残身やること

引き分け、離れとおこなったら、次に残身に入ります。残身は射の総決算ともいえる動作であり。ここで気が抜けてしまうと、動作に締りがなくなってしまいます。

 

ここでは、残身でやることについて解説していきます。
 
 残身やること
・離れによって発動された弓手、妻手、それぞれ左右に伸ばし、大きな大の字を形になる。
・その状態を2〜3秒キープする。

 

残身(残心)は離れの姿勢を崩すことなく、そのまま弓手と勝手を会で働いた力の方向に開いて伸び続けて、頭は的方向に向けたまま矢の行方を見定めます。

 

弓手の弓を握った弓手拳の拇指は的方向に伸び、勝手は拇指を跳ね上げたままの形になり、他の四指を握って前に向いています。

 

呼吸のあり方としては気合いのこもった一瞬の離れでの吐く息をそのままで続け、その息がなくなったところで大きく息を吸い込み、次の吐く息で弓倒しを行うようにします。
 
 残身の2〜3秒の静止状態は右肘の位置で決まる
残心の静止はおよそ2、3秒続きますが、これは、自分で静止するのではなく、離れの余韻が残っている状態です。

 

引き分けで矢束いっぱいに引き収め、会左手は拇指根を持って的方向に右肘を真横に伸ばし続けます、すると、自分で意識して拳を離すのではなく、どこにもひっかかりのない離れに至ることができます。

 

これにより、左右の関節がどこにも負担なく伸ばされます、両腕の筋肉が離れの瞬間に弓の反動力から解放されて、自分の意識以上に伸長されます。この筋肉が伸長される状態が2〜3秒持続して、残身という形になります。

 

ここで、左拳に変な力みが入っていたり右肘がちゃんと引けていなかったりすると、離れのときに拳や肩に弓の荷重が懸ります。すると、離れで関節が伸びなくなり、筋肉が伸長する動作が起こりません。

 

右肘の位置は、離れがスムーズにでると、会のときの場所から拳一個分後ろに動きます。この動きが出れば、離れはどこにも心身滞りのないひっかかりのない離れになり、両腕の筋肉が伸ばされる動きが出ます。

 

この右肘の位置、移動が拳一個より大きく後ろに動いたり、動かなかったりすると、離れで筋肉の伸びる動きが起こりません。離れた後の残身の形がどこかしらズレや違和感が出ます。

 

右肘の動きは作るのではなく、会で右肘を真横に押し続けた結果起こるのが理想です。しかし、最初は意識して、右肘が拳一個後ろに動くように右肘を自分なりに意識しても構いません。上記の文章のことが起こるように、会で右肘をひたすら真横に押し続けることだけを考えてください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ