理論弓道

弓具と教材を使いこなす

 

初めて弓を購入する場合
初めて、弓道具を購入されたい場合、どのような弓でも構いません。ひとまず、「楓」の弓から初めてみるのをお勧めします。ある程度弓が引けるようになったら、別の弓を購入するようにしてください。

 


矢6本一組でおよそ15,000円程度(ジュラルミン・羽は七面鳥の一番安いもの)になります。初心者でこれから始める方はこれらお矢で十分です。

 

他に、「黒鷲の羽」を用いた矢などがあります。しかし、こうした矢はある程度稽古を積み、経験してからにしましょう。

 

ジュラルミン、七面鳥の矢についてはインターネット上で購入することができます。中古で購入するのもよいし、ネット上で弓具矢で購入するのも問題ありません。

 

16000円で弓道の矢を購入
→http://amzn.to/2yuk570

 

→http://amzn.to/2zdKVUk

 

矢筒
矢筒については、3000〜5000円程度で購入できます。プラスチック製や木製のものがあります。ご自身の好みで適正価格のものを選択するのが良いと思います。

 

ミズノのロゴの入った矢筒です。

 

身長が高い人の場合、矢が長くなるために、矢筒も長いものを選択する必要があります。矢筒のサイズは95センチ〜105センチまで選択できるため、ご自身の持っている矢の長さに合わせてご購入ください。

 


弓はピンからキリまで値段があります。2万5千円で購入できるものもあれば、10万円以上かかるものもあります。ただ、初心者のうちは、弓に関して特に悩む必要はありません。「楓(かえで)」「練心(ねりしん)」あたりの弓を購入ください。

 

これらの弓は、安価であり、比較的長く使用できます。まずは一張り購入し、弓の引き方を学んでください。

 

 

ちなみに、学生の場合、男性は「直心(じきしん)」「葵(あおい)」「粋(すい)」が人気です。学生で学校で使用している弓とは異なる弓を購入したい場合、こうした弓の購入を検討ください。

 

胴着
胴着は、弓具屋に行けば、一式購入できます。また、インターネット上では、胴着をセット品として購入できるものがあります。このようなものを選択し、購入するようにしましょう。

 

ゴム弓も購入しておきましょう
さらに、家で八節動作(弓を引くための動作)を勉強するために便利な道具として「ゴム弓」があります。ゴム弓を用いて、弓道動作の要点を確認できます。一つでよいので購入してみてください。

 

 

購入しておきたい教材

弓道の稽古をする際に、購入するべき書籍について解説しておきます。

 

楽に自信をもって弓を引ける

 

当サイトの弓道理論をまとめた書籍です。どのような方も大きく弓を引くための理論を豊富な図説で解説しています。ぜひご購入ください。

 

「楽に自信をもって弓を引ける」の購入ページはこちら

 

紙の書籍を購入されたい方はこちら

 

 

弓道教本1〜3巻

ひとまず、知識の取得のために教本を購入しておきましょう。ただ、本だけ購入しても、絶対に内容は理解できません。そのため、当サイトのコンテンツ、書籍を勉強して併用して使うようにしてください。

 

教本一巻の購入ページはこちら

 

教本二巻の購入ページはこちら

 

教本三巻の購入ページはこちら

 

吉田能安の正法流

引き分けでの筋肉の使い方、手の内の整え方など、弓の引き方から体配動作まで写真、イラストつきでわかりやすく解説されています。弓の引き方を少し理論的に勉強したい方、射法八節と体配動作を復習したい方にお勧めの一冊です。

 

「正法流入門 弓の道」の購入ページはこちら

 

「弓道研究 正法流精義 正射のための射論考」の購入ページはこちら

 

技を極める弓道

学生の方でも比較的簡単に弓を引き方を詳しく勉強できる書籍です。

 

「技を極める弓道」の購入ページはこちら

 

弓を購入されたい場合

 

高校生、大学生に人気の弓
高校生、大学生の人気の弓として「直心」「葵」「粋」などがあります。

 

 

反発力を体感したい方へ
さらに、弓の反発力を高めたいと思う方は、「肥後素山」の弓をお勧めします。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ