大三の射型を整える工夫法〜鳥打ちの予防法〜

何も考えずに大三を取ると手首や体の向きに不正が生じてしまいます。こうした、体の不正以外にも「矢の向き方」が悪い場合もあります。この不正を修正することで、射型が整って技術が向上します。

 

ここでは、大三で出る矢の向きの不正とその修正方法について解説していきます。

 

 矢先が上がる「鳥打ち」になってしまう原因
大三の両拳の高さを比べて、弓手の方が高くなってしまうのは「鳥打ち」と呼ばれています。逆に勝手の方が高くなるのは「水流れ」と呼ばれています。

 

 

 

取り打ちの状態で引き分けると、左右対称に弓を押し開くのが難しいです。右肘が速くおりてしまったり、左拳が降りるのが遅くなってしまったりします。すると、左右の押し合う力に差が出てしまい、両肩のズレや離れがゆるむなど悪い影響が出てしまいます。

 

正面から見たとき、大三をとったときの矢の向きは水平または水流れになっているのが良いとされています。

 

 鳥打ちの対処方法は左肘を押し切らないこと
鳥打ちになる原因は二つあります。

 

一つは「右肘が大三でしっかり張れていない」ことです。右肘が張れていないと、右拳が下がってしまって矢先が上がってしまいます。

 

大三をとるときに、弓手は的方向に弓手も的方向に3分の1押していきます。このときにちょうど左肘が、左足の向きと大体同じになります。

 

そのため、左肘との力のつり合いを持たせるためには。右肘も同じように足踏みの方向に伸していく必要があります。

 

これにより、右拳は的方向に引かれても右肘だけは「足踏み方向にななめ方向に張られます。その結果、右拳の位置を高く保つことができます。

 

もう一つは「左肘を伸ばしきってしまうこと」です。慣れていない人は左腕が伸びきってしまいますが、こうすると左拳が高くなってしまうため、矢先が上がりやすくなります。

 

そのため、弓手を押し開くときに左肘をほんの少し曲げた状態にして伸ばしきらないようにしましょう。

 

 

 

こうすることで、左肘に余裕が出て、左拳が少し下がります。結果的に両拳の高さが同じ、あるいは「水流れ」の状態になります。イメージとしては、「大三を小さくする」感覚です。

 

矢先が上がった鳥打ちの射型になったら、右肘の押す方向と左肘の取り方を変えてみましょう。拳の高さが修正されて、問題を解消することができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ