足踏みでも眼遣いがある。

足踏みは足を踏み開く動作で、その方法は左足の拇指球を的の中心一直線上に置き、延長線上に右足先を置く動作です。

 

今日の弓道場を見ると、射位によって、的の中心の線上を教えてくれる目印があります。それゆえに足踏みのときに、顔は的方向に見たまま、右足を踏み開く人が多く、また指導者とちもそう教える人が多いです。

 

昔はそういった的の中心を教えてくれる目印がなかったころ、こんな話があります。

 

矢を番えた弓を両手にささげたまま、頭を左にして的を見込み、気合いを抜かずにその的から射位まで目筋を引く。これを目縄(めなわ)を引くといっている。〜祝部範士

 

これにより、狙いを定めることができます。昔は目印がなかったために、眼だけで合わせるのには足らず、眼で目的物を確認したら、そこから自分の背筋を伸ばし、左足の位置を定めていました。

 

もしも、目縄をちゃんと引いたのであれば、その延長線上に右足を置けばいいわけです。そのため、足踏みで右足を踏むときは目は的から離さないように踏みます。

 

しかし、祝部範士の方は足踏みでこのように話しています。

 

目は的より離さず、足は足の働きで踏み締めよとの教えもあるが、よくないことであろうと思う。よろしく目縄で引き戻した目でたっぷりと右足を見定めて踏むべきものであろう。〜祝部範士〜

 

もし、顔を的方向に向けたまま足踏みをしても、右足がそのときずれてしまい、それがわからないまま引き分けてしまうと体の軸が崩れてしまいます。それならば、しっかり右足の位置を確認するべきだと話しています。

 

似たような考えで日置流の足踏みがあります。日置流では、狙いがずれて足踏みするくらいなら、目線をはずしてでも自分の足の位置を正確に踏み定めることを強調しています。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ