用語解説ページC

くちわり(口割)
矢を引きしぽった時、すなわち会に入った時、箆(矢幹)が上下のクチビルのさけ目の高さに来ることをいう。「頬付け、口割は的中の秘訣」といわれた。

 

おくりばなれ(送り離れ)
離の瞬間、右手の肘が弦に引かれるようにして離が行なわれるのをいう。

 

おさまり(納まり)
射法通りに骨法に合って弓を引き納めた形、状態で、すなわち会の内容である。

 

こっぽう(骨法)
@各関節が正しく祖み合わされて合理的にその射人の骨格に合致した射法をいう。
A流派により骨法は手の内のことをいう。

 

かね
準、規矩の字をあてる。射法上守るべき基準となるきまり。曲尺からの造語。

 

きざ(脆座)
片足半足ほど引いて座り、引いた方の脚のひざを床につけ他方のひざを床よりわずかに浮かして腰を張った姿勢、このひざを浮かすを「生かす」といい、弓を持った側のひざを生かす。従って、右手に弓を持った時は右ひざ、左手に弓を持った時は左ひざを生かす。

 

おしで(押手)かって(勝手)
押手は弓を持つ手、左手のことで弓手ともいう、弦を引く右手に対していう。右手は勝手といい、また馬の手綱を執る手のため馬手(妻手)ともいう。

 

おおまえ(大前)
多数の射手が順に射位に立って射るとき、一番先頭の射手をいう。いちばんうしろの射手を落(おち)という。

 

うのくび(鵜の首)
弓手の栂指の形の名称で、弓を左手に握った時、拇指の付け根が弓の右角(カド)によく密着した形で、鵜という水鳥が水中に入って魚を捕り呑もうとして水にもぐり入る時の恰好のように、拇指の先を下方に向け、しっかりと押すのをいう。これに反して拇指の根元の力を抜き上向きにしたら、手の内は弱くなって押し手が働かない。そればかりか、そのために弓の圧力を肩で支えようとして、押し手そのものもきかなくなる。拇指を中の関節から折って爪先に力をこめて握るのはよくない。

 

ごしん(五身)ごどう(五胴)
胴作りの注意すべき点である。かかる身、そりかえる身、俯する身、退く身、直なる身の五つをいう。

 

かかる身とは、的の方に上半身を寄せかけることで、ごく手近かの所や、穴中のものを射る時にする。退く身は低い所から高い所を射る場合の胴造りに用いる。この場合は足踏を少し狭くする。俯する身はからだをそのまこ則方にかけるのをいう。場合、矢はうしろにとび易い。(注、うしろは的に向かって的の左方をいう、まえは的に向かって的の右方をいう。)反りかえる身はからだをそらすので、矢が前に出易い。この四つの形の中、前二者は、実用上に用い、後二者は、このような胴造の場合はよくこれを加減して中ごろである直なる身を覚えて練習するのがよい。従ってかかる身、退く身によって矢は上下し、俯する身、反る身によって矢は前後するので、直なる身を保持するようつとめること。直なる身は十五間の的前の時だけ肝要である。

 

ごみ(五味)
物見(目付)、引分(ヒキワケ)、持(モチ)、伸(ノビ)(この二つは会)見込(残身)の5つをいう。

 

ごか(五加)
押手の手の内の作用をいう。上押、下押、拳の入れすぎ、拳のひかえめの四つの形の手の内は悪く、これに真中をまっすぐに押す、中押しの形を加えて五加という。初心は前四つの失をおこさないようにすること。

 

ごじゅうじゅうもんじ(五重十文字)
五箇所に十文字を重ねた姿勢をいう。
弓と矢の十文字、弓と手の内の十文字、懸(カケ)の拇指の腹(懸口)と弦との十文字、背筋と肩骨との十文字、首のすじと矢との十文字、むかしはこのことは大三においてたしかめられた重要事項であったが、今日の射方では、会の時の形となるしかし。しかし、会の時では時ですでに遅く、これをただす暇はない。

 

しこの離れ(四個の離れ)
切る離れ、払う離れ、肘先の心ない離れ、拳の離れの四つをいう。切る離れは中る離れともいう。単に何の考えもなく切り放すのをいう。払う離れは前にあるものを払いのける格好で放すのでいう。肘先心ない離は勝手の肘先が十分に後ろに回ら手首だけで引いたときとか懸け口をあけて放すのを言う。拳の離れはどの辺で離そうかと拳に力味を持って懸口を解くだけの離れで拳に気合いがのらない。

 

はやおとや(早矢乙矢)
はやは甲矢、早矢、兄矢、発矢。おとやは乙矢、弟矢。
弓馬問答には内向きを兄矢、外向きを弟矢など人申すとあるが、貞丈雑記には「矢に内向きというのは矢を弓につがひて羽表(ハオモテ)わが身の方へむいたのをいう、外向きというは羽表我がむかうの方、外へ向いたのをいう。内向、外向という事。的矢にいう事なり。一手なる故也。外向をば早矢に射る也。内向をば乙矢に射る也。外向は陽也、内向は陰也、陽の矢を先にし、陰の矢を後にする志なり」とあり、弓馬問答の人申すことは相反す。貞丈雑記には更に説明して「外向きを兄矢に射、内向を弟矢に射るという事もきっと定まりたる方式にはあらざれども右のごとくするのをよしというなり」と。そしてはや、おとやというのは的矢で一手ある矢の時にいうと限定されていた。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ