適切な足踏みを行うための首と両肩の使い方を理解する

足踏みの動作は射において、ねらい目、射形、いろんな要素に関係しています。そのため、射の技術を向上させるには、適切な足踏みの仕方をしっかり習う必要があります。

 

そして、適切な足踏みを行うためには、上半身の筋肉の状態を理解する必要があります。ここでは、足の開き方で重要な上半身の筋肉の状態を解説していきます。
 
 適切な足の開き幅は上半身の無駄な力みがないことを確認する
適切な足踏みのため、足の幅や角度を決めますが、ここで、上半身が力みなく下半身にしっかり乗っているかが大切になってきます。

 

理由は上半身が力んでいると、引き分けで力んだ部分から癖や不正が表れるからです。足を開きすぎると、下半身が緊張して、上半身の背面に力が凝りやすくなります。そのため、姿勢が崩れてしまいます。

 

この上半身の姿勢の崩れは単に筋肉が凝るだけではありません。中にある内臓器官が適切な収まりからずれてしまうため、姿勢の崩れにより、圧迫されてしまいます。そのため、適切な姿勢を取ることで、筋肉だけでなく中の心の状態を整うことも適切な足踏みを踏むために重要な考えになります。

 

足踏みが狭すぎると、今度は上半身が下半身にしっかり乗らないため、引き分けで両肩がずれやすくなります。そのため
上半身に無駄な力みがなく、かつ下半身にしっかりのった安定で負担のな足踏みを行うことが大切になってきます。

 

 適切な足踏みは「足裏にフンワリ、ピッタリ」の感覚を身につける 
上半身にしっかり体重の乗った足踏みを判断する方法は「足裏への体重のかかり方」です。範士の先生は足裏にかかる圧力が「フンワリかかる」とか「土踏まずらへんが大地に吸い付くように」と言って表現されています。

 

土踏まずにやや「含み」をもたせ、中くぼみのゴムが床面に吸い付くように踏む〜宇野範士〜
 
足裏全体が体が平らにフンワリピッタリと大地に吸い付くようにする〜高木範士〜

 

このように、足裏の一部に体重のかかりすぎない、全体がピッタリついた姿勢を身につければ、その上半身は凝りのない状態となります。

 

 正しき足踏みは項と両肩を使って完成させる
そのため、「足裏にフンワリピッタリつく」足踏みを理解し、実践する必要があります。その足踏みを整える方法として、神永範士は次のように説明しています。

 

 
足は最初から特に力は入れないが、うなじを伸ばすと両肩が落ちて開き、ヒカガミを伸ばす。「打ち起こし」をし、「引き分け」から会に入るに従って、自然に踵より足裏に響きこたえ、縦線が一貫する。〜神永範士〜

 

うなじは今ある一からさらに10センチ上に伸ばすようにを伸ばし、両肩は耳元から真下に落とすように楽にします。すると、足裏がピタッと地面に止まり、自然とひかがみ(膝の裏側)をが伸びてきます。

首の筋肉は何もしなければ、重力による下向きの力がかかっているため、首の筋肉は下方に縮んでいます。それを私たちは気にしないで生活していますが、そこから伸ばす意識を持って項を伸ばすとさらに伸ばすことができます。

 

頭を10センチ上に上げるように首を伸ばすと、頭の位置が自分の体より前や後ろにいかず、ちょうど真ん中の位置に来ます。これにより、足踏みで足裏がピッタリ止まる感覚を得ることができます。

 

自分から膝の裏側を伸ばそうとしたり、おなかを張ろうとすると。最初は項を伸ばします。そして、肩を落とすと、自然に膝の裏が伸びてきます。これにより、上半身の力みがなくなった足踏みが完成します。そして、その縦線が一貫したときに足裏全体に均等に圧がかかり、「ピタッ」と止まります。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ