理論弓道

古来弓道の練習会

古来弓道を学び、同じ志を持つ仲間と稽古する「練習会」

 

現在、当サイト(理論弓道)では弓を適切に引く考え方や実践方法まで当サイトで全公開しています。
例えば、弓の抵抗力に負けない姿勢の作り方、取り懸けのし方などです。

 

しかし、本を読むだけでスポーツ技術が向上しないのと同じように、弓道では体験しないとわからない部分が多いです。

 

弓道はあらゆる物理現象、要素がからんでいます。その人の「身長」「体格」「骨格」「経験度」「知識」などです。

 

これらは全て弓を引くのに影響し、これらを考慮して、弓の引き方を改善していく必要があります。

 

そこで、今回は「古来弓道の理論」に基づいて、姿勢の作り方から弓の引き方まで実際に体験させていきます。

 

 

あなたが弓道上達に学ぶべき二つの内容

 

例えば、「弓を引く技術がなかなか向上しない」「射癖がとれない」「弓を引こうとすると体のどこかが痛む」といった症状に陥ったとします。

 

この場合、解決するためには二つの要素が必要です。

 

それは、「古来弓道の稽古法を実践すること」と「同じ志を持つ仲間」を持つことです。

 

古来の弓道の文献を調査をすると、それぞれの弓の引き方の説明文章や言い回しが異なります。しかし、中の内容を見ると、全て1つに集約されているのがわかります。

 

弓道教本の内容で精神的な内容の源となった「射学正宗」も、明治以降日本に弓を教育を広めた弓道の達人も皆弓を引くうえで「理(ことわり)は一つ」と説明しています。

 

そして、これらの書籍は皆、「どのような骨格の方も」「射癖がつきにくく」「引き易く」「射癖がつきにくく」「的中も確実になる」ことを目的としています。そのため、どのような方であっても、実践できます。

 

あなたが本気で「弓の引き方を今より変えたい」「今よりももっと楽に大きな力で弓を引きたい」「今悩まされている射癖を取りたい」と思っていたとししたら、古来弓道の考え方と稽古法を学ぶことは必須です。

 

さらに、練習会では、弓道を深く学び、射の技術を高めたいと思う方が数多く存在します。このように、「弓道を上達したい」
と強く思う熱心な方を相互稽古をすることでモチベーションが高まります。さらに、意識が高い方にさらにレベルの高い弓道理論を学ぶことで、より上達が加速度的に上がります。

 

現代の弓道界で「指導者がいない」といった環境は数多く存在します。また、指導者がいたとしても、その指導者が専門的な知識や勉強量を持ち合わせておらず、結局実力が低下する人も多くいます。

 

そうした方は、「自分で弓で行うべきこと」を学び、毎回の稽古で実践するようにしてください。

 

そのために必要なことは、全て古来弓道の書籍にあり、私がそのために必要な理論を一人一人にあわせてサポートしていきます。

 

 

 

 

 

 また楽な方法はお伝えしません

 

ただ、このような練習会では、古来弓道に基づいて本質的な内容をお伝えします。さらに、実践で使える稽古法も体感していただきます。そのため、以下のような考えをお持ちしている方は、練習会にご参加はできかねます。

 

・すぐに弓道上達ができると思っている方
難しいことは考えず、すぐに「段」を取りたいからテクニックを教えてほしい

・楽して簡単に弓を引ける手法を教えてほしい

 

練習会では、弓道の本質的内容を元に、皆で相互稽古を行います。

 

そのため、技術を習得するには多くの時間を要します。

 

そして、古来弓道に特化して稽古した私は「楽に」「簡単に」「テクニック」の方法を教えることはできません。

 

このような事実をふまえ、「多少時間はかかってしまうが、地道に稽古をしていけば、

引きやすく、射癖のかかりにくい稽古方法と射の要点」を理解し、

実際に体感したいと思う方だけ練習会にご参加ください。

 

 初心者でも全く問題ありません

また、初心者でも全く問題ありません。

 

むしろ、古来弓道の稽古方法はなるべく早く、ひとつずつ実践していくことによって、
上達が早く進みます。

 

70歳を超えた方であっても、主婦であっても、
その場で離れや引き分け動作が格段に改善されてきました。

 

過去に古来弓道を実践し、100人以上の方が射癖改善をし、さらに実力を高めていきました。

 

指導者ゼロの環境から、「インターハイの国体強化選手」に選ばれた方

13kgの弓を今より少ない練習量で20kgの弓を引けるようになった方

7年間停滞した後、古来弓道に基づく「取り懸け」「打ち起こし」を変えて、県代表の選手として選択された方

 

初心者であるほど、古来弓道に基づいて、稽古を進めていけば、

射の技術を自然と上がっていきます。

 

さらに、自分での射癖の直し方、

姿勢の整え方など身体のケアの仕方を学べば、弓道を上達させるのは可能です。

 

 

セミナー内容

 

以下のセミナー内容を記します。

 

第一章 マインド
・弓の引き方を上達するためのたった一つの心構え

 

第二章 射法理論を学ぶ
・人の体格に適した「足踏み」「胴づくり」「弓構え」を構築する
・打ち起こしの適切な角度、引き分けの押し動作
・上記に述べた理論の「具体的な稽古方法」など
・身体の射癖の解消方法

 

第三章 質疑応答コーナー
・サイト内で寄せられた射の悩みの解消法を実際に体験する

 

申し込み条件
・最低限道場で弓を引けるようにしておくこと
・道具(かけ、道着、弓)が用意できること(やむをえない事情で、道具が用意できない場合は、ご相談ください。)

 

日程:2017年2月5日(日)
時間:13時〜17時
場所:東京会場(参加者のみお伝えします)
会費:4000円
    1000円(当サイトのコミュニティの会員に所属されている方)
人数制限:10人まで

 

日程:2017年2月11日(土)
時間:9時〜12時
場所:大阪会場(参加者のみお伝えします)
会費:4000円
    1000円(当サイトのコミュニティの会員に所属されている方)
人数制限:10人まで

 

知り合い割:知り合いと二人で参加する場合は参加費用6000円(二人で合計)となります。

 

 

 よくある質問

・支払いは?
クレジットカードまたは銀行振込を利用できます。

 

セミナー申し込み後、自動返信メールにクレジットカードや銀行振込の方法を記載しているため、指定された期限までに振込ください。

 

・自動返信メールが届かない
「迷惑メールフォルダ」に入っていないかどうかご確認ください。または、メールアドレスの入力間違いの可能性があるため、もう一度ご入力ください。

 

・返金保証はありますか
申し訳ありませんが、返金保証はついていませんので、ご了承ください

 

 

・セミナーを受ける利点
1. 講義によって他の生徒からも刺激され、弓道稽古のモチベーションが上がる
2. メールでの質問以上に、より細かなことを講師に聞くことができる
3. 実際に射を見せてもらうため、講師から的確なアドバイスをもらえる
4. 講師から射をチェックしてもらい、あなたの実力の現在位置を知れる
5. 他の方と仲良くなり、お互いを高め合えることができる
7. セミナーを受けるほど実力が伸びていると実感でき、上達スピードに加速がつく

 

 

正直なことをいうと、私は称号者ではありません。または、100本引いて99本当たるような天才でもありません。皆さんと同じくらいの実力を持ち、同じような経験をし、同じような環境で弓を引いてきました。

 

ただ、みなさんと違うことと言えば、ひたすら「昔の弓道の本を読み、その具体的手法を体現してきた」だけです。さらに、多くの方に実践可能な稽古方法を歴史、解剖学、物理学に基づいて徹底的に研究してきました。

 

その成果あってか、現在200人以上の方の射癖が改善されたことは数字で出ています。あるいは、その中で、大会で成果を出された方もいれば、昇段された方もいます。指導者がいない環境の中、古来弓道の射の概念を学び、数回落ちた昇段審査から合格された方もいます。

 

あなたが「弓道を深く学びたい」「もっとうまくなりたい」と素直に向上心をお持ちであれば、一緒に稽古をしましょう。一人一人の経験度、骨格に合わせて指導できなければ、弓道の技術向上は無理です。その事実をふまえて、一生懸命弓道の実力を高めたい方のみご参加ください。

 

セミナー参加者の声

 

 

 

 

 

取り懸けの際に母指球を中指の第二〜第三関節の辺で支えるように変えただけで、全体的に大きく引き込むことができるようになりました。指先に余計な力が入ることで、射型のバランスが崩れる要因となる場合があると知りました。身体の力を抜いて楽に弓が引けるように練習していきたいと思います。

 

引きが足りない押しが足りないとどうしたら良いかなやんでいました。横に横に引いていけば右ひじがここまでくるのかと感じました。意識して練習してみます。手の内については、もう少し練習してからまたお聞きしたいと思います。参加させていただき本当に良かったです。

 

足裏全体で立つことで、会に入っても安定した胴づくりが作れるようになった。取り懸けで母子を中指の奥深くで抑えることで、引き分けから離れなどが安定して行える。

 

  最後に

練習会には、意識高く「弓道を深く学びたい」考えている方が参加します。そして、多くの方が射癖改善、実力向上の報告をいただきました。

 

そうして、古来の弓道から、弓を引くうえでの「適切な筋肉の使い方」「姿勢の構築法」をさらに広めて、みなさんにどんどん弓の技術を高めてほしいと考えています。そうして、弓を負担なく引く方法を研究していけば、どんどん良い姿勢が習慣化され、体幹部の筋肉強化にもつながります。

 

さらに、練習会ではみんな同じ志を持つ仲間が集まります。これを機に、弓を引く技術をともに勉強しあい、お互いにレベルを高めていける方と一緒に稽古することで、より一層レベルアップが期待できます。

 

そうして、弓道の世界では結果として「的中率向上」「昇段」にもつながっていきます。一般生活では身体の負担を防ぎ、痛みや不調予防につなげることができます。道具を適切に使うことで、今よりも強い身体と健康的な日々を過ごすことができます。

 

ぜひ、今回のセミナーを通じて、今後射の実力を向上させるためのひとつのアプローチとして稽古に活かしてください。

 

日程:2016年12月3日(土)
時間:9時〜12時
場所:大阪会場(参加者のみお伝えします)
会費:4000円
    1000円(当サイトのコミュニティの会員に所属されている方)
人数制限:10人まで

 

日程:2016年12月4日(日)
時間:13時〜17時
場所:東京会場(参加者のみお伝えします)
会費:4000円
    1000円(当サイトのコミュニティの会員に所属されている方)
人数制限:10人まで

 

知り合い割:知り合いと二人で参加する場合は参加費用6000円(二人で合計)となります。

 

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

セミナー開催:理論弓道


HOME メルマガ登録 当サイトについて 動画解説 お問い合わせ