上半身の体重を下半身に乗せる上で大切な二つのこと

足踏みをして、胴づくりで上半身に無駄な力を抜いて、まっすぐに姿勢を整えると、足裏にピタッと上体の重みが乗ります。そして、射の運行中、重心の位置は大切とされています。

 

ここでは、上半身の体重を下半身に乗せるときに大切な二つのことを解説していきます。

 

 重心の適切な位置

重心に関しては教本第二巻の神永範士が以下のように説明しています。

 

「重心の位置は左右の拇指のつま先とその反対側の踵を結んだ線の交点上に落ちるくらいが良い」

 

 

 

交点の方向に垂直方向に体重を落とすイメージで行います。左右の拇指のつま先と書いてありますが、つま先だと、重心が前にかかりすぎるので、土踏まずの前縁ぐらいが良いでしょう。

 

このときに大切なことは「自分の体より少し前ぐらい」におき、弓を引いている最中に「前後に移動しないこと」です。

 

引き分けに入るときに、拇指球に体重が乗っていると、胸を開く運動がしやすくなります。反対に、重心が拇指球ではなく、踵にのっていると、勝手は押し開く動作ではなく、腕で引く動作になってしまいます。

 

踵にあると、弓を体の中に割り込ませることができず、むしろ胸が縮む形になってしまいます。

 

会、離れのときに重心が前後に変わると、胴づくりの姿勢が崩れてきます。前に行きすぎると、それを支えようとして、上体が前に出すぎて、出っ尻になります。後ろに移動すると、今度は胸が反りやすくなります。

 

会、離れのときに重心が前後に移動しないためには、胴づくりのときに、腹に力を入れたりせず、背骨を上方向に伸ばす意識が大切です。

 

そのために、胴づくりで行う首を伸ばして肩を落とすことを忘れないようにしましょう。常に重心を適した位置に保持し続けることができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

セミナー開催:理論弓道


HOME メルマガ登録 当サイトについて 動画解説 お問い合わせ