引き分けの解釈を転換する「引き分けは引くのではなく、押し開く」

引き分けの運動は弓を引く動作の中で横線の運動に関わる大事な動きです。そのため、引き分けの解釈をしっかりしておかないと、悪い癖がなかなか直らない射になってしまいます。

 

ここでは、弓を合理的に負担なく引くための引き分けの解釈を説明していきます。

 

引き分けは「引きよせる」のではなく、「押し開く」
多くの人は弓を「引く」動作だととらえる人がいます。「体全体で大きく引こう」、といわれると、右手で弦を自分の肩まで「引く」動作だと思い、引き分けをします。

 

しかし、弓を引き寄せようとすると、体全体を使って大きく弓を引くことができません。あなたも、引き分けで自分の体に引き寄せようとすると、「会」の最中に筋肉が力んだり、離れがゆるんでしまった経験があると思います。

 

それらは、弓を引きよせたことで起こった結果です。そのため、引き分けの考え方を転換する必要があります。それは、弓を「押し開いていくもの」と考えることです。

 

弓を右手で引くのではなく、大三でとった右肘の張りをなくさずに、むしろ右肘で斜め後方に押し、左拳で徐徐に的方向に開いていくように引き分けていきます。

 

この引き方の意味がわかれば、弓道の技術は確実に向上にします。あらゆる射癖にかかりにくくなり、離れが鋭くなります。的中率も格段に上がります。

 

弓聖、阿波健造に師事された、明治以降の有名な射士である吉田能安先生は、「弓は引くものではなく、押し開くものと心得ないといけない」と説明しています。

 

押し開く引き分けをしなければ、あらゆる射癖にかかる可能性がある
もし、弓を引っ張るように「引き分け」をするならば、何かものを引っ張るときと同じように力を働かせることになります。手首や引っ張るものをぐっとつかんで拳に力を入れて引かなければいけません。この拳の力が「手操り」という病癖です。

 

引っ張ってきたものを離すためには一度その拳の力を抜かなければいけません。これが「ゆるみ離れ」という病癖につながります。

 

そして、そのような力の使い方で弓を引いていると体力が早く消耗して、会がもたなくなります。これが「早気」につながります。

 

弓道の三つのよく出てくる「手操り」「ゆるみ離れ」「早気」はここで出てきます。引く引き分けによってこの三つの病癖が出てきます。

 

押し開く引き分けをすると、この三つの射癖にかかりにくくなります。拳を引っ張るような力の使い方ではなく、脇の下から腕の裏側にかけて押していく使い方に変わるからです。拳に力こもるようなことはなくなり、離れが鋭くなったり射型がキレイに整えたりすることができます。

 

さらに射技や射型を向上させるには引き分けの考え方を変えましょう。「引きよせる」のではなく、「押し開く」ものと捉えることで、さらに実力は向上していきます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ