大三の射型を整える工夫法〜引き肩の解消法〜

初心者や経験者であっても、何も知識がないまま大三をとると、理想の形から遠ざかってしまい、的中率が下がる可能性があります。

 

大三で最初に陥るのは「手首が力みすぎる」問題で、慣れるにつれて直っていきます。しかし、次にかかりやすい射癖は「引き肩」です。「引き肩」とは、脇正面から見て右肩が後ろに引けた射型のことです。

 

この形になると、引き分けに入るにつれて、左胸部が前方に出てしまい、三重の体構えが崩れてしまいます。その結果、的中率が下がる可能性があります。

 

ひき肩になってしまう原因と対処法

ひき肩になってしまう人は弓手三分の一押し開くときの右肘に原因があります。

 

弓手を押し開くときに、右拳は弦に引かれていきます。そのときに、右肘も一緒に引かれるのを防ごうとします。

 

このときに、右肘は足踏み方向に斜め上方向に押すと、弓手の運動と釣り合うため、右肩が引けません。しかし、右肘を自分の体に引き寄せようとすると、右肩も一緒に引けてしまいます。これは、打ち起こしで挙げた肘を下げないように意識しすぎると、この動きになります。

 

対策方法としては、右肘を押す意識を変えることです。大三で弓手三分の一押し開くと、左拳はちょうど足踏みの開いた角度の線と同じ位置に来ます。これを合わせるように、右肘を足踏み方向に押すことで、「引き肩」を直すことができます。

 

 

矯正法としては、足踏みの角度を変えてみる

あるいは、足踏みの角度を変えることで、「右肩」が引けにくい構えを作るのも一つの手です。

 

足踏みの左足の角度を少し広げ、右足の角度を少し狭くしてみましょう。その上で両足の先は的の延長線上に揃えます。

 

すると、右肩が前方に出る感覚があります。この姿勢で引くと、右肩が後方に逃げにくく、かつ引き分け以降右肘が後方におさまりやすくなります。

 

このとき注意していただきたいことが、左肩が抜けやすくなることです。なので、根本解決となるのは、大三で両肘を押していく方向左右対称にすることを意識して取り組んでください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ