会での呼吸:空間の息

会に入った状態は引き分けの状態の筋肉の働きを切らすことなく伸び続けることが大切です。左右対称に押し続け、上体を真っ直ぐに保ち続けるには、体の中の筋肉は常に働き続ける必要があります。

 

その際に、「呼吸」の働きもに関しての内容は別れています。会における呼吸動作を理解することで、左右対称にかつ上下に伸び続ける筋肉の働きを稽古で実践しやすくなります。

 

ここでは、会における適切な呼吸の仕方について解説していきます。

 
息は吐き続けると姿勢が崩れにくくなる
生理学の観点からいくと、会での呼吸を吐き続けると上体の姿勢は崩れにくくなります。息を吸ってしまうと、胸周りの筋肉が動いてしまい、胸の上部が張ったり、上半身の上部が異常に緊張してしまったりしてしまいます。このため、会での呼吸は「吐き続ける」ことが大切です。

 

正法流の射士、阿波研造に師事された吉田能安さんは大三では息を吸い、引き分けで息を吐き、会では体の中にある空気を全部出し切るまで吐き続けると説明しました。これを呼吸を「空間の息」と言います。

 

空間の息
「引き取り(引き分け)では静かに息を吐き続けるが、会に入ったときは、吐くでもなければ数でも状態に達している。息を止めているわけでもない。これは空中に投げ上げたボールが落下の寸前にいったん止まって見える状態に例えられる・・・・・」

 

ずーっと吐き続けると、会に入ったときはこの吸うでもなく、吐くでもない状態に近くなります。やがて息は少なくなり、出てこなくなります。しかし、意識としては吐き続け「呼吸運動」を止めないことを説明しています。

 

なぜ、吐き続けると姿勢が崩れにくいでしょうか。息を吐き続けると、胸が縮まって姿勢が少し前に屈み気味になります。この姿勢は上半身の重みが臍下8センチ下8センチ体の奥の「丹田」にかかります。この丹田に体重が乗った姿勢は首回りの筋肉が最も負担の少ない姿勢です。

 

首の後ろ側の筋肉が上方に伸びる働きを途切れることなく続くので、姿勢を保持し続けることができます。

 

さらに、吐き続けることで精神状態を落ち着かせることができます。胸を張ってしまうと呼吸は腹式呼吸ではなく、肺呼吸で浅くなってしまい、気分は落ち着かなくなります。すると、「会で早く離したい」「会に入った瞬間に体全体が力みが出る」気持ちに襲われます。これは、胸が緊張すると気分の上ずっている証拠です。

 

その結果、射の崩れを及ぼします。もし、あなたが会での呼吸を仕方に悩んでいるのであれば、「空間の息」を取り入れることをオススメします。

 

意識しなくても問題なければ意識しなくても良い
ただ、呼吸に関しては人それぞれ考え方が違います。止めた方が良いと言う人もいれば、あまり気にしないほうにした方がいいと言う人もいます。

 

弓道教本第二巻で、高木範士は呼吸は打ち起こし以後はなるべくしないようにすると説明しています。これは、息を入れる意識を持つと、その度「全身のつりあい」や「緊張した調和」が破たんしてしまうからです。

 

日常生活を振り返るとわかることです。毎日過ごしているときに、呼吸に関していちいち気にすることはありません。呼吸は意識してやろうとすると、かえって悪くなる面もあります。そのため、意識しなくて何も影響がなければ、そのまま何も考えずに射を行う方が良いでしょう。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ