用語解説ページA

つるがらみ(弦がらみ)
取りかけのとき、懸け口に弦を内手に強くからめることで、「筈をかまわず弦を折れ」と教えたもので、弓を引くということは弦を引くので、筈を持って引くのではない。

 

かえづる(替え弦)
射の最中、弦が切れた時、掛けかえる予備の弦。

 

かたぼうし(堅帽子)
日本では元来三つ懸(がけ)で、拇指の中関節の内側に弦をかけ、柔皮を重ねて用いた。のちに堂射の影響で帽子を角や木で製して用いるようになり、三つ懸けも懸け口が拇指の根元に移った。堅帽子は元来は四つ懸けに用いられた。中国では古(いにしえ)は決(けつ)といい、象の骨で作り右手大指につけて弦をひくに用いたと古書にある。拇指で弦をひく法は、中国と日本は同じである。あるいは中国からの影響で日本もそうなったのかも知れない。

 

かけ(懸)
今日一般に堅帽子の懸をいう、正しくは弓懸。

したがけ(下懸)

汗や手あぶらで汚れるのを防ぐためにその下に着用する木綿製の手袋様のもの。

かけぐち(懸口)かけまくら(懸枕)

かけぐちはゆかけの弦のかかる溝、懸溝をいう、かけまくらはそれに沿うたやや高い所を指していう。

かけほどき

懸の栂指が中指(三ツかけ)か薬指(四ツかけ)と磨れてわずかにひき出されるのをいう。

はず(筈)

矢筈、矢羽のついた方の矢幹の末端で弦につがえる所、もろはず(諸筈)といって矢幹の末端をけずって作ったものと別の品物で作ってはめこむものとがある。竹、角、プラスチック、骨などで作る。

さしや(指(差)矢)さしやゆみ(指(差)矢弓)

堂射用につくった矢、差矢前は沢山の矢数を連続して射る射法で、三十三間堂通し矢は差矢前の一種。差矢弓はこの堂射に用いる弓。

ぎちこ(ぎち粉)

ぎちぎち音がするのでいう、近頃ぎり粉という。ぎりぎりは音の形容ではない。

ごうぐし(侯串)

的をとめる串、侯は中国で射布と訳し、むかし布を張って、これに矢を射あてるのに用いた。虎侯、熊侯、豹侯が用いられたという。これは虎や熊や豹の皮を的のまわりにかざったのでこのような名がある。この中央に鵠を設けた。鵠とは射る的のこと。正鵠ともいう。釈文(しゃくもん)という中国の書に。「正も鵠も鳥の名なり」とある。小さな鳥で矢が中りにくいので的の名にしたという。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ