「押し開く引き分け」を取り入れないと廃弓に陥る

引き分けは自分の体に引き寄せる引き方と体全体を使って押し開くようにする引き方があります。実力を向上させるには、押し開く引き分けが有効です。

 

とはいっても別に肩の力で引くこともできます。肘が後方に回らなくても、両肩が入っていなくても的中はすることはします。

 

しかし、そういった体の一部分で引いていると、良くない射癖にかかる可能性があります。
ここでは、悪い引き分けの仕方によって身につく射癖について解説していきます。

 

何も考えないで引き分けをすると廃弓に陥る
引き分けで押し開く引き分けがなかなかわからず、何も考えずに引いていると、引き分けの中でも特に怖い射癖にかかる可能性があります。

 

その癖が「引き肩(これをのき肩という)になる」ことです。教本第三巻より、右肩の引きによる射の悪影響を説明している文章があります。

 

ここでもっとも留意すべきは射法上の一大失敗とされる、右肩の逃げたいわゆるのき肩の人はこの際厳に調節しておかねばならないことである。・・・こののき肩の人が現時の射者にいかに多いか、・・・」

「いまここに射場に上がっている射者を見て、その右手はどこまで引き取っているか調べてみるとそれは驚くほど引きつまりが多いということを知るであろう、・・・・引き詰まるとも伸びはしない。

段々に詰まっては中りも減り、体裁も悪くなり、完全に廃弓に到着する。」
教本第三巻より

弓道で一番悪いくせが引き肩であり、そのままの形で続けていると弓の人生が悪くなると説明しています。

 

弦を無理やり引き寄せようとすると、「引き肩」の癖がかかります。引き肩になると左胸が前方突出してしまうため、押しがきかなくなってしまいます。あるいは、右肩が後ろに引けるため、胸弦がつきにくい、このため会が安定しない。

 

このため、「手繰り」「早気」「ゆるみ離れ」といった、あらゆる癖にかかります。

 

さらに、この癖はかかっていたとしても的に当たります。そのため、本人がこの癖にかかっていたとしても、なかなか直そうという気持ちになれません。最終的には、射型が崩れて基にもどせなくなってしまいます。

 

このため、弓道を志す人は一度かかって抜け出せなくなるような癖があることを理解しておく必要があります。押す方向、姿勢、そういったものを勉強し、見直す必要があります。

 

押し開く引き分けを目指して稽古していけば、引き肩の問題は解消される
何も考えずに引き分けをしてきた人が「押し開く」引き分けを身につけるのは、時間がかかります。しかし、努力をすれば確実に身につくものであり、引き肩を解消するのに必要な動作でもあります。そのため、引き分けの仕方を変えることはとても重要な意味を持っています。

 

たとえできなくても、それをするための準備や押す方向を理解し、行っているだけでも、引き肩の射癖の予防には有効に働きます。そのため、押し開く引き分ができなくても、それを続けることで、着実に癖のつきにくい射型が構築されていきます。

 

「ひき肩」は弓道の射癖の中でも厄介な病癖です。そのため、押し開く引き分けのやり方を理解し、毎日稽古で実践するようにしましょう。射癖にかかりくい姿勢が身について、射技の向上につながります。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ