに比べて最初から親指が下にむいています。そのため、四つがけと三つがけでは、取りかけた後の状態がことなり、四つがけの方が親指が下に向きます。そして、大三以降、弦に引かれる親指を支える指は、薬指と中指の二本になります。

 

このことから、四つがけは取りかけの構造が崩れにくいことがわかります

 

弓道において、薬指と小指を締めることは手首がよけいな方向に曲がらないことにつながります。小指、薬指を握ると、下筋(手首において、小指側についた筋肉)が働き、手首の関節の可動域が制限されます。これによって、手首が曲がりにくくなり、弦を押開きやすくなります。

 

四つがけの場合、親指の上に薬指をのせます。これによって、自然と小指薬指を握られ、手首が曲がりにくい取りかけが構築されます。昔kg数の大きい弓を引く為に、四つがけが用いることを強調した道場もあるほどです。手首が曲がりにくく、拳全体の構造が崩れにくい四つがけは、強い弓を持って、遠くに飛ばす、威力ある矢勢、スピードがある矢勢を実現させるために、必要なかけであるといえます。

 

薬指の第一関節の横腹で取り懸ける

四つがけでは薬指の第一関節に取り懸けると落ち着きます。

 

薬指で取り懸けるとき、ただ、薬指から直接親指に引っ掛けるのではなく、必ず小指も一緒に曲げるようにしてください。これにより、手首の可動域が制限され、手首が曲がりやすくなります。さらに、取りかけ全体の構造が崩れにくくなり、大三以降、無駄な力みが入るのを防ぐことができます。

 

小指は取り懸けるときに軽く曲げることで、薬指の働きを助けるようになります。薬指だけで取り懸けるのではなく、小指を曲げる→薬指も自然と曲がる→その曲がった薬指で取り懸ける。このステップを踏みましょう。

 

これは三つがけも同様です。三つがけで中指を取り懸けるときに小指、薬指を曲げてから中指が曲がり、その曲がった中指で取り懸ける。同じ流れで取り懸けると筋肉に無駄な力みなく、自然に取りかけることができますなります。

 

みつがけの特徴

次に、三つがけの場合、四つがけと大きく異なるものとして、親指が真っすぐに向く事が挙げられます。

 

取りかけにおいて、親指が下に向きすぎると手首が下向きに落ちます。そこで、少し手首を起こすようにすることで真っすぐに伸びます。しかし、三つがけの場合、そのような意識がなく、手首が真っすぐに伸びます。つまり、的中において必要な手首が必要以上に曲がりすぎない状態を容易に構築することができます。

 

なので、最初に取り懸けるときに、親指を下にむける気持ちで取り懸けることがあります。この取りかけの仕方は、尾州竹林の書籍では、「載せがけ」とも呼ばれます。

 

弓道の世界で、指導者の中には、「右手首をひねりなさい」と指導する方がいます。この理由として二つの理由があります。一つは弦を人差し指の付根につけるため、もう一つが手首をひねることで親指を下に向けるためです。

 

親指を下に向けると、大三で親指が弦に引かれやすくなります。すると、引き分けで右手首が的方向に引かれやすくなり、右手首の筋肉が的方向に向かって伸ばされやすくなります。すると、離れの際に手首の力が大幅に抜けて、余計な引っ掛かりが少なくなります。これによって、スムーズに離れ動作に至ることができます。

 

この動作を、弓道関係者は「軽くさっと離した」ということがあります。あるいは、小笠原流の射法書では「軽妙な離れ」とも説明されます。

 

そのため、指導者の中には、「取りかけは手首をひねる、そしてそれ以外は何もしない、弦は引っかかっているだけだ」とも指導することがあります。つまり、指導者はよく取りかけにおいて、指先を含め、手首回りの筋肉をゆるめることで、離れでこぶしが素直に出るように指導します。中には、「取りかけはひねったら何もやらない」とも説明します。

 

ただ、このような指導を行う前に、初心者が行うべき取りかけがあります。それが、懸け口十文字を整えて、手首をひねらず、手首の可動域を制限した取りかけです。現代の弓道の根幹となる流派である尾州竹林の射法書には、軽妙な離れを誘うための取り懸けと手首の可動域を制限した取りかけを分けて説明しています。そして、軽妙な離れを誘う取りかけは上級者、熟練者でなければ、行うのは困難であるとも説明しています。

 

そのため、よほどのことがない限り、手首の力を必要以上に抜いた取りかけは絶対にしないようにしてください。実際には、私は手首の力を抜く取りかけを長年行ったばかりに、引き分けが小さくなり、はなれがゆるみ、あらゆる射癖にかかった人を何人も見たことがあります。そのため、

 

三がけが四つがけより的中しやすいといわれる理由

「三つがけは四つがけより的中しやすい」ともいわれます。この理由として、三つがけが四つがけより、親指が真っすぐに向くからです。一つの考え方として、三つがけの方がよつがけより、親指が的方向に無垢からといわれます。

 

ただ、実際には、みつがけを四つがけも、かけによって離れが良くなる、引き分け動作がしやすくなることはありません。三つがけであっても四つがけであっても弓を引く動作を向上させるのは、勉強量です。一生懸命勉強し、的中のことばかりにとらわれずに、健康的に大きく引いて鋭く離れることをするには何が必要か考えるようにしてください。そうすれば、三つがけも四つがけも大差がなくなることがわかります。

 

三つがけも四つがけも大差ない

弓道の世界でいわれるかけの話として「四つがけの方が難しい」「四つがけは三つがけで練習してからではないといけない」ともいわれます。実際に、当サイトから弓道の指導を受けたいといわれた方の中には、指導者に「四つがけは難しいから止めておけ」といわれた方がいます。

 

しかし、このようなことはありません。四つがけも三つがけにも難易度はありません。ずっと三つがけを使っていて、四つがけに変わると、引いている感覚が変わることがあります。しかし、三つがけから四つがけに変えて、思うように弓が引けなくなった場合、それはかけが悪いのではなく、自身の弓の引き方自体に問題があったといえます。

 

もし、弓の引き方に対して、真摯に勉強しなければ、どのようなかけを使っても、弓を引く技術は高まりません。むしろ、「四つがけは三つがけより難しい」と決めつけてしまうと、四つがけに対して深く勉強しなくなり、弓道の知識が広がりません。これは、弓道を学ぶことで人生を豊かにする射即人生の意味に反します。

 

そのため、かけの機能を含め、まずは弓の引き方、離れ動作の原理などきちんと学び、実践するようにしましょう。

 

強い弓を引く場合は、よつがけは必須

ただ、どうしても四つがけを使わないといけない場合があります。それは、kg数の高い弓を引く場合です。

 

なぜなら、kg数が大きくなれば、親指が弦に引かれる力が強くなり、どうしても支えるための力が必要だからです。

 

目安として、20kg以上の弓を引く場合は、四つがけの購入を検討したほうが良いです。これ以上大きい弓を弾くと、かけのコシが弱くなりやすくなります。四つがけを購入し、指の整え方から合理的に学び、負担なく弓を引くために必要なことを学びましょう。こうした積み重ねによって、弓道の技術は向上していきます。

 

現実的なアドバイスとして、三つがけと四つがけの違いは親指の向けが異なります。しかし、上級者、初級者関係なく、どのような方が使用して良い取りかけであるといえます。そして、弓のkg数を高める場合、四つがけを使用するようにしてください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ