弓構えやることをまとめる

「弓構え」は矢を番えた後、弓の本弭を左膝頭につけたまま、取り懸け(?の親指を弦にかける)、手の内(弓手で弓を持つ)、物見(顔を的の方向に向ける)を行います。三つの一連の動作をまとめて弓構えと言います。

 

弓構えやること

まず、弓構えで行うべきことをお話しします。具体的には「取りかけ」「手の内」「物見」動作を行うようにします。それより前に、足踏み、胴造で行うべきことをおさらいしましょう。

 

・足踏み、胴づくりで行った「姿勢」「重心」をもう一度確認する
・両肘を体の真ん中で円を作るように外側に少し張って、「取り懸け」、「手の内」を整え、物見を入れる。

 

胴づくりでやった「両肩を落とす」「背中を伸ばす」ことをここでも崩さずに行います。次に物見、取り懸け、手の内のやることをまとめていきます。

 

取り懸けポイント

 

次に、取りかけにおけるポイントをまとめます。

 

・四つがけの場合は薬指で親指をおさせ、中指、人差し指を添える。三つがけの場合は中指で親指を押さえて、人差し指を添えます。この手の形でがけの懸け溝に弦を引っ掛けます。

 

・かけの親指の帽子が矢と当たらないように少し離して取り懸ける。このとき、親指の帽子が弦と直角になるようにする(これを懸け口十文字という)。四つがけの場合は少し下向きにして取り懸けます。

 

・かけを弦に懸けたら、そのまま矢筈のところまですり上げます。はずが人差し指の不根に当たるようにします。このときに、過度にひねりすぎると、肘が必要以上に浮き、脇が空きます。そのため、極力ひねらないようにします。

 

(注意)三がけの場合であれば、かけによってはひねっても差しさわりのないものもあります。ただ、大部分のかけはひねると離れ動作が行いずらくなるため、たとえひねったとして、ほんの少しだけひねるようにしましょう。

 

・このとき、手首、指先に力が入らないようにします。

 

 

注意、手首のひねりは、行ったとしてもほんの少しにしましょう。

 

手の内のポイント

 

次に、手の内のポイントをおさえます。

 

・中指、薬指、小指(三指)を軽くそろえ、軽く握ります。指先に力を入れないようにします。
・弓の左側木のところに人差し指と親指の股(虎口)にはまりこむようにするこのとき、弓と虎口の間は少しだけ開けるようにします。
・天文筋のところに弓の外側の角を当てます。弓を伏せるようにして、しょうこんに弓が当たるようにします。

 

そして、手の内には「指のそろえ方」が複数あります。以下に代表的な指のそろえ方を解説していきます。

 

三指をそろえる手の内


現代弓道で最もよく使われ、指導者も初心者に教えるときに、最初に教えられるのがこの手の内です。やり方は天文筋に弓左側木に当て、三指(小指、薬指、中指)の爪先を揃える手の内です。

 

 

この手の内の特徴は三指を揃えるため、弓の拳の間に少し空間ができます。これにより、初心者でも比較的早い段階で「弓返り」を起こすことができます。

 

日置流の手の内「小指と親指を寄せる」
次に日置流の手の内の指の整え方です。特徴は「小指と親指の間をなるべく寄せる」ことです。これは斜面打ち起こし、で弓構えの段階で弓を押す態勢を作るため、有効な手の整え方と言えます。

 

 

この手の内の特徴は小指と親指を寄せることで、拳全体が丸くなって弓と手との接触面積が小さくなることです。実際にやるとわかりますが、弓と手が当たっているところは小指、親指の根元だけで、他の部位はほとんど当たりません

 

そのため、弓返りが勢いよく、冴えた弓返りができます。弓と手の接触面積が減ることで、弓がかえるときの余計な手との摩擦が少なくなるからです。

 

本多流手の内「中指と親指で一つの輪っかを作る」
他に本多流の手の内で、中指と親指で一つの輪っかを作るように指を整える手の内です。三指の爪揃えをあまり気にせず、中指と親指で輪っかを作るようにします。

 

 

この手の内の特徴は中押しを意識しやすいことです。中指は腕、手首を真っすぐ伸ばすとちょうど腕の真ん中を通っています。腕の真ん中で押すイメージで押すと自然と弓にかかる圧力が上下に片寄らず、中押しの形になります。

 

この腕の真ん中で押すことの延長が中指で押すことになります。中指と親指で作った輪っかを意識し、それを崩さず、押していけば、自然と中押しの形になります。

 

物見

 

最後に、取りかけ、手の内が整ったら、物見動作を行います。

 

・手首、肘を柔らかく物を抱くように気持ちで弓矢を保つ
・目線を弓のにぎり革の30〜50p上→にぎり革30〜50cm下→真ん中と移す。
・的に狙いを向け、顔向けする。

 

弓構えには「正面の弓構え」と「斜面の弓構え」があります。正面は小笠原流、斜面は日置流の弓構えであり、いずれの弓構えにも「取り懸け」、「手の内」、「物見」が含まれています。

 

弓構え(左)斜面(右)正面。

 

・教本の弓構えの説明
「弓構え」は、い」いよ射の活動に移る直前の準備動作である。したがって「足踏み」「胴づくり」による基礎体勢を保持しつつ、呼吸を整え気力を充実して動作しなければならぬ。

 

以上の内容を理解することで、弓構え動作が完了します。


//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ