会での手の内、勝手の働き:半捻半弱

スムーズな引き分けをするために、会に移るときにの弓手と妻手の動きを理解することは大切です。

 

そこで、昔の弓術書の内容に「半捻半尺(はんねんはんじゃく)」と呼ばれるものがあります。この言葉を理解することで、会における弓手と勝手の働きがわかり、引き分けをキレイに行えます。

 

ここでは、会における弓手と妻手の働きを高める「半捻半じゃく」を解説していきます。

 
半捻半じゃくとは
半捻半尺のやることをまとめると

 

勝手の働き、少し内側にひねるようにする。
手の内(弓手)の働き、親指を弓の右側木になるべく入れるようにする。

 

半念半尺とは「半分ひねる」という意味です。会では勝手を内側に少しひねるように心がけます。流派によってはこれを「楔をかける」とも表現します。

 

右拳を半分ひねられる理由は会のときに、手首や勝手に無理な力がかからないようにするためです。半分ひねることで、親指の懸け溝にしっかり弓の圧力をしっかり受けられるようなります。

 

勝手の方は小指を締めるようにすると、親指がより中に入ります。これが結果的に手首全体がひねられるようになります。

 

 

 

ひねられた状態親指が内にきっちり入っている

 

親指が中に入ることで、手首に負担なく弦をおさえることができます。親指は弦をひっかける役割をしています。?にかけ溝が掘られていて、そこに弦がひっかかります。

 

 

 

そして、引き分けに入ると、かけみぞにはまっている弦が引っ張られ、ここで圧力がかかります。具体的には親指の懸け帽子が方向に力がかかります。

 

 

真後ろに引き続けると弦が矢印方向に引かれ、それにつられて親指もひかれていきます。勝手の握りがジャンケンのパーのように何も握ってなかったら、親指は弦に押されて前に出てしまします。しかし、実際は中指、薬指が親指をおさえています。そうすると、親指が前に出てくるときの力をこの薬指、中指がおさえる格好になります。

これにより、引き分けから会にかけて弦がしっかり手の中に絡み、指先や手首に負担がかからないように支えることができます。これを「弦からみ」と言います。
 

私は以前、会で持っているときに右手の中指を押さえつけすぎて中指を痛めてしまった経験があります。それは、親指がしっかり中に入っていなくかったためです。弦によって親指が引かる力が入らないために、中指と薬指は支えるように力がはいりません。ただ、握ったように力が入るため、指先に力みがこもります。

 

会では完全に中指、薬指を握るように力をかけ、親指を下向きに押さえつけるような握りをしていました。親指の弦によって押される力を中指で「受ける」のではなく、その働きを殺して下に握りしめるとこの中指の痛みが生まれます。

 

そのため、会では親指が下向きにならず、中には入るように軽くひねると会で右手首に余計な力がかからなくなります。

 

ひねると言っても、手首だけでひねってはいけません。手首だけでひねると親指が下向きになりやすく、「たぐり」の原因になります。手首ではなく、肘から小指にかけての筋肉(これを下筋という)を張る感じでひねります。

 

そして、半捻半尺は「半分、ひねり、半分戻される」というのが原則です。つまり、引き分けでひねられた手首は会になってもとの状態に戻ってきます。手首をひねったまま持ってくると会に入って、さらに引き続けることができず、止まってしまいます。ひねられた手首は右肩先に持ってくるにつれて少しずつひねりが戻されると理解する必要があります。

 

一方手の内は親指を弓の右側木にきっちり入ることが理想です。教本では会に入った手の内の写真があります。

 

 

このくらい親指の付け根をしっかり右に入れることが理想です。勝手を半尺ひねって、弓手の親指をしっかり入れて、左右対称に伸び合います。この力の関係が少しでもずれると、手首やねらい目のズレなどの問題が起こってきます。

 

会においての弓手と勝手は半捻半じゃくを心がけでみましょう。弓手は親指が右側木にしっかり入り、右拳は弦をしっかりからみます。すると、スムーズな引き分けと安定した会を得ることができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ