用語解説ページB

やつか(矢束)

各人の引くべき矢の長さ。甲、乙二矢を一手、この倍数四本を一紙という。

 

やみち(矢道)あづち(染、安土)

射場と巣との中間の地面。的をおく土手状の所を果という。

やぐち(矢口)

矢を射る時、放れる瞬間かその直前、矢が左手栂指の根元の上から上方か右方へ離れること、「矢口があく」という。これを箆間きともいう。

 

やがえし(矢返し)

一手または四本を射る時、矢の足りない場合、一度射た矢を繰り返しまた射るため、梁から矢をその射手に返すこと。

 

はけや(掃け矢)

射た矢が地に落ちそのまま滑走して的にあたるをいう。むかしはこれも「あたり」とみなされた。これは敵を殺傷する上にかわりはないと考えられたからである。

 

のじない(箆じない)

矢を引きしぼって放す際、とりかけの具合で箆が頬の方に鸞曲するのをいう。主に右手の食指で強く矢の箆を押すのに起因する。

そくる(束る)

一手または四本の矢を皆中すること。

 

はわけ(半別・半分)

的中とはずれと相半ばすること。

 

かいちゅう(皆中)

所定の数の矢を全部中てること。

 

からはず(空筈)はずこぼれ(筈こぼれ)

矢を射放す瞬間、弦から矢筈がはずれて矢がとばないで、弦のみもどることをいう。この際弦が切れたり、矢の羽を損じたり、頻を弦にて打ったりなどが起こることがあるので初心の時、特に注意するとよい。はずこぼれは射放す前やその瞬間に弦がはずれること。

 

もちまと(持的)

射手各自が一つの的を受持って射ること。

しゃくに(尺二)

一尺二寸(直径三十六センチ)の略、十五間(二十八米)にて川いる的の大きさ、またこの的。尺二的。なお尺二的には陰・陽二種あり、陽の的を貧的・陰を星的ともいう。

まえ(首うしろ(後)

的に向かった時、的の右を前、的の左を後という。

つけ(付け)

ねらいのこと、矢の筈から矢ノ根までを見通して的の中心の垂直線上と矢幹とが一致すればよい。

つのみ(角見)

弓手栂指の根を言い、発射の際、弓の右内角をつのみで的の中心にむかって押すのを「角見をきかす」と言い、この角見の働きは大切である。

たぐる(手操る)

矢を引き、会にはいった時、右手首に力を入れすぎて、矢束より多く引いて手首の折れた形になることをいう。

てさき(手先)

弓手の手をいう、これに対してひじさき(肘先)は引きしぼった時の右手のひじをいう。手先肘先は射のもっとも大切な技である。

したおし(下押)

手の内の掌根部を弓につけ、すき間のないようにべたりと弓を握ること。

うわおし(上押)

会に入って持満の時、弓を的の方へ突っ込むように力を働かせる手の内。

ここう(虎口)

左の手の栂指と人差し指(食指)の股の中間を言う。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ