良射に必要不可欠な「三十重文字」で行うたった一つのこと

 

 

現在、弓道のあらゆる書籍には、胴づくりにおける適切な形を説いています。その中で「三重十文字」という言葉をよく目にします。三重十文字とは、足踏みの線、腰の線、肩の線を平行に重ね、これらの中央を貫く脊柱を正しく垂直に保持することです。

 

射において三重十十文字がしっかりしていると、肩、腰の線が平行になり、上体が前後左右に偏らないようになります。これによって、引き分け、会において弓を押し開く動作は肩甲骨周りの筋肉を活用します。その際に、背中の筋肉が縮んでいたり変に張っていると最大限に活用できません。

 

あるいは、自分が的に対して真っ直ぐに狙えているのかもかも、背骨が真っ直ぐになっていることが必要な条件です。つまり、三十重文字は、弓道において良射に必要な「弓を適切に押し開く」「的方向にきちんと狙う」ために必要な要素であるといえます。

 

ただ、教本には三十重文字を構築するために必要なことは書かれていません。しかし、身体の仕組みに基づいていえば、三十重文字で行うべきことは一つしかありません。これを行うことでどのような方でも、三十重文字を構築し、適切に弓を引く動作を行うことができます。

 

では、三十重文字はどのように構築していけば、良いのでしょうか?今回は、三十重文字を構築する際のポイントと注意点について解説していきます。

 

三重十文字は首の後ろから整えよう

多くの人は、鏡などで姿を見て、「見た目」両肩、両腰、両足をそろえようとします。最初はそうやって意識して稽古するのもいいかもしれません。しかし、そういう形だけにとらわれてしまい、引き分けをしていて肩や肘周りの筋肉に詰まりが起こってしまいます。

 

では、三十重文字で行うべきことは何でしょうか?具体的には、胴づくりの動作である「首を伸ばして肩根を落とす」ことを行います。アゴを軽く引いて、首の後ろ側の筋肉を上方に伸ばす意識を持つようにしましょう。

 

このように、姿勢を正す理由として、たとえ両肩、両腰の位置がそろっていたとしても、首の後ろの筋肉が伸びているのとそうでいないのとでは、姿勢全体が変わるからです。

 

人の頭部は、4〜5kg程度あり、首関節、肩関節周りにある筋肉によって支えられています。当然ですが、頭部の支える筋肉が活用できていなければ、頭部の位置がずれてしまいます。すると、その下に位置する、肩、胸郭、腰の位置や向きが変わってしまいます。

 

もし、首の後ろの筋肉を伸ばさななければ、頭部の位置が低い位置になります。頭部の位置が低くなると、24個ある背骨の上方にずれが発生します。このズレを発生するために、胸郭や骨盤に傾きが発生します。すると、胴体全体が反ったり屈んだりしてしまいます。

 

一方首の後ろを最大限に伸ばし、頭部が最も高い位置にあると、背骨の上端が真っ直ぐに正されます。それによって、胸郭や腰につながる背骨に余計なずれがなくなります。その結果として、胴体に変なねじれが発生しなくなります。

 

このねじれは、胴づくり、弓構えでは見えないものの、引き分けの際に目に見えて生じます。胴づくりでは、大三から引き分けに入った際に、「重心が前後にずれない」ことが必要な前提です。しかし、上記したように、頭部の位置が最も高い位置に正されていなければ、引き分けで弓の反発力がかかった際に胸郭や腰の位置にブレが起こります。これが、重心のズレによって起こります。

 

弓を引いている最中、不用意に自分の身体の重心がズレると心理的にも不安感を誘発させます。実際に、徒手で八節動作を行う際に、姿勢を真っすぐに行うのと、誰かに体を揺らされながら行うのでは、安心感が大きく異なります。

 

さらに、引き分けの際に、右腕の力で弓を開こうとすると、右肩の位置にずれが生じます。これによって、腰の位置もずれてしまい、三十重文字の理想の状態からずれてしまいます。

 

実際に、私が弓道関係者に姿勢を教えるときには、「三十重文字を意識して」とは言わず、「首の後ろを伸ばし、両肩を落とし続けてください」といいます。それによって、ほぼ全員の方から「矢どころが安定した」「前より、弓が引きやすくなった」と報告をいただきます。

 

まず、首の後ろを伸ばし、状態を保ったまま肩を「楽にストンと落とす」ようにします。無理やり下げるのではなく、力を抜いて落ちるようにしてください。すると、胸周りの緊張が和らぎます。すると、両肩が自分でそろえようと思わなくても自然とそろいます。このとき、首が伸びていなかったり、アゴが引けてなかったり、すると、引き分けで両肩が上下にずれたりします。

 

そして、両肩を楽に落とし、上半身の無駄な力みをとります。そうすると、首が伸びることで上半身の体重は自然と背骨の終点周り(仙骨の周り)に体重が乗ります。これにより、腰のラインが平行にそろいます。以上により足、腰、肩が平行になるように姿勢を整えます。

 

三重十文字で一番崩れやすい横のラインと縦のライン

三重十文字は以下の三つの姿勢になっていることが重要です。

 

@正面から見て、「両脚」「両腰」「両肩の線」がそれぞれ平行であること

A上の三線が背骨と垂直になっていること、

B脇正面から見て、土ふまず、腰骨、肩が縦に一直線上に並んでいること

 

そして、三重十文字で一番崩れやすいのは「肩の横線」と「みぞおちの縦線」です。この二つのラインを真っ直ぐに保つのは難しいです。

 

真正面から見てよく崩れるのは肩の線です。これは、弓を右の力で引きすぎてしまうからです。その結果、両肩が上下にずれやすくなるからです。

 

脇正面から見てよく崩れるのがみぞおちの線です。弓を上半身の力で引き寄せようとすると背骨全体が反ります。あるいは弓を大きく割って押し開くことができなければ、屈みます。

 

そのため、首を伸ばして肩を落とすことで見た目の均整がとれた三重十文字を身につけましょう。射型も的中も確実にするために必要な姿勢が整います。

重心の適切な位置

重心に関しては教本第二巻の神永範士が以下のように説明しています。

 

「重心の位置は左右の拇指のつま先とその反対側の踵を結んだ線の交点上に落ちるくらいが良い」

 

 

 

上の図における交点の方向に垂直方向に体重を落とすイメージで行います。左右の拇指のつま先と書いてありますが、実際に、つま先だと、重心が前にかかりすぎるので、土踏まずの前縁ぐらいに乗せるくらいの意識するようにします。

 

実際に、母指球付近に体重を乗せるように強調される方はいます。教本二巻の高木範士は胴づくりにおける重心の位置は、足の中心線よりやや前方に置くぐらいが良いと説明しています。

 

この理由として、日本人の骨盤が生まれつきやや前に傾いていることが挙げられます。外国人に比べると、日本人の骨盤は5〜10度後傾していると言われています。しかし、この骨盤の傾きは地面と垂直にならず、少しだけ前傾しています。この傾いた分、身体の重心は前方につくように落ち着きます。

 

ただ、だからといって、前方に乗っていればよいという問題ではありません。なぜなら、多くの人は、お尻を締めるための筋肉「大殿筋」「梨状筋」が衰えやすいからです。

 

これらの筋肉には、太ももの付け根と股関節との結びつきを強くし、上半身の体重の乗った下半身を支えるために必要な筋肉です。ただ、普段の生活で「炭水化物を食べすぎている」「座り作業が多く、お尻の筋肉を使えていない」といった状態では、これらの筋肉を拘縮させてしまいます。すると、胴づくりにおいて、身体の重心を安定させるための骨格からずれてしまいます。

 

自分から強く母指球に体重を乗せようとしない

人が、母指球に体重を乗せるのには、二つの乗せ方があります、一つは、上半身を屈ませて母指球に体重を乗せる立ち方、もう一つはお尻を締まることで、太ももの付け根が股関節のくぼみに寄って結果的に母指球に体重が落ち着く立ち方です。

 

両者の二つの立ち方を比べると、大きな違いがあります。自分かた体重を乗せようと上半身を屈ませると、「背中と太ももの裏側の筋肉が硬くなります。一方、お尻を締める立ち方を行うと、二つの筋肉に無駄な張りがなくなります。

 

なぜ、背中や太ももに力が入るのでしょう?それは、上半身を屈ませると、骨盤が傾きすぎてしまうためです。前に傾いた骨盤を真っ直ぐに正すために太ももの裏側、背中の筋肉に張りが出てしまいます。これを

 

もし、お尻を締めて骨盤が垂直に立て、重心が母指球に落ち着く姿勢を構築できれば、引き分け動作の際に、重心が前後に移動しずらくなります。

 

引き分けに入る際、弓を押し開く運動は、自分の身体の方向にかけて前から後ろに方向にかけて力がかかります。そのため、母指球付近に体重が乗った姿勢を維持擦る必要があります。もし、重心が踵にのっていると、腕で引きつける際に働く筋肉が強く働きすぎてしまいます。

 

以上の内容をまとめることで、三十重文字を構築することができます。首の後ろを上方に伸ばすことで、両肩、両腰の位置が自然と整い、さらに弓の反発力がかかったときに腰のズレが起きにくくなります。

 

会、離れのときに重心が前後に移動しないためには、胴づくりのときに、腹に力を入れたりせず、背骨を上方向に伸ばす意識が大切です。そのために、胴づくりで行う首を伸ばして肩を落とすことを忘れないようにしましょう。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ