適切な胴づくりを構築するための4つの要素

 

 

多くの人が弓道における、適切な弓の引き方、姿勢の整え方を学ぶ必要があります。そのためには、弓道における「胴づくり」の内容を理解しなければいけません。

 

胴づくりは、射における、上半身の姿勢の安定、重心位置の調整なども含まれています。射における足首、膝関節、股関節の位置、状態を足踏みで整え、次に、「骨盤の角度」「背骨の状態」「頭部の位置」なども整えていかなければいけません。教本では、足首〜背骨〜頸椎までの位置を整えることを「縦線」の構成とも表現しています。

 

あなたが、弓を無駄な力みなく引き、かつ矢どころを安定させるためには、「胴づくり」の適切な保持の仕方を理解しなければいけません。これから弓道を学ぶもの、かつ弓道を指導する立場である場合、胴づくりにおける姿勢の構築の仕方、重心の位置まで、学び説明できるようにしなければいけません。

 

これらの内容を理解することで、体の仕組みを理解しながら、確実に弓道の弓の引き方を理解できます。そこで、今回は胴づくりにおいてやるべきこと、かつその理由について解説していきます。

 

【目次】
1胴づくりで行うべきこと
 1-1首、背中を伸ばす
 1-2肩を落とす
 1-3足裏よりやや前方に重心を乗せる
 1-4胴づくりにおいて覚えておきたい用語
2胴づくりにおける参考文献
2-1教本一巻の胴づくりの説明
2-2教本二、三巻の胴づくりの説明

胴づくりで行うべきこと

まず、胴づくりにおいて、何を行わなければいけないのでしょうか?そこで、以下に胴づくりにおいてやるべきことについて解説します。

 

アゴを引いて、背中、首を上方に伸ばす

少し、アゴを引いて、首の後ろの筋肉を伸ばすようにします。この際に、首の後ろを伸ばす筋肉は「頭板状筋」「頸板状筋」などが関係します。背中の筋肉は「脊柱起立筋」「多裂筋」などに凝りなく、伸ばすようにします。

 

もしも、頭部の位置が下に下がったとします。すると、下につながる背骨がどこかの部位で彎曲してしまいます。胸で湾曲すると、胸が前方に突出しすぎてしまい、腰で湾曲すると、お尻が後ろに突き出した「出尻」の姿勢になります。

 

胸が前に出たりすると、お尻が出すぎると、背筋の張った姿勢になります。背筋が張ると、胸部、頭部といった部位が引き分け以降、ずれやすくなります。したがって、射における胴づくりの崩れにつながります。

 

そこで、頭部の位置を高くして、首の後ろを伸ばすようにします。これによって、胸や腰部の背骨で捻ったり、ねじれが少なくなります。そのときの意識は、「アゴを少し引いて、首の後ろを意識しながら伸ばす」「頭の頂点(百重)を10センチ上に吊り上げるように上にあげる」などがあります。

 

肩を耳から垂直に落とすようにする。落とし続ける

次に、両肩を楽に落とすようにして、腕の力みを取るようにします。

 

人間には、耳から肩にかけて「僧帽筋」と呼ばれる筋肉があります。この筋肉は肩が上がったり、肩甲骨を寄せたりするときに収縮します。射においては、腕や肩の力みを取り去り、力を抜くようにします。

 

なぜなら、射において、胴体は前述に述べた胸が前に出たり、お尻が後ろ出たりする他に、左右の肩の一方が上がったり下がったりするからです。つまり、姿勢の左右の崩れを抑えるためです。

 

前述に述べた「首と背中を伸ばす」ことが胴づくりの前後の崩れを防ぐものであるなら、両肩を落とす作業は、左右の崩れを抑えるものとします。なお、胴づくりにおいて、両肩と両腰骨と両足首の位置が地面と平行になることを「三十重文字」といいます。弓を左右対称に力を均一にかけていくためには、左右の筋肉の位置、状態が大切となります。

 

なお、弓道教本二巻において、神永範士は「弓道は立禅である」と説明しています。なぜなら、弓道における胴体の据え方と座禅における胴体の据え方が類似しているからです。目安として、胴づくりにおいては、「鼻とおへそが垂直なラインに交わる」ようにして、耳と肩の線が垂直なラインにそろうようにします。これは、座禅を組むときの鼻、おへそ、耳、肩の位置関係と同じになります。

 

足裏が全体に均一につくようにする

次に、首、背中を伸ばす、肩を落とすことを行なったら、足裏の重心の位置を定めます。足裏の重心は、両足の中心よりやや前方に落ち着くようにします。

 

教本二巻の神永範士の説明では、胴づくりにおける重心は「左右の拇指の爪先とその反対側の踵(かかと)を結んだ線の交差点上に落ちるくらいが良い」と説明しています。また、高木範士は、「重心の線が地紙(両足)の中央よりやや前方におちるように」と説明しています。さらに、会や離れにおいて、この重心の位置は前後に移動しないように心がけます。

 

このようにする理由は人間の立ち姿勢において、重心の位置は足裏の接地面を表すからです。足裏の接地面によって、骨盤の角度や上半身の働く筋肉が決まります。

 

例えば、足裏の重心が前方に行きすぎると、太もも裏、背筋の筋肉が張ります。逆に、踵に重心が行き過ぎると、腹部の筋肉が張ります。つまり、重心の位置が前後にずれると、上半身の前、もしくは後ろの筋肉が張り、背骨が前後にずれます。これらの欠点を防ぐことで、射において会、離れにおける胴づくりの崩れを防ぐことができます。

 

このほかに、胴づくりに最中に「矢の裏はずは自分の左膝頭に置く」「物見をする」などが行われます。以上の内容を理解し、きちんと骨組みを形勢した上で、胴づくりの動作が完了します。

 

胴づくりにおいて他に覚えておきたい用語

さらに、これから弓道を学ぶ人、胴づくりをきちんと理解したい人は以下の用語を理解しておく必要があります。

 

三十重文字
胴づくりの正しい体勢。縦軸である脊柱起立筋の線に対して、足踏みの線(体の重心の落ち着く地上線)と腰の線(両腰骨を左右で貫く線)と両肩を左右に貫く線の三つが、それぞれ直角に(十文字)に交わり、上からみるとひずみなく一線に重なった状態。

 

丹田(気海丹田)
臍下丹田(せいかたんでん)というに同じであります。気海とは「海の集まるところ」の意で、臍の下3センチ余りのところと言われて、古来呼吸の根ざすところといわれています。これは身体の重心位です。

 

参考文献:現代弓道講座7巻

 

胴づくりにおける参考文献

次に、胴づくりの説明を理解するための文章として、弓道教本一巻〜三巻における説明についてまとめていきます。

 

教本、胴づくり説明
「胴づくり」は「足踏み」を基礎として両脚の上に上体を正しく安静におき、腰を据え、左右の肩を沈め、脊柱および項を真っ直ぐに伸ばし、総体の重心を腰の中央に置き、心気を丹田におさめる動作です。

 

教本各範士の胴づくりの説明まとめ
千葉範士……頭上は天に向かって無限に伸び、下体は地底に無限に徹る気持ち。重心は丹田に乗せる
宇野範士……足踏みの上に脊骨から頸椎を通し、真っ直ぐに伸ばして胴体を安定させる。一般に首がおろそかになる
浦上範士……腹部をわずかに前方に屈し、腰を引いて袴の腰板がピッタリ腰につくようにする(袴腰の準)
神永範士……腰骨の前側面をちょっと上に向けるようにして肛門を閉じ、股の付根を張る
高木範士……頭部、上体、下体の重心線が一直線に足関節に落ちる体勢に加え、背面の筋肉が引っ張られる程度に前  
         方へ少し曲げる

 

この内容は、抜粋であり、正確に理解するには原文を見るのをオススメします。

 

以上の内容を理解することで、胴づくりにおいて行うべきことが明確になります。さらに、他の先生の胴づくりの内容を理解することで、射において基礎となる姿勢を構築できます。毎回の射で実践し、左右対称に大きく弓を押し開くようにしましょう。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ